アルコール依存症日記 2009久里浜の夏から

久里浜アルコール症センター 東6病棟492期 since2009年9月12日

タグ:NASH

tori

 脂肪肝とは、肝臓に30%以上の中性脂肪がたまった状態のことです。食事で摂った糖質や脂質は、小腸で吸収されたあとに肝臓で代謝されますが、糖質や脂質を摂りすぎてさらに運動不足であると、エネルギーとして消費しきれなかった分が中性脂肪として肝臓に蓄積します。今では成人の3人に1人が脂肪肝だと言われています。つまり、現在、国内に推定約3000万人以上の脂肪肝患者がいるわけです。かつては肝臓に中性脂肪がたまるだけだと軽くみられていた脂肪肝ですが、近年、さまざまな病気を誘発することがわかっています。
 近年とくに問題になっているのが、ごはん、麺類、甘いものなどの糖質を多く摂る人の脂肪肝が増えていることです。昔からお酒の飲み過ぎが脂肪肝につながることはよく知られています。これがアルコール性脂肪肝なのですが、今、アルコールを飲まない人の間で脂肪肝が増えているのです。糖質の摂り過ぎによって、血中に糖が増えすぎると、インスリンが過剰分泌され、中性脂肪が肝臓に蓄積されてしまうのです。脂肪肝の人の10人に1人が、およそ10年間かけてNASHに進展していくとされています。
 お酒を飲まないけれど甘いものが好きという僕らはNASHに要注意です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

tomato

 大量飲酒をつづけると肝臓に慢性炎症が起こり、やがて肝硬変、肝がんを発症するリスクが高いです。
 脂肪肝は、飲みすぎ、食べすぎ、運動不足などが原因で肝臓に脂肪がたまりフォアグラ状態になる病気、飲酒習慣が原因のアルコール性と、飲酒しなくても発症する非アルコール性に分けらるけれど、これまで一般に注意喚起をされてきたのは主にアルコール性の方でしたよね。
 最近の健康番組などを見てると非アルコール性が取り上げられてることが多いです、断酒をしてる僕らにとっては非常に気になるところです。
 飲酒習慣がないのに肝硬変になる症例の研究が進み、飲まない患者の1~2割が、肝硬変や肝がんに移行する、非アルコール性脂肪肝炎NASHになることが分かってきたらしいのです。
 肝臓は、食事でとった脂肪分を中性脂肪に変えて全身に供給するわけだけど、運動不足などで消費するエネルギーが減ると中性脂肪が肝臓にたまる。これが脂肪肝の状態で自覚症状はほぼない。処理しきれない脂肪が肝臓にたまるということです。
 残念ながら、脂肪肝の予防や改善にこれだけやればという方法は存在せず、脂肪肝対策に王道なしともいわれてます。毎日、コツコツと食事・運動・睡眠の改善に取り組むことが大事なんですね。
 なかなか出来ないんですけどねぇ(笑)、とりあえず運動の継続とダイエットの心がけ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

benz A

 口から入った食物はすべて、肝臓で代謝されます。代謝とは、おもに小腸から吸収された食物に含まれる糖質、脂質、蛋白質などの栄養素を僕らの体が利用できるような物質へと作り変えることで、その後全身に送り出されています。
 人体で最大の代謝工場であり、貯蔵庫でもある肝臓。そこに脂肪が貯め込まれるのは過食や大量飲酒によって中性脂肪が多く作られすぎて、運び出す能力が落ちてしまったからです。
 脂肪肝の人は、蛋白合成能力がやや低くなりがちで、糖と脂質をある程度制限する一方、良質な蛋白質を補ったほうが良いのですね。大豆製品は良質な蛋白の1つで、多価不飽和脂肪酸やリン脂質も豊富に含まれるし、食材に豆腐を加えれば、ボリューム感をアップさせることもできます。肉類や魚介類、卵、乳製品なども、カロリーが過剰にならなければいいそうですね。最近の食事療法では低カロリー、低炭水化物に加えて、大豆製品を含む食事を摂取することで、肝機能の改善に加え、NASHにつながる酸化ストレスを有意に減少させることが示されているそうです。
 そして、いつもの早食いを改め、しっかりかんで食べる習慣を身につけたい(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

hukurou

 会社の健康診断のあとに多くの人が肝臓のデータの数値を気にかけ正常値内に入っているとホッと胸をなでおろすのではありませんか。
 アルコールはエンプティカロリーだから太らないという説が影響して大したことはないのではないかと思られがちですが多いに関係があります、つまりは脂肪肝の一因はアルコールそのものにあるということです。酒は命、今後の人生もお酒とともに歩んでいきたいと切に願っている方が多いんでしょうよねぇ。
 脂肪肝とは肝臓に中性脂肪が蓄積したフォアグラ状態の肝臓ですね。脂肝になるメカニズムは実にシンプルで、肝臓から出ていく使う脂肪よりも、肝臓が取りこむ作る脂肪が多いから。つまり、使われなかった脂肪が貯金として肝臓に蓄積することにより起こります。
 1日の純アルコール60g日本酒にして3合を越えている場合、アルコール性脂肪肝であることがほとんどです。アルコールの摂り過ぎが脂肪肝につながることは常識中の常識です、おつまみからの脂肪も加算されるとなれば脂肪のダブルパンチ、飲んだ後の〆のラーメンでトリプルパンチです、脂肪肝にならないためにも、アルコールが生み出す空腹感にだまされてはいけないとのこと。
 やはり僕らのように断酒しろとは言わないけれど、適度が一番で運動とバランスの良い食事こそが特効薬。断酒してる人は甘いものを控えて、やはり運動とバランスの良い食事ということになりますね、非アルコール性脂肪性肝炎NASHが怖いですから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ