アルコール依存症日記 2009久里浜の夏から

久里浜アルコール症センター 東6病棟492期 since2009年9月12日

タグ:非アルコール性脂肪肝

tomato

 大量飲酒をつづけると肝臓に慢性炎症が起こり、やがて肝硬変、肝がんを発症するリスクが高いです。
 脂肪肝は、飲みすぎ、食べすぎ、運動不足などが原因で肝臓に脂肪がたまりフォアグラ状態になる病気、飲酒習慣が原因のアルコール性と、飲酒しなくても発症する非アルコール性に分けらるけれど、これまで一般に注意喚起をされてきたのは主にアルコール性の方でしたよね。
 最近の健康番組などを見てると非アルコール性が取り上げられてることが多いです、断酒をしてる僕らにとっては非常に気になるところです。
 飲酒習慣がないのに肝硬変になる症例の研究が進み、飲まない患者の1~2割が、肝硬変や肝がんに移行する、非アルコール性脂肪肝炎NASHになることが分かってきたらしいのです。
 肝臓は、食事でとった脂肪分を中性脂肪に変えて全身に供給するわけだけど、運動不足などで消費するエネルギーが減ると中性脂肪が肝臓にたまる。これが脂肪肝の状態で自覚症状はほぼない。処理しきれない脂肪が肝臓にたまるということです。
 残念ながら、脂肪肝の予防や改善にこれだけやればという方法は存在せず、脂肪肝対策に王道なしともいわれてます。毎日、コツコツと食事・運動・睡眠の改善に取り組むことが大事なんですね。
 なかなか出来ないんですけどねぇ(笑)、とりあえず運動の継続とダイエットの心がけ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

B250

 会社の健康診断の後は、多くの人が肝臓データの数値を気にかけ、正常値内に入っているとホッと胸をなでおろすのはパターンになってますね。ボクらの当時の数値は500なんて普通で1,000越えが当たり前の世界に生きてましたよね、よく生きて生活したなぁ~って思いますが今は25とか30(笑)
 でも非アルコール性脂肪肝なんていうナッシュが話題になっていますから、代謝が低下していくお年頃のわれらも内臓脂肪の減少に努めねば、色々とヤマイが出てくるお年頃でもありますね。
 友人たちの酒飲みを見渡すと、痩せ型よりもメタボの方のほうが遥かに多い感じです。また見た目は痩せていても、中性脂肪の数値が高かったり、脂肪肝と診断された奴も少なくないみたいです。
 僕は痩せ形だったけれど、断酒して数年で今は小太り、恥ずかしながら中性脂肪高め、隠れてない肥満であることは間違いないな(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

snoopy

 人は血管とともに老いるといわれるように、肝臓の機能を保つのに重要な役割を果たす毛細血管は、加齢とともに酸化が進みます。血管壁が酸化すれば余計な異物などが付着しやすくなり、血流が滞りやすくなります。
 そんな中で同じ50代、60代でも食生活やライフスタイルに気をつけている人とそうでない人の血管の状態は相当大きな開きがある、というのも事実なんだそうです。体内で酸化を加速させるのが糖質過多であるとわかっていますね。糖質のとりすぎは、肝臓の働きも妨げますね。
 まず、甘い飲み物や何気なく口にしている間食をセーブすることからはじめて、細胞やホルモンなど体に大切なものを作る材料となるタンパク質をとって食生活というベースを整えた上で、自分が理想とする体重を維持して若々しさの維持のためにダイエットしましょう。。。します。 
 現在では肥満とか糖尿病などが、狭心症や心筋梗塞の原因として注目されていますが、NASHから肝硬変、肝癌になり死亡する割合も近い将来心臓病と同じくらいになるだろうと予想されているんだそうです、日本人でも肥満は要注意人種に入っています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ