アルコール依存症日記 2009久里浜の夏から

久里浜アルコール症センター 東6病棟492期 Shall we 断酒

カテゴリ: 久里浜・アルコール依存症

fuji

 アルコールを飲みすぎるのはいけないことだ、それは頭で分かっています。だけどカラダが欲しがるというか、夕方が待ちキレない感覚、惰性で毎日のように飲酒することでアルコールがないとやってられないという気持ちになってしまいますね。アルコールに対して精神的な依存が進んでいきます。そのまま飲み続けていくとアルコールが自分の関心事の中心になります。頭の中はお酒で満杯になってしまいます。
 この一杯で止めておこうが出来ません、飲み方のコントロールができなくなる病気なんです。そして自分にアルコール問題があるとは認めにくいものです、このまま上手に飲み続けたいと思うものなんです。
 アルコール依存症と診断がつくと決まり文句ですが、一生アルコールを上手に飲むということはできないカラダになります。そして若いほど臓器障害にいたる年数が短く、早死にしてしまうといわれています。
 だから、なるだけ早い時期に気がついたり、廻りから指摘された場合はすぐに専門病院に行かないと、取返しのつかないことになってしまうんですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

neko1

 断酒会では、人の経験談を聴くことで自分だけじゃなかったんだなと思えるようになれるのです。アルコール依存症になっていく過程では、みんな同じよなことを通過して進行するようなので、体験や出来事は人それぞれ様々でも共感できる体験が必ずあるみたいです。
 アルコールのミーティング、そうした場に身を置いてみると、自分の中に沈めていた事柄が掘り起こされ、自分だけは違いますみたいな抵抗が薄れて少し正直に話せるようになれるのかもれません。そして、いままで飲んできた暗い過去とかを、振り返る余力が生まれて断酒継続につながるのだと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

neko

 入院当時はもがき苦しみました。入院治療して出口が見えたわけではありませんが、とりあえず行動を起こしたわけです。その結果、自分の心と向き合い、考え抜き、自分で決断し、自発的にアクションを起こした結果、出口が開いたのです。この苦しみに向かい合い、磨くことで、やっとトンネルを抜け出すことができたのです。まぁちょっとした油断で逆もどりする病気ですから、安泰というわけではありませんが。
 基本は認めることですね、病気を受け入れることをしないで我慢の断酒をしている間は再飲酒がまってるはずです。そして自分の金で飲んで身体をこわして何が悪いんじゃ、飲んで死ねれば本望というようなことを口走ったりするようになります。
 そこから回復するには、自身がなっとくして断酒すること、断酒しなければならない意味を知ったうえで酒をやめるようになれれば、まず身体・内臓が目に見えて改善してきます、しらふでいる時間が増えていけば、ぐちゃぐちゃだった判断力が戻ってきて、生きようとする感情、飲まない生活への自信、もっと回復が進すんでくれば、生きる上で自分にとってかけがいのないものは何なのか考えたり、人生の意味についてかんがえたり、まともな人間の考え方になってくるはずですよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

yum

 飲みすぎが習慣化している人の中には、時間や場所を選ばずにどんなことをしてもお酒が飲みたくなり、飲み始めたらやめられなくなるといった状態におちいる人もいます。この段階は、もしかしたらアルコール依存症かもしれません。飲みすぎが習慣化してからアルコール依存症になるまでの期間は、男性で20年以上、女性はその半分の期間といわれています。
 連続飲酒、離脱症状は出ていないけれどお酒が大好きで体調を崩していてもやめられない人、いけないと思っても飲酒運転して事故をおこしたり、自分や人を傷つけたりといった問題をおこしている人などは、プレアルコホリズムが疑われます。
 早期に治療を始めればそれだけ治療効果があがりやすい病気です。とくにプレアルコホリズムという、依存症の手前できちんとした医療につながれば、肉体的な問題だけでなく社会的にも経済的にもより少ない損失で回復が期待できます。プレアルコホリズムの段階では減酒でも回復可能なことが多いのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

siraneyutanpo

 飲んでいた時に感じていた不満や憤り、それって本心ではないですね。酒を飲んで沸き起こってきた感情は、その場の空気に左右されていることが多く、よくよく考えてみるとどうでもいいことが多い。それって一時の感情にすぎず、本心ではないように思います。
 そんなこんなで酒をやめてから些細なことでは怒らなくなり、安定した精神状態を得られるようになったし、愚痴っぽさがなくなって前向きになった気がします。
 毎日飲んでいたから当たり前のことだけど、年中二日酔いの状態で過ごしていましたよね。二日酔いではないカラダがどういったものだったのか、子供の頃以来の久しぶりに思い出して、頭と体の軽さを実感することが出来ている。
 これも当たり前のことだけど、思ったよりもずっとお金が節約できる。そうとうな金額を酒飲みに使っていましたからね。また時間も有効的に使えるようになり、読書や運動などといった自分に投資できる時間も増えた。酒飲みが思っているよりも、1日の時間は長いのである。、、、

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

owa

 どうやったら断酒ができますか?、いつから断酒を始めたらいいですか?、まぁその回答はこれにつきます。やったら出来る、それだけのこと。目の前から始める、それだけのこと。そう初心者にとっては、どうやったらという、How toを知りたくなるのは無理もないことだよね。
 そう、大抵は断酒することをガマンであると思っていますから、ガマンであるならばなにかしらのやり方があるはずですものね。けれど、断酒は精神的治療。生き方の良い変化を加速させるための治療なんですね。だからアルコール依存症の治療、≒断酒には決まったやり方などないのです。あるわけもないのです。
 つベこべ言わずに、しのごの言わずにただ行動をする。つまり、修行のようなものと思ってもいいです。禅の修行にあれこれ物言いをしていたら修行にならない。ひたすら、座禅をするのみ。だから日々断酒、そして一生断酒あるのみ。なんですよ(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

king

 春になって少しだけど、正直に自分をさらけ出せるようになってきた気がするな。60近くなってやっと、というのが恥ずかしいけど。
 子供のころから、そういうのって不得意分野だった、でもそういう自分はあまり好きじゃないというか、開けっ広げな性格の明るいやつらが羨ましかったりした。ワ~って叫んで開け広げたい気分、発散することを抑え込んで生きてきたのかも。そんな自分は嫌いだって本当は知ってたんだけど、気が付かないようにしてたフシもあるし。シャイとも言うんだろうけれど少し違うかも。
 酔っぱらっても、なんだか硬い表情で冷静をよそおっていたけど、現在の僕からみれば普通の酔っ払いにしか見えないね。でも無理して硬い表情で冷静をよそおって暗いお酒ってのもよくないよ。
 ストレスをうまく発散できなくて、その結果アルコールにおぼれたのかしら。と言うことはシャイな人はアルコール依存症になる確率が高いかも(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

brooklyn

 偏った思考、限定された視点、頑固な気持ち、それらカタチのない見えないアルコール依存症特有の領域が、僕らの暮らしや人生から、ゆとりや豊かさを奪っていくのだとしたら、僕らはどうしていけばいいのだろう。
 人が生きて行くというのは選択の連続です、今の自分は過去の選択や決断の結果。そして、これからも分かれ道に遭遇するだろうけれど、左右選びながら生きていくんでしょう。飲もうか飲むまいかと思うことが一生ついて回るわけです。
 であるならば、できるだけ自分が納得できる選択をしたいけど、これからも未来の自分が選べるのは断酒の道しかないのです。迷ったときに、この選択がいつでもできる、いやその枝道が出てこないこと、その悩みが現れないこと、飲酒欲求がないというのは魅力的なことなんですが。
 ぜひ、自分の決断の力を磨いて自分の好きな道を進める自分を手に入れてください。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

tdl

 アルコール依存症というと、だらしのない酒好きがなる病気だよなと思う人も多いでしょう。ホームレスが空瓶をあさってる姿を思い浮かびますよね。
 でもそうじゃないんです、アルコール依存症になってしまった人の多くは、心の不調が先に出て、嫌な気分を紛らわすために深酒をしたり、寝られなくて寝酒を続けたりしていてアルコールが止められなくなった人が多いんです、アルコール依存症の裏には、心のトラブルと不眠があるのです。
 一度アルコール依存症になってしまうと、脳にインプットされた自分の満足できる酒量という感覚は生涯消えることがありません。ですから自分の意思で酒量を制限する節酒は出来ません。そしてアルコール依存症が完治して、また飲めるようになったという話は聞いたことがないし。
 哀しいことにアルコール依存症になっていまったら、生涯お酒を完全に絶つことが、唯一で確実な治療法となってしまいます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

beat

 わたしたちの心は何か満たされないことがあると、他の欲求でこれを満たそうとする働きがあります。不満な状態が続けば続くほど、簡単に手に入る酒や甘いもの、好きな物に走りがちですね。ストレスが溜まった時はたくさん食べてしまったり、飲みに走ってしまったり。
 同じようにお酒を飲んでいても、アルコール依存症になる人もいればならない人もいます。その違いは一体どのようなことなのでしょうか。そもそもアルコールに限らず、快感に溺れて人生を踏み外すことは誰にでも起こり得ることです。エリートでもプータローでもそれは同じみたいだし。職業や立場の違いはあまり関係がないのでしょうね。
 これって運命の分かれ道ですね、それを決めるのは、心の底にある問題なのかもしれません。心の中に悩みを抱えている人は、自分が置かれた現状から一時でも気をそらそうとして、快感に身をひたそうとする傾向があります。それはアルコールかもしれないし、ギャンブルなんて人も、他にもe.t.c.ですよね。そして徐々にエスカレートして、さらに強力な快感を求めて対象に依存していくのです。
 その依存したものが覚せい剤だったら、今頃は刑務所の中かもしれません。刑務所の中ならカラダは回復しているのでしょうが、、、。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

bbb

 アルコール専門の治療を受けて退院しても、喉元を過ぎると熱さを忘れてって。1杯くらいなら大丈夫だろうとか、誘惑や悪魔のささやきに負けて飲み始めてしまう人が多いのです。
 僕らの病気は残念なことに8割の人が再飲酒してしまい、10年後には4割の方がお亡くなります。ガンよりも死ぬ病気と言ってもいいらしい、怖い病気でもあるのですね。
 でも、近年の死因で一番多い病気である癌と、決定的に異なる点としては断酒をすれば病気はもう進行しないということなのです。
 つまり、まずは断酒ありきですよ。そうすれば、、、。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

yutanpo

 酒飲みってのは、お酒を飲まずに食事をすると非常に淋しくむなしく感じますね。その切なさに耐え難くなって一口飲んだらおしまいです、あとは止めどなく飲み続けてしまうわけだから。酒を飲みながらの食事は夕食なら2時間近くかかるけれど、酒を飲まないと10分もかからずに終わってしまい、むなしさがドカドカとやってきます。
 それから酒を飲まないと無性に甘い物が食べたくなります、初心の頃はドクターにアルコールを口にするよりは甘い物のほうがマシと言われるけれど、こんどはメタボリックシンドロームや糖尿病のほうがヤバクなってくるし。amazonの定期お届け便で炭酸水を頼んでて、グイグイ飲んで対処していたのがいまだに続いてるわけ。
 この頃はコレステロールでかかってる内科の医者がレンドルミンを出し渋っているのがやな感じ。寝酒でアルコール依存症になったこと言ってあるのに、眠剤に依存したって、飲んでしまうよりましってことが判らないのかねぇ~。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

tramp

 一度アルコール依存症になると脳へのアルコール作用が刻みこまれてしまうわけだから、アルコールが体内に入った時点で、あたかもスイッチが入ってしまったように飲酒コントロールを失いやすくなるのです。
 残念ですが二度とアルコールを体内に入れてはいけません、死ぬまで断酒するという徹底した目標を置かなければならないんです。
 禁断症状や退薬症状を乗り越えたなら、自分は断酒しなければ死んでしまうと言うことを理解して、断酒することへのモチベーションを高めるための治療をおこないます。基本的には断酒の3本柱をまもって自分なりに主治医と話し合いながらゴールを目指すことになります。
 そして、もし身近な人がアルコールに関する問題を抱えていると感じたら、ぜひ早めに精神科で相談することをを勧めて下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

PB

 たまの衝動買いなら大した問題ではないかもしれませんが、突然欲しくなったり、食べたくなったり、飲みたくなったりね。こういう欲求は予期せぬタイミングで頻繁に起きますでしょ。なぜなら、こうした衝動が突然現れるのはストレスがあるからと言われています。
 このストレスを見て見ぬふりをして衝動買いを繰り返していると、お金を失い、再飲酒にだってつながっていくのだと思います。罪悪感やストレスで精神的にも追い込まれてしまします。暮らしの質も落ちてしまいます。
 このストレスの原因を突き止め、目先の欲求に振り回されることなく平安に暮らして行ければ良いのですが、まぁメンタルクリニック等、専門家に相談するのが最良の方法なんでしょうねぇ~

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

aaa

 アルコールを飲むと脳の働きが変化し、緊張がゆるんだり、いい気持ちになったり、気が大きくなったりします。それが酔うということです。
 自分は違うんだ。そう思っていたとしたら要注意。アルコール依存症への第一歩は、自分は違うという思い込みから始まります。自分はアルコールに強いと思っている人はとくに注意が必要ですね。
 アルコールに強いというのは、肝臓でアルコールが分解されるときに発生する有害物質アセトアルデヒドの処理能力が高いという意味、つまり、悪酔いしにくい体質のことです。
 そのこととアルコールが脳やからだに与える影響とはまったく別のもので、たとえば脳への影響では、アルコールに強い人ほど判断力などの低下を自覚しない傾向がみられます。酒気帯び運転によくみられる、これくらい平気だという気持ちがすでに危険な状態なのです。
 最近の傾向として、リタイアした男性と若い女性にアルコール依存症が急増しているらしいです。高齢者の場合、リタイア後の孤立感や時間をもてあますなどの理由から飲酒を続け、若いころよりアルコールに弱くなっていることもあって、短期間でアルコール依存症になるケースがみられます。また、20歳代前半の女性の場合、飲酒率が90%に近く、すでに中年男性を上回っています。女性はストレスなどが原因で飲酒を続けることが多く、アルコールの影響も受けやすいため、30歳代の若さでアルコール依存症になるケースが増えています。
 不安やストレスの解消をアルコールに頼るのはとても怖いことなんですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ichigo

 昔はあの人は酒で身上潰したとか肝臓やられて早死にしたとか、けっこう耳にしたものですね、酒に溺れて死ぬのは見た目あわれですね、本人は好きな酒で死ぬのは本望だと言いますが。まぁヨシとしておきますか。
 夜になるとますます頭が冴えるので強制的にシャットダウンするために酒を飲む人がいますね、眠るために飲むのが出発点と言う人が多い。そしてダンダン量が増えていく、回数が増えていく、ついには朝から晩まで飲んでいる状態となります。眠剤も併用したりして危ないパターン。
 アルコールを受けつけるタイプの人はたくさん飲んでも眠くならず、心地よい時間を過ごすようです。酒で高揚感を得る人もいますが脳が誤作動しているだけかもしれません。心の闇を酒で晴らす、それをやめるために心の闇に切り込む、というけれど心の闇などだれもが持っているますから、酒を飲むことの言い訳にはなりませんね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

eguchi

 アルコール依存とはどのような状態なのか。酒を飲むことでさまざまな問題が起こり、本人も飲まない方がいいと分かっているのに止められず、問題が続いている状態ですね。まさか自分はそこまではねと思う人も多いだろうが、じつはアルコール依存症に一歩足をつっこんでいたりすることもある。症状が少しずつ、連続的に進むのが不適切な飲酒です。
 機会飲酒、習慣飲酒、そして強迫飲酒になると最悪。飲む時間と場所のTPOをわきまえなくなる。翌朝に酒が残る時間まで飲んでしまう。朝からコンビニでつい缶チューハイを飲んでしまう。状態が悪化すると、仕事の欠勤などを重ねて、同僚や家族から絶対飲むなと詰め寄られても、隠れて飲んでしまうようになり、こうなると医療機関でもアルコール依存症と診断される。
 そして、アルコール依存症の最終段階が連続飲酒。起きている間は飲み続け、1週間もすれば体が耐えきれなくなり、医療機関に入院することになる。連続飲酒の段階まで進むと、断酒治療によりアルコール依存から一度は回復しても、何かのきっかけでアルコールを口にすると、再び連続飲酒をくり返してしまうようになるので、生涯の断酒ということになってしまいます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

snoopy

 大酒家にとって心配なことといえば、飲み過ぎによる肝機能の悪化、消化器症状の不調、痛風から、記憶をなくす、忘れ物をするということまでマイキョにいとまがない。そんな中でも、お酒を人一倍たしなむ酒豪がひそかに心配しているのは、やっぱりアルコール依存症ですよねぇ。
 休みの日になると自分にご褒美とこじつけ、昼からビールを飲んでみたり、夕飯の支度をしながらビールをカシュッ、コップでワイン。愛飲家にとっては普通だけど、酒を飲まない友人に言わせればそれってヤバくネっ、ということで。そこで初めて、昼間から酒を飲むのは普通ではないのだと気づく。いい年して、記憶をなくしてしまうくらい深酒してしまうこともあるだろうし、やっぱりアルコール依存症の一歩手前なんだろうかと心配する人って多いのでしょうね。それって一歩手前じゃなくて片足突っ込んでると思いますけどねぇ。
 まぁ明確な境界があるわけではなく、生活環境によっても変わります。そして飲酒量自体より、酒を飲むことで、身体疾患、精神疾患、暴力、家庭不和や無断欠勤などさまざまな問題が起こり、医師、上司、家族など周囲から注意されているけれど、節酒も断酒もできず、問題が継続しているかどうかを慎重に判断して、アルコール依存症と診断されるわけですね。
 一家離散となっても飲酒を続け、会社もクビとなり、収入がなくなって生活保護を受けるようになっても飲み続け、孤独死する人もいるとか。大酒家突然死症候群とかあるけれど、突然お迎えがきて終わりになるのも人生楽かもせれませんね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

sazae

 ふつうの酒飲みとアルコール依存症の人はなにが違うのか。お酒が好きという点では同じですよね、明確な線引きをすることは困難ですね、あえて異なる点を挙げるとするなら飲酒のために仕事や生活に支障をきたしていると自覚していても、酒をやめることができないということですか。
 アルコール依存症という病気になればツネに酒を飲みたがります。朝から酒を飲み、仕事中でも飲み、運転中でも飲み、人目を盗んで飲み、というように。そしていったん飲み始めると限界を超えるまで飲んでしまいます。なので飲酒により頻繁に記憶を失い、酒が原因で事故を起こしたり、怪我をしたり、職や家族を失うこともあります。
 さらに過剰飲酒が長く続くと、肝臓その他全身のあちこちに障害が出てきます。もっと依存が進むと、飲まないと離脱症状が起こるようになり、常にお酒を飲み続けずにはいられなくなってしまいます。
 そしてアルコール依存症という病気と診断されれば、助かる唯一の方法は、生涯断酒することだけとなってしまいます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

Y

 晩酌でビール1本を飲まないといられない程度の人は依存症ではありませんね。しかし毎晩居酒屋に通っていつも泥酔して帰宅する人は、依存症ではないのですが、これはアルコール乱用ということになります。アルコール乱用は依存症のはじまりですから、最近はプレアルコール依存症とも呼ばれます。その後依存症に進んでいく確率は高いため注意は必要です。
 アルコール依存症が進むと、体や精神に悪いばかりではなく、飲酒運転で摘発されたり職場でのトラブルが重なって失業、というように社会・経済的な影響がだんだん大きくなっていきます。友人や家族との関係も影響をうけ、自分の内・外の世界で多くの大切なものを失うことになってしまいます。
 アルコール依存症は早期に治療を始めればそれだけ治療効果があがりやすい病気です。特にプレアルコホリズムという、依存症の手前できちんとした対策をとれば、肉体的な問題だけでなく社会的にも経済的にもより少ない損失で回復が期待できます。プレアルコホリズムの段階では減酒でも回復可能なことが多いのです。とりあえず減酒外来の予約をとって下さい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ws

 辛抱だけでは決して問題解決には至らないということを最近は考察しています。アルコール依存症という問題は、回復とか緩解という目的はあるのだけれど、生涯完治することはありませんからね。
  久里浜病院を退院して断酒してから10年ちかくが過ぎ、なんとなく飲酒問題によってに苦しめられた過去の記憶が薄れていくのを感じています。
 そして忘れてはならない過去があることも事実です。それはアルコール依存症ということを認めたくなかった自分、そんな僕を見放さなかった家族や友。色々な治療や回復へのプロセスから自分らしく断酒の道に生きることの必要性を学んでいったこと。そのプロセスはけっして忘れてはならないと思う。
 アルコール依存症は飲んできた本人やその家族の人生を破滅に導いてしまう恐ろしい病気です。数年断酒したことで違う景色が見えてくることは真実です、そして新たに色々な認識を得る人は多いはず、そういった経験が心の平安や正しい考え方をもたらしてくれることも真実。そして何年断酒していても初心を忘るべからずということですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

watase
 何年断酒を継続していても一度飲酒をしたとたんにいきなり慢性症状が出現するんですね、よく大学新入生が一気飲みでなる急性アルコール中毒とはぜんぜん違うのです。
 これを履歴現象というらしいけれど、この現象こそがアルコール身体依存の特殊性を物語るもので、残念ながら30年は消えないといわれています。
 最近の傾向ではアルコール依存症の発症は50歳がピークとされています、仮に50歳でアルコール身体依存が形成されて依存症を発症したとすれば、この履歴現象のために、80歳までの間はいつ再飲酒してもすぐに飲みっぱなしになってしまうということなんです。アルコール依存症は治癒しないといわれる所以はそこにある。残念ながら普通の酒飲みには戻れないから、寛解状態を一生保つことになります。
 アルコール依存症の人なら、大なり小なり誰もがこの履歴現象を経験しています、一杯飲んでしまえばまた同じつらさが待っていることは体で理解していますね。
 世界中どこの国にも「断酒の誓い」というものがあります、必ずわれわれは酒の魔力にとらわれ、というフレーズが入ってる。ことほどさように断酒は困難で、その難しさや辛さは、飲酒しない人や正常飲酒者には到底理解できないのであります。
 だれにどう思われようが、僕らは飲まない1日を30年積み重ねていくしかありません、そしてその頃にはアルコール依存症も完治する医療がなにか開発されているかも。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

911

 いつもの通勤で前を見上げたら、大きな梅の古木が満開。僕らの生活とは関係なく、時は流れ続け、いつの間にか春になろうとしているわけね。
 アルコール依存症とは薬物依存症の一種、飲酒などアルコール(特にエタノール)の摂取によって得られる精神的、肉体的な薬理作用に強く囚われ、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神疾患であります。
 アルコールによって自らの身体を壊してしまうのを始め、家族に迷惑をかけたり、様々な問題を引き起こしたりして社会的人間的信用を失ったりする。症状が進行すると身体と共に精神にも異常を来す深刻な疾患。
 日本の飲酒人口は6,000万人程度、このうちアルコール依存症の患者は230万人程度であると言われている。飲酒者の26人に1人がアルコール依存症という計算になり、精神疾患の中でも罹患率が高く、各人の性格や意志にかかわらず誰でもかかる可能性がある病気であるとも言える。なお、この230万人という人数はWHOの算出方法により割り出されたものである。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

dagon500
 生きていくために僕らは断酒をつづけていくしかありません。断酒とはお酒を断つということ。1滴もアルコールを口にしないということを意味します。そして断酒イコール、アルコール依存症の治療ということになります。
 お酒を断つためにはアルコール専門の病院に一定期間入院をして、断酒教育プログラム、認知行動療法を受けるという方法が一番だと思います。これに加えて、退院後の初心の時期には皆さんご存知の三本柱を自分なりのやり方でまもること。
 以前は断酒を決意していない人が精神科を受診しても、医師から断酒をする気になったら来てくださいと言われることが多かったようです。しかし最近では、断酒を決意するまでには至っていない人が受診した場合、節酒の方向で治療する減酒外来が出来ています。先ずは外来通院だけでも続けて、飲酒に関する話を重ねていくといったパターンが多いようです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

jibri

 あの頃、リビングの酒棚の充実は人生の豊かさにつながると錯覚していました、各地の地酒、大吟醸、バーボン、シングルモルトのようなハードリカーからリキュールまでズラ〜ッと自宅の酒棚に並べて悦に入っていたあの頃。その後ワインに凝って押入れがワインセラーになってた時期もありました。
 アルコール依存症が酷くなってくると、家に在庫のアルコールは全部飲んでしまいますから。まぁ、僕の最後はサントリー角瓶の取っ手付き特大ボトルで倒れてた訳ですが、大五郎焼酎の5Lプラボトルだったなんてご同輩も多かったと思い出すこの頃です。
 まぁ禁煙して禁酒して、今は断酒してるから常に頭はクリアのハズなんだけれど。最近濁ってる感があってなんだかスッキリしない。
 外食は相変わらずしているが、親の介護の関係で昼が多い、そして相方は生ビール1杯とグラスワイン2杯。いったんお酒を飲まない外食に馴れると、意外とこれはこれで快適。もちろん日本酒やワインの香りが味を倍にしてくれる料理もあるが、お茶やお水で食べることによってより鮮烈に味を感じられる料理も多い。翌朝のカラダも楽だしね。なんて強がりを言ってるうちは、マダ大丈夫なのでしょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

5

 痛風は、大酒や美食の習慣をもつ上流階級の病気と考えられていました。今では食生活の欧米化やアルコール摂取量の増加により、誰もが高尿酸血症や痛風になる可能性があります。美食よりもむしろ過食や大酒が問題であり、高カロリー食や肥満は尿酸の産生量を増やします。また、アルコールや果物果糖の過剰摂取、ストレス、過度の運動も尿酸を上げるようにはたらきます。
 体のなかでつくられた尿酸のうち、約80%は腎臓から尿のなかに溶けた状態で排泄されますが、この排泄量が少なかったり、体のなかで尿酸がつくられすぎて排泄が間に合わなかったり、あるいはその両方が起こると血液中に尿酸が増えてきます。このように、血液中の尿酸が正常値を超えて高くなった状態が高尿酸血症です。
 高尿酸血症の状態がある程度長期化すると、尿酸は尿酸塩(にょうさんえん)という結晶の形になって、関節や腎臓などに析出してくるようになります。このように高尿酸血症を基礎として、尿酸塩が関節に沈着することによって急性の関節炎を起こす病気が痛風です。
 尿酸値を下げる薬には、尿酸排泄促進薬と尿酸生成抑制薬があります。原則として尿中への尿酸の排泄量が低下した人は尿酸排泄促進薬を、体のなかでの尿酸の産生が増加したらは尿酸生成抑制薬を服用します。
 尿路結石の既往があったり、腎機能に障害のあれば尿酸排泄促進薬により、これらの合併症を悪化させる危険性があるため尿酸生成抑制薬を服用し、尿中尿酸排泄量を抑制しなければなりません。
 尿酸の腎臓への沈着や、尿路結石の発症を予防するためには、尿量を増加させることが必要です。そのため飲水量を増やし、1日尿量を通常の約2倍の2000ml以上に保つようにしなければなりません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ringo

 飲酒量が増えた、飲むスピードが早い、飲む時間が長く回復にも時間がかかる、酒を飲まないと手が震えるなど離脱症状が起きる。こんな感じが続けば危険です。自分は大丈夫、そう思っているうちにアルコール依存症に陥ってしまう人が多いのです。
 お酒をコントロールしようとしても無駄なんです。どんな意志が強い人でも、どんな方でもそれはダメできないのです。だからそこが病気なのです。アルコール依存症に一度なってしまった方々が努力してコントロールしながらやっていくのは、ほとんど不可能に近いことなんです。
 もちろんアルコール依存症は治ります、治療すれば治ります。基本的にはお酒をやめ続けるというのが治療の目標で、それ以外に治ることはありません。
 断酒です、辛いです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

bull

 今日はやめておこうと思っても、飲んでしまう、少しだけにしておこうと思っても酔いつぶれてしまうなど、飲酒に対するコントロールを失っていく病気ですから、意志の強さとは関係がないといわれてます。だけど、自分としては意志が弱いから飲んでしまう、多少は関係あるとおもいますが。
 飲み続けていれば、どんな人でもアルコール依存症になる可能性があります。むしろ真面目で責任感のある人がストレスをためやすいので、深酒して酔いがまわって発散することを覚えると、依存症になるリスクが高まるというか、片足を突っ込んでいますね。
 お酒を控えるようにと言われても実行せず、噓をついたりごまかしたりするので、意志が弱くだらしない人に見えます。そんな自分を恥じて、焦りの中で挽回しようと躍起になり、さらに事態を悪化させることも少なくありません。けれどもこうした言動の背景には、飲酒のコントロール喪失という病が潜んでいるのです。
 アルコール依存症はけっして恥ずかしい病気ではありませんが。世間には秘めておきたい病気ではあります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

kuroshima

 自分で勝手にわかったつもりになっているコトって意外と多いでしょ。あっそれは知ってるから、で終わっちゃう、油断しているとそこで思考停止になって発展や展開をしないんだよね。
 日常の中で、ふとした瞬間、ふとした疑問、ちょっとした感動、ほほう!とかね(笑)、そういうのを感じる感性とか驚きや好奇心を大切にしないと終わっちゃうのだと思います。
 つねに意識して感じるようにアンテナを張っておく努力をしてないと、どんどん萎えてしてしまうんだろうな。歳をとっても魅力のある人っていうのは例外なく好奇心があって、自分の言葉で自分の世界を語れる人だもんね。 
 シングルモルトのウンチクとか語らせればイイせん行けるんだろうけど、アルコール依存症の人としては、何年も断酒していても、自分の心の中をいつも覗いていないと危ないんだよね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

suzu

 しらふの状態でストレス度数の高い人が、酒の力を借りてその場しのぎの発散をしているうちに、酒なしではいられなくなってしまうのです。
 いいかげんでだらしない人がアルコール依存症になると思われがちですが、人に気を使いすぎるとか、一人で他人の分まで引き受けて頑張ってしまうとか、頼まれたら嫌と言えないとか、いわゆるイイ人系が危ないと言われています。
 軽症のアルコール依存症患者、これの意味というか定義がよくわからないですよね。まぁ僕らは重症のア症患者ということでワカリやすいのですが。この軽症の患者さん向けに減酒外来が久里浜病院で行われています。
 軽度な依存症や予備軍の人々には減酒でも効果があるとの考え方が主に欧米で出ており、治療方法の選択肢として開設され、公的保険も適用されるとのこと。要はごちゃごちゃ悩んでないで早く受診しなさいよ、ということですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

Audrey Hepburn

 アルコール依存症になれば、肝臓をはじめ色々な臓器が悪くなり、全身に身体障害がでてきます、そして、うつ病や不眠症を代表とする精神障害が合併します。たいせつなのは、多くの患者がこうした身体と精神疾患の合併症を主訴に一般の医療機関を訪れることです。
 しかし一般の医療では、カラダの症状の治療だけになってしまいがちです。それは、再び飲める体にする、つまりぼくらの再飲酒の手伝いをすることになっています(笑)
 やはり、専門医療機関、できれば久里浜につながることを進めます。治療の主体は入院治療になります。2週間ほど安静にして精神とカラダが回復してきた後に、断酒に向けての本格的な治療を開始します。そして患者に飲酒問題の現実を直面化し、断酒を決意させる、断酒継続のための治療を行います。
 退院後の断酒継続を支援するとともに、再飲酒した場合には速やかに必要な治療を行います。一般にアフターケアの三本柱は、1病院への通院、2抗酒薬の服用、 3自助グループへの参加、三本柱の有効性は確認されています。これを積極的にすすめ、実行していきます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

red

 酒を飲んでアルコールが効き始めた瞬間、ふわっ、といい気持ちになる。心が軽くなるように思いましたね。もっと飲めば、もっと良い気持ちになるのではないかと思って更に飲む。ところが、アルコールが効き始めた瞬間の、ふわっとした一瞬の感覚はついに戻ってきませんでした。ただ、でろでろ、酔いが深くなるだけでした。
 以来、断酒がつづいているので、あの、ふわぁっとした感覚はお預けになっているわけ。まぁボクの希望としては、死ぬまでそれを味わうことがナイことを願います。
 それから、酒を断る時は今日は車なんでとか、体を壊しましてといってやんわりと断ることとしています。今夜は東京でも雪が積もりそう、、、

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ymo

 病気とかカラダの不調が起こる背景には人間関係が原因になっていることが多いですね。パートナーや親、子どもなど本当にわかってほしい人に自分を理解されない苛立ち。職場の人や友達に嫌われたり、対立しないようにと抑え込んだ不満や要求。それらがヘドロのように自分のカラダに溜まっていき、弱っている部分に症状となって現れる。そこでつい飲んでしまう、逃げてしまう自分。
 相手が言葉にしない本当の気持ちや欲求に気づき、何も言わなくても理解してくれる人と信頼されるような人間になれればよいのだけれど。
 自分の考えや意見をうまく伝えられず、自分の気持ちを押し殺したままに過ごす日々が続く毎日。イヤですね。僕らの場合はきっぱりと断酒すれば、信頼される人へ成長することは間違いありません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

mini

 お酒をよく飲む人のほとんどは、自分がアルコール依存状態にあるとは思っていないはず。ところがアルコール依存症の疑いや予備軍に入る人たちはそうとう数になるんです。
 自分は違うよ、そう思っていたとしたら要注意。第一歩は自分は違うという思い込みから始まります。自分はアルコールに強いと思っている人は、とくに注意が必要。酒に強いというのは、肝臓でアルコールが分解されるときに発生する有害物質アセトアルデヒドの処理能力が高いという意味。つまり、悪酔いしにくい体質のこと。
 アルコールに強い人ほど判断力の低下を自覚しない傾向がみられます。酒気帯び運転によくみられる、これくらい平気だという気持ちが、すでに危険な状態なのです。
 お酒を飲むと脳の働きが変化し、緊張がゆるんだり、いい気持ちになったり、気が大きくなったりしますよね。それが「酔う」ということだけど、普通だったら脳への影響は数時間程度で治まりますよね。ところが毎日のように多量に飲んでいると、脳はその状態が普通なんだと判断するようになります。すると反対に、体内のアルコール濃度が低くなったときに対応できなくなり、さまざまな不快な症状があらわれるのです。
 離脱症状がみられたら、すでにアルコール依存症になっているということ。そうなったら残念ですが断酒しかありません。できればそうなる前に、予防したいものです。ナルメフェンと言う飲酒量低減薬が発売されるようですが、、、、

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

itumo

 アルコール依存症の僕らがお酒の代わりとして飲むものではないとされています。断酒中にノンアルコールビールを飲んで、最近のは良くできていて味では満足するけれど、やはり物足りなさを感じてしまうはずですね。その物足りない感じが飲酒を誘発させてしまうということ。
 ビールのノド越し感がよみがえり、危険な妄想が浮かびそうですよね。やはり、ノンアルコールだから大丈夫という理屈はとおりません、いつまでたってもお酒を断ち切ることが出来ませんよね。ノンアルコールだからと安易に手を出さないことがお酒を断つことに繋がるのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2000gt

 アルコールを過量に長期間飲み続けると、脳の活動は抑え込まれ抑制された状態になるそうです。そこで、急に飲酒を中断すると、脳の活動を抑えていたものが無くなってしまうことになり、脳が暴れだしてしまうということです。
 この為に落ち着かなくなったり、手が震えたりといった症状が起こりますが、脳の暴れ具合が大きい場合には、幻覚が現れたり、てんかん発作が起きたりします。
 日本人の大多数は、お酒を飲むのをやめても、もちろん、禁断症状は生じませんね。しかし、そのうちのたぶん300万人程度は依存症じゃないかと思うのです。
 その背景には、家庭や仕事などで、容易に解決できない問題を抱えていて、飲酒がその辛さを和らげる手段となっている場合もあるでしょう。難しい問題ではありますが、正しい知識を持って、アルコールの怖さを過小評価しないことが大切なのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

oh

 一年の計は元旦にありと言いますが、どんな年にしたいのか計画を立てましたか。目標とか計画を立てるタイプでなくても、誰もが良い年にしようという気持ちになりますよね。まぁ良い年にするために必要なのは、目標より先に頭の中を整理すること。人間は思考の通りに生きようとするらしいからね。
 いくら立派な目標や立てても、どんな思考をするかで人生は変わってくるもの、頭の中を定期的に整理しないと、同じことでグルグル悩み続け、そのことで疲れてしまい、やがて無気力になってしまうから。
 そんな悪循環を抜け出して、自分のイメージしたとおりの人生を意図的に生きるためには、知らず陥っている自分の思考のクセに気づき、自分自身で問題を解決していく姿勢を持つことがだいじ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

77

 明けましておめでとうございます。昨日までがどんな日々だったとしても、今日からリセット。新しい年の始まりです。
 捨てたいけれど、捨てられないモノというのは、自信のなさの証拠品と言われています。なぜなら捨てると自分を飾れなくなるという不安がつきまとうからです。たとえば、高かったけれど着ていない洋服の山。それから買ったはいいけど、勉強していない本とか教材もあるよね。
 そんな自信のなさの証拠品にあふれた部屋にいると、捨てたいけど捨てられない。片付ける気持ちはあるけれどカラダが動かない。いつか勉強するかもしれないから。こんな気分の間でストレスを感じることになるのです。せっかく新しい年は始まったのに、家はますます居心地の悪い空間になっていますよね。へぃ、この正月三が日でなんとか。
 まぁ断酒している限り、これからの未来に希望を思い描けるのは幸せなこと、有り難いこと。謹んで新年のお慶びを申し上げます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

GLB

 酒に対する思いは人それぞれ。全く飲まない人なら普段お酒のことが思い浮かぶことはありませんね。酒好きは何処で誰と何を飲もうか、寿司屋なら辛口一献、イタリアンならピエモンテなど、あの酒はうまいと聞いたけど、実際どうなのだろうと想像するだけでも楽しいものです。 ですが、飲酒には思っているよりも身近なところに依存のリスクがあります。多くは自分は依存症とは無縁と考え、問題を過小評価しやすく、忙しく働いている人ほどそんな傾向が強いかもしれません。
 飲むことは毎日を頑張る自分への当然の報酬だといった意識があるかも知れませんね。また、周囲も本人の飲酒量が過剰な事に気づいても、本人がしっかりしている以上、目をつぶってしまう事も多いかと思います。
 自己の飲酒状況にかなり不安を覚えていても、なかなか精神科を受診する勇気はありませんし、病院を受診するという発想がでてこないかもしれないし。専門家に助けを求めることは自分の弱さを認めるといった意識もあるかもしれません。
 やはり自分で飲酒に対しての不安があるのなら、必要な治療を受ける。これが基本だし、分かれ道であることは間違いありません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

cyade

 そろそろ恒例の心の反省会の時期だよね、今年も自分に与えられた環境でヤったじゃんって誇れるほどのモノはありませんでした、努力もした記憶はありません。だけど、ほんの少しは成長しただろうし経験も積んだハズ。でも努力をしたか?と言われると胸を張れない自分がいる、この悔恨を来年の出発点にしたい。
 こう言うかんじで10代の頃から毎年のように誓っては挫折してきたんだよね。だけど、もうそろそろ先はないし、60歳まじかで先送りしても意味がない、そんな猶予はないに決まってる。
 この年になって努力が出来ないなら、せめて正直に素直に生きてみたらどうなのかと思うでしょっ。でもまぁボクみたいなひねくれものにはほとんど無理っぽい。素直って後天的には難しいことなのかしら、先天的に 素直 じゃないと無理っぽいですね
 アルコール依存症は後天的のハズだから、努力して断酒がつづけば寛解までは大丈夫。あぁ春先に腰の脊柱管狭窄症手術をしたから少しはイイ感じの方に向かってます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

RR

 自分の意志で飲酒を制御できないアルコール依存症。疑いを含めると100人に1人はいるとされています。けっこう多いんですねぇ(笑)
 低年齢からの飲酒習慣を持つ人がなりやすいほか、ストレスや不安などを解消しようと次第に依存していくケースも多いです、まぁ自分は両方とも心当たりがありますが。大量の飲酒だからといって、必ずアルコール依存症になるわけではないし、毎日一升飲んでも依存症にならない人はたくさんいる。自分はお酒に依存してるのかなって思ったことがある人も多いと思う。
 何杯までが正常な飲酒、どこからがいわゆるアルコール依存症?どれくらい飲むとか、飲めるかは聞けばそれぞれの答えがあって、飲めるときは毎日飲むという人もけっこう多い。飲み会とかでは酔っ払いでも、家では全く飲まないという人もいるし。奥が深いというか不思議だよね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

jiraf

 アルコール依存症は飲酒時に心地よさを感じたり、楽しくなったりした経験を繰り返すうちに飲酒が習慣化。お酒への耐性が強まって酒量が増え、家庭や職場で飲酒問題が顕在化する状態を指す。飲酒を我慢すると発汗やイライラ、不眠などの症状が出やすくなる。
 毎日お酒を欠かせない人でも、お酒の飲み過ぎは問題だということは分かっていますよね。日々大量のお酒を飲み続けると、アルコール依存症になることを知らない酒飲みはいないし。しかし実際のところ、どのくらいの酒量だと問題になり、どこからアルコール依存症を心配しなければならないのかと問われると、わかりませんよね。
 ちなみにサラリーマンで普通に仕事をしている人でも、γ-GTPが300を超えているといった人は珍しくないしね、僕らは1,000超えが普通だったけど。まぁ現時点では、断酒してから何年たった後でも、一滴酒を飲んでしまえば、また際限なく酒を求める日々の繰り返しになるようです。したがってやめると決めたら生涯断たつことのみ有効ということです。その辺を踏まえて、まだ普通に飲める人は自分で折り合いをつけていくしかないんだけどね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

akasaka

 僕らの心のなかで、自覚している領域を顕在意識ケンザイイシキ、自覚できていない領域を潜在意識といいます。よく海に浮かんだ氷山にたとえられます。水面から突き出している部分が顕在意識、水面下に隠れている部分が潜在意識です。潜在意識の占める部分の方が圧倒的に大きく、全体の約9割を占め、しかもその部分は当の本人にもはっきり自覚できないものなのです。
 顕在意識とは、決意したり、判断したり、選択する心の領域であり、望ましいこと、望ましくないことを識別する能力を持っています。悩んだり、不安になったり、願望を持ったりします。
 潜在意識とは、過去における考えや、心構えや、欲望の大きな貯蔵庫で、その数百万にのぼる整理棚には毎日の生活の中で、読んだこと、聴いたこと、観察したこと、受けた印象、考えたことが貯蔵されています。潜在意識は創造的な洞察力や直観力の無限な宝庫ということになります。
 フロイトによれば、僕らが自覚している領域というのは、心の中のほんの微量に過ぎず、ほとんどのことは自覚できていないのだとか。この大きな潜在意識の部分に不要な心、邪悪なもの、ようは心のガラクタがあると、どうしても自分の思考や行動に、本人が気づいていないうちに制限がかかってしまうそうです。
 心の中の自覚できていない領域、つまり潜在意識の奥に転がっているガラクタに気づき、アルコール依存関連と酒に関する、心の奥底にある不要物を取り除くことでアルコール依存症という精神病から脱皮できるとイイなぁ~。なんて思うんですが、どうなんだろうね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

watase

 アルコール依存症と診断されるような人達は、アルコールを前にした時、自分の意思では飲酒のコントロールができなくなります。アルコールを摂取できない時間がつづくような場合は、何としてもそれを手に入れようと、多くの時間や労力を費やしてしまい、毎日の生活がアルコールに支配されるようになってしまいます。そうなると自力で脱出することは困難です。
 体への大きなダメージが自覚できても飲酒がやめられなくなるのは、アルコールに対する強烈な欲求とともに、アルコールがもたらす生理機能の変化があるためですね。それまでより多く摂取しないと同じ効果が得られなくなる耐性の形成がアルコール量を増加させ、また、アルコール摂取を中断したときに起きる不快な退薬症状が、アルコールを手放せなくさせます。
 アルコールへの依存が強固なアルコール依存症は、多大なダメージが心身に及んでも、自力でその状態から抜け出すことは非常に困難になります。依存症から回復するためには適切な治療を受けることが不可欠です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

panda

 アルコール依存症を治すためには自分の意志が大切だけど周囲のサポートも重要ですよね。AAとか断酒会も大きな助けになります、できれば同じ苦しみを味わった仲間を見つけ、仲間同士で励まし合い、一緒に断酒できると良いのだけれど。それから、人から勧められる一杯くらいなら大丈夫というお酒もきっぱりと断る勇気が必要ですよね。
 アルコール依存症になれば、やはり生涯にわたって断酒を続ける必要があります。断酒という、絶対にはずせない目的だけは押さえておいて、心のハンドルには遊びがあっったほうが、というか心に余裕が出てくれば何とかなる位の気分で、生きて行ければイイナ~。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

PING2

 アルコールをやめるということは酒をやめることじゃなくて、人生を再設計することだとも言われています。
 酒飲みってさぁ~、友達も全部酒飲みだし、何かをやるときにスベテ酒絡みでやっているんだよね。旅行へ行くときも、まず着いてからどこで酒を飲もうかな、そうそう、温泉に入ったら湯船に盆を浮かべて、日本酒をきゅっ、というのをやってみたいかな、とか、そういうことを考えているんですよね。
 つまみというか、肴というか、そういうものにはコダワらなくなってさ。それこそがアル依の特徴で、ハマった後は、ひたすらアルコールを摂取するという方向に行くのよね。だから酒の味だのコクだのキレだのというやつは関係ない、うるせえな、そんなの、結局アルコール度数だろうがよ、とはっきりしてくるんですよ。
 とにかく一番度数の高い酒が好きなわけ。ビールなんかはいくら飲んだってお腹ばっかり膨れて酔わないじゃんという感じなの。だからやっぱりスピリッツ系に行くのよ。それで結構たくさん飲むから、値段が高い酒とかいうのはそれだけで嫌なわけ。失職してカネがない場合が多い雰囲気ですから。
 午前中から飲むというのは起きると必ず二日酔いだから。二日酔いはすごい気分が悪いんだけど、酒をある量飲むと、すっ~と頭痛と吐き気が消えるということがある。だから軽くグイっと。
 昼間はだいたい迎え酒が残っているぐらいで、ぼうっとして過ごすんだけど、夕方になると今度はすごい憂鬱がやってくるのね。要するに抑うつというのはアルコール依存の一番最初の症状で、次が不眠ですから。だからナイトキャップがないと寝られない人たちというのは、初期症状の第1段階には来ている人たちなのね。
 まぁそこからが始まりなワケよ。だから、どこかで生き方の再設計をしないとダメと言うことですよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

chanel

 別に理由もないのに急いでしまう。早くしないといけないと、いつも自分を急がせている。歩いていても隣を足早に通る人に競争心を燃やしてしまう感じで(笑)
 こんなに頑張ってるんだからもっと褒めてよぉ~認めてよってな感じでイライラしてたし。人にも当たり散らしてましたねぇ~。全部に怒っていましたよね、アルコール依存症だけど飲める体力がまだ残っているときは。
 まぁ断酒してからある程度の時間が過ぎれば、どんなに頑張っても、自分が思ってる通りには褒められないし認められることもない、そんな現実をシブシブ受け入れてさ。褒められるためでもないし、認められる必要もないんだってことに気づき、いろいろなことが目に見えるようになってさ。
 お酒をコントロールしようとしても、ほとんど無駄なんです。どんな意志が強い人でも、どんな性格でもそれはダメ、できないのです。だからそこが病気なんです。依存症に一度なってしまった人が努力してコントロールしながらやっていくのは、ほとんど不可能に近い。
 もちろん治療すれば治るわけだけど、基本的にはお酒をやめ続けるというのが治療の目標だし、最終結果なんです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

m

 毎日お酒を欠かせないメンバーでも、お酒の飲み過ぎは問題だということは理解しています。日々大量のお酒を飲み続けると、アルコール依存症になることを知らないメンバーはいない。しかし実際のところ、どのくらいの酒量だと問題になり、どこからアルコール依存症を心配しなければならないのかと問われると、即答できない人が多いのではないだろうか。知られているようでいて、実はよく認知されていない、飲酒量と依存症の関係をきちんと把握しておこう。適量がアルコール20g程度(日本酒1合、ビール中瓶1本)、60gを超えてくると飲酒問題が起こってくるので、真剣に節酒を考えないといけないレベル。専門家の間でも『60gの壁』と呼ばれています。80gを超えると問題は必ず起きてきます、最悪のレベルです。
 飲酒で心配なことといえば、飲み過ぎによる肝機能の悪化、肥満、痛風から、記憶をなくす、忘れ物をするということまで枚挙に暇がありませんよね。そんな中でも、お酒を人一倍たしなむ酒豪がひそかに心配しているのが、アルコール依存症ですね。酒量が増えているのに、節制ができないことで悩んでいる人も少なくないのでしょうからね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

lat

 僕たちの人生には光も闇もあります、幸せな時もあれば苦しい時もありますよね。生きていくのに大切なのは光も闇も共に受け入れる。そして、どちらにもこだわらないという姿勢ではないでしょうか。
 どちらかしか受け入れないというのは自然の法則に反しており無理があります。喜びも苦しみも来ては去るものですから。その瞬間その瞬間を十分に味わったら深追いせずに手放してしまう。ながく持っているのはよくない。
 この感覚が普通に思えれば、安らぎも普通にやってくるのでしょうね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

F500

 いよいよ忘年会シーズンの到来ですね。最近は忘年会の日時が早まっているようで、11月から同窓会や忘年会の季節のようです。ありがたいことに毎年友人たちからお誘いをいただくが、やはり酒の席ですから出席率はあまり良くありません、まぁ当然だけど。
 アルコール依存症は薬物依存症のひとつですね。脳の病であり行動の病です。主な症状は強化されたアルコール探索・摂取行動と規定され、脳に行動の記憶として刻印され、完治することがない病気です。長期にわたる断酒をしても、少量の再摂取から短期間に断酒直前の摂取行動にもどります。ほかの慢性疾患と同様に再燃しやすい病気なんです。
 誤解の多い病気でもあります。アル中・慢性アルコール中毒と同義ではありません。アル中は社会的、道徳的、倫理的なラベリングであり、医学用語からは排除されています。そして現在のところ、断酒以外の治療選択肢はありません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ