アルコール依存症日記 2009久里浜の夏から

久里浜アルコール症センター 東6病棟492期 Shall we 断酒

カテゴリ: ダイエット・運動

ducati

 まぁ断る・捨てる・離れるというのは今の時代のキーワードではあると思う。生活をよりシンプルにしていき、本当に大切なものに絞っていくのは気持ちがイイだろうし。ふと見回すと人生がとても複雑になっていて、それが日々の生活にも反映されてしまっている。この複雑さから脱出できればいいけれど。
 本当に大切なもの。本当に気に入ったもの。そういうものをほんの少しだけ所有して極力それだけで生きていく。まぁ無理だよね(笑)少し頑張って片付けてみるけどね。
 別件ですが内臓脂肪系断捨離のため、このところ毎日一万歩を目標に歩いてます。近所の多摩川台公園とか川沿い辺りは秋の気配がして気持ちが良いし、河川敷から富士山方面に沈んでいく夕陽がすんばらしい。
 歩きの途中、丸子橋の下にコンクリート打設の大きな階段があり橋が屋根になって雨があたらない場所がある、段ボールやトランクが山のように置いてありホームレスの住処のようです。ここのホームレスさんも断捨離できずに思いっきり囲い込んでいるみたい。やっぱり生活をよりシンプルにというのは相当な努力がいるんでしょうね。
 一旦生活水準をあげちゃったものをダウンサイジングするのはもっと大変なこと。全体的に少しずつ下げればいいのではと簡単に考えるのですが、一旦楽を覚えたり、お金をかけた生活の快適さを味わうと、これがなかなか難しい。これは、お金がある人でもお金がない人でも同じだと思う。お金がない人が更にない生活に下げるのもなかなか辛いものがあるのでしょうね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

PGA

 姉が還暦を迎える(笑)、笑いごとではないんですよ。60歳って80歳の人から見たら「今考えたら全然若かったなぁ~」という感じなんだろうけれど。80歳まで20年ちょいあるから、もう少し色々なことができるのだと思う。
 今までサボってきたなにかを始めるのに最適な年なのかもしれない。思ってもみなかったことを始めよう。前からやりたかったけど手を付けてなかったことを始めようってなことですよ。年齢的な規制を自分に加えるタイプではあまりないけれど、それでも最近、少し新しいことに臆病になっていたかも。
 サボってしまったダイエットは致命的、正直言ってカラダが重い、、、。4月に腰の手術してから6Kg増えた。ボチボチ腰の具合も落ち着いてきたので、相方にお願いして先週から夜ウォークに付き合ってもらっる。取りあえず1kg減ったから、この秋が楽しみではある。そして、もっと楽しみなことはゴルフに復帰すること。この秋はダイエットとゴルフだ~

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

af

 この時期は暑くて食欲もなく、たくさん汗をかくのでやせると思いがちだけど、実はそれは昔の話。猛暑でも屋内で快適に過ごせる現代、活動量が減るのに食べる量は減らないから、むしろ夏に太ってしまう人も珍しくないのだそうです。あんたもボクもその一人(笑)
 20歳過ぎから運動の習慣がない人はほぼ年1%ずつ筋肉が落ちていくそうです。そして夏は外に出るのがおっくうだから涼しい室内にこもる結果、筋肉の減り方が大きくなる。これを夏ごもり老化と呼ばれています。
 なんとかして、何とかしないと内臓脂肪がヤバい状態。夜にウォーキングが理想だけど腰も痛いし、取りあえず出来そうなことから。久里浜入院中にやってたラジオ体操第1・第2の連続を復活しよう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

yuki

 若い頃には体重なんて気にしなかったのに、年齢とともに非常にマズイことになってきた。これは体内の代謝速度が遅くなっているからだという科学的エヴィデンスがあって、生物学者の説明ではそのまま体内時計と関係しているそうな。
 同じ時間軸を過ごしてきても、代謝の早い子供の時代にはすご~く長い時間に感じていたことが、代謝の遅い中年になるとトキは短く感じると言うこと。
 時間軸の目盛りが前者は細かく、後者では粗いから。子供の砂時計の穴は大きくてどばどばと砂が落ちていく大きな砂時計なのに、加齢により砂時計の穴が小さくなってしまうので、ちょろちょろとしか砂が落ちない。だから落ちた砂を比べてみれば、その差は自明ですね。因みに加齢によりオシッコの出具合もチョロチョロですね。ついこの間までダッシュの2段とばしで駅の階段上がれたのに、アレコレしているうちに足がもつれて転びそうだからエスカレーターに乗るようになってるし。
 アルコールの代謝には個人差があるように、体脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪、デブにだって個人差があるのでしょうね。昔は自分が太るとは考えもしなかったけれど、、、、今年こそ何とかします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

butatamori

 とりあえず。この言葉はあらゆる場面に登場して、便利によく使われるものでもあるけれど、実は侮れないくせものなんで御座います。曖昧な選択、保留した決断、回避した思考ばかりで、その結果として無意識に口にのぼる言葉でもあります。その曖昧と保留と回避を見事にカモフラージュした行動をひき起こすキーワードでもある。大きく言えば日本政府からボク個人まで、じつに幅広く当てはまる先延ばし体質ね。
 とりあえず買わないでおこう、とか難しいですねよねぇ~。節約しようとかダイエットします。と決意して、2週間くらいたつと、ガマンの反動でいつもより余計に食べたりしたりしてさ。
 闇雲に決意しても続かないのは、それがある意味の思考の放棄で、現実逃避してるだけかしら、なーんて、ゴチャゴチャ言ってないで、現実見ろよってぇ話なんですけどね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

G30

 オッサンの多くが気にするメタボ。キーワードが登場してから10年たちすっかり定着した感がありますが、そこにはいくつかの誤解が潜んでいるようです。
 メタボは単なる肥満ではなくて、ポイントは内臓脂肪の蓄積にあるということはわかっています。それでは、内臓脂肪が多いとなぜそんなに問題になるのだろうね。
 僕らメタボといわれている人なら実感していると思いますが、自覚症状はあまりないですよね。だから甘く見ていたり生活習慣に問題があると認識できないうちに、動脈硬化が進行していくんですよね。これこそがメタボの怖いところです。そして、ドミノ倒しのように次々に体に異常が発生していく。ある日突然、心臓発作や脳卒中で死亡することのないように、メタボの危険性をしっかり認識しておいた法がいいよね。せっかく断酒と禁煙が続いているのにメタボから糖尿病、そして人工透析なんて最悪のパターンですから、

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

uni

 デスクの上も油断をすればすぐ散らかるものだよね。だからといって、油断なくいつも気を張って片づけているのもどうかと思う。なぜなら、片づけがすべてでなく、それに神経を注いでばかりいるのも疲れる話でしょ。まぁ真面目に仕事してるから散らかるということにしましょうか。
 食事も油断をして食べ過ぎれば、たちまち体重は増加する。量と質を吟味しなくては、健康も損なうしね。かといって、油断なくいつも神経を張って気を配るのもどうかと思う。
 ダイエットしようと決意して、いろいろと極端な制限にチャレンジ。でも、なんだかんだで思い通りに実行できないことが続くと、ヤケになって過食に走るわけ。んで、あえなく失敗に終わるのがいつものパターン。極端なことは続かないし、失敗したときのリスクも大きいからねぇ。
 わかっているはずなのに、繰り返してしまうんですよねぇ困ったもんです。でも、僕らのアルコール依存症では極端が一番ですよ、何がなんでも断酒あるのみ。
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

red

 ボクらのカラダは飢餓に備えて、エネルギー源として脂肪を蓄えるようにできている、リスが晩秋に頬一杯に木の実を貯めてるいる感じかな。
 たくさん食べすぎたときの余ったものを脂肪として蓄えるようになってるのですね。一方で、食べる量が少な過ぎたり、食事を抜いたりした場合も、体は、次はいつ食べられるかわからないと判断し、脂肪をため込もうとするそうです。
 つまり、食べ過ぎがよくないのはもちろんですが、食べなさ過ぎも脂肪肝の原因になるのですって、飢餓状態も肝臓には良くないわけだ。特に適度な運動を行わずにタンパク質の摂取を減らすと、筋肉量が減ると同時に脂肪をため込もうとするために、痩せにくい体質になってしまうらしいですよ。内臓脂肪を減らして痩せやすい体質になるには、どうすればいいのやら。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

mini

 リオデジャネイロオリンピックがずいぶん昔みたいに感じる。先週の出来事が、もうなんだか遠いことみたいですね。この分だと、あっという間に東京五輪の時期が来ちゃうんだろうなぁ~。加齢のスピードも倍速で送られているみたいだから。そして、次々に新しい情報が押し寄せるので興味や関心が長続きしない時代なんでしょうか。
 アルコール依存症だと顔色も黒ずんで老けて見えるイメージがあるでしょ。一般的にも外見が老けていく人は、体内環境でも老いるスピードが速いという相関関係があるそうです。
 人はみな平等に年をとっているわけではないでしょうからねぇ。一部の人々は他人よりも3倍も早く年をとることもあるそうです。早く老ける人と若々しく見える人、その差はなんなのでしょうね。今から出来るのは、食生活や運動などのライフスタイルで頑張れば少しは何とかなるかも。あっ、メンズスクラブ洗顔せっけん買いました(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

yase

 お酒が大好きでお酒をストレス発散の唯一の場所にしてアルコール依存症に進んだボクのような人が断酒すると、当然飲まないということがかなりのストレスになります。そしてストレスのやり場がなくなってくると、食欲が異常なまでに増してきます、胃腸が正常に可動するいうになり絶好調で食べてしまいます。よくタバコを禁煙すると食欲がまして太るという話がありますが、あれに近いものがお酒の場合もあるということです。
 お酒をやめたから太ったとしても、じゃあまたお酒を飲もうというようにはならないですね。なのでまずお酒は飲まないままでいるといことを前提として、太らずにここから痩せるためにはどうすればいいのかという点について考察しますね。
 これまでお酒だけが楽しみだった人が、次に甘いものとか脂っこいものを食べることでストレスを発散するようになることが一番の問題です。できることなら食に関連すること以外で、ストレスを発散できる何かを自分の中で見つけるのが理想です。ゴルフの趣味があると、必然的に歩く量なども増えるので趣味としてストレスを発散しつつ運動不足が改善できるので効率的ですね。出来れば毎週行きたいゴルフですが、家の相方がブーブー言うので1ケ月に3回で我慢することにします。
 断酒によって太ってしまったということで途方にくれている人は、脂質異常や非アルコール性肝炎などに注意して太らないようにしなければなりません。要は断酒できたのだから、メタボだってヤッつけられるわけですよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

hito

 お酒を止めることに関して言えば、最初は苦しかったですよ、はい。そして3か月をクリアできれば1年は何とかなると思います。そこで油断しなければ3年は大丈夫です。2009年の今頃は西下病棟で暇を持て余し、裏の山を一周歩いたり、これからどうなるのか不安な気持ちで海からの夕陽を眺めて煙草のチェーンスモークをしていました。
 そして毎年やってくる久里浜病院を退院した記念日には、初心に帰り気持ちを引き締めることで4年、5年と断酒継を続けていくことが出来るんだと思います。久里浜病院の東6病棟で行われた退棟式を思い出して初心をふり帰ることがキモです、そして初心者は飲む場所に近づかない勇気が肝心かと思います。
 とにかく悪い習慣を捨て、良い習慣を続けることがポイントです。 よい習慣化が頭に馴染んでくると、やがて次の良い習慣につながりますから。退院から10kg以上肥満体でダイエット系では苦労していますが(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

svg

 断酒した結果として体調が回復した後はお酒の代わりにお菓子の暴食を初めて一気に5キロ体重が増え、その後は甘いものの食べ過ぎで糖尿病になってしまうというような話もあります。
 なのでまずお酒は飲まないままでいるといことを前提として、太らずにここから痩せるためにはどうすればいいのかという点について考察していきましょう。これまで酒だけが楽しみだった人が、次に甘いものとか脂っこいものを食べることでストレスを発散するようになることがイカンのですねぇ。
 空腹を感じた時にガマンすることもストレスになります、食べるものを0カロリー食品に変えるようにする、しかし食べたいものを食べれないことが、これまたストレスになってしまうこともあります。ストレスのスパイラルです。
 ストレスって何かしら、ストレスには精神的なものと肉体的なものがあります。うれしい、楽しい、不愉快だ、悲しい、つらい、と感じるのは、精神的なストレス。激しい運動、長時間の通勤、悪い姿勢、食品添加物、睡眠不足などは、肉体的ストレス。ストレスとは刺激です。
 ストレスは無いにこしたことはない、と思いがちですが、無さすぎても少なすぎても、体調不良を引き起こします。大切なのは刺激とリラックス、刺激のない状態のバランスです。とはいえ、現代人はストレスが多すぎる傾向があり、心と体の不調の大きな原因で、ストレスが蓄積していることに気づけない人も多いようです。
 まぁ、受けてしまったら発散し解消する、そしてその工夫を日々の生活の中で取り入れることが、非常に大切なようで、痩せることにも繋がっているかもしれませんね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

deneko

 お酒を止めてからの夕食後がすごく暇になりました、ソファに寝っ転がってテレビドラマを見て、リモコンやスマホを操作しながらアイスや菓子を食べて、暑くなったらエアコンをつけて、必要なものを全て手の届く範囲に置いて、動かなくていい状態を作っていることが多くなりました。こういったコックピット内の生活は肥満の原因ですよね。最初の頃は相方と夜のウォーキングに行ったりしたものですが、敵も仕事が忙しく疲れて帰ってくるので自然消滅のようなことになってます。
 飲まない夜の過ごし方って言っても、僕らには当然毎日のことなんですよねぇ~。寝るまで酒をずっと飲み続けることだけが楽しみというか習慣になっていたんですから厳しいです。
 ウォーキングをしてストレッチをして、ドラマ観て本を読みながらマイスリー飲んで布団に入ります、そんで朝早く起きてラジオ体操の第1第2(笑)
 これが理想なんだけど、どうしてもカラダを動かすのが億劫になってます。久里浜に入院中、飲まないと夜はどうするのか色々と考察したものです。スポーツジム、ゴルフ練習場、読書とか、飲んでないから車の運転だって出来ちゃうとかね。
 お酒が止められたのに、夜のアイスが止められないで自己管理が出来ないワタクシ。バニラアイス1個分のエネルギー350kcal、1週間で2450kcal、1カ月で1万500kcalと考えると意外と侮れない。秋には会社の健康診断があるから、内臓脂肪を何とかしたい。血液検査ではγ-GTPとか気にしてたのが、今では脂質異常系で厳しく指導されるメタボリック症候群ということなんです。ここでも自己管理と言う言葉が重要ということになりますね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

aloha

 高血圧、高脂血症、肥満、糖尿病、痛風などは普通以上にお酒を飲む人にきわめて多い生活習慣病、処方された薬を飲み続けても、飲酒習慣を改めなければ快方に向かう可能性は薄いですよね。飲んでいないのに、高脂血症と内臓脂肪が減りません、甘いものが止められないからですが、断酒は出来てるのに甘党は止められないのです。
 何とかダイエットしようとしているのですが、心療内科にでも相談してみようかしら。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

tori

 脂肪肝とは、肝臓に30%以上の中性脂肪がたまった状態のことです。食事で摂った糖質や脂質は、小腸で吸収されたあとに肝臓で代謝されますが、糖質や脂質を摂りすぎてさらに運動不足であると、エネルギーとして消費しきれなかった分が中性脂肪として肝臓に蓄積します。今では成人の3人に1人が脂肪肝だと言われています。つまり、現在、国内に推定約3000万人以上の脂肪肝患者がいるわけです。かつては肝臓に中性脂肪がたまるだけだと軽くみられていた脂肪肝ですが、近年、さまざまな病気を誘発することがわかっています。
 近年とくに問題になっているのが、ごはん、麺類、甘いものなどの糖質を多く摂る人の脂肪肝が増えていることです。昔からお酒の飲み過ぎが脂肪肝につながることはよく知られています。これがアルコール性脂肪肝なのですが、今、アルコールを飲まない人の間で脂肪肝が増えているのです。糖質の摂り過ぎによって、血中に糖が増えすぎると、インスリンが過剰分泌され、中性脂肪が肝臓に蓄積されてしまうのです。脂肪肝の人の10人に1人が、およそ10年間かけてNASHに進展していくとされています。
 お酒を飲まないけれど甘いものが好きという僕らはNASHに要注意です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

tomato

 大量飲酒をつづけると肝臓に慢性炎症が起こり、やがて肝硬変、肝がんを発症するリスクが高いです。
 脂肪肝は、飲みすぎ、食べすぎ、運動不足などが原因で肝臓に脂肪がたまりフォアグラ状態になる病気、飲酒習慣が原因のアルコール性と、飲酒しなくても発症する非アルコール性に分けらるけれど、これまで一般に注意喚起をされてきたのは主にアルコール性の方でしたよね。
 最近の健康番組などを見てると非アルコール性が取り上げられてることが多いです、断酒をしてる僕らにとっては非常に気になるところです。
 飲酒習慣がないのに肝硬変になる症例の研究が進み、飲まない患者の1~2割が、肝硬変や肝がんに移行する、非アルコール性脂肪肝炎NASHになることが分かってきたらしいのです。
 肝臓は、食事でとった脂肪分を中性脂肪に変えて全身に供給するわけだけど、運動不足などで消費するエネルギーが減ると中性脂肪が肝臓にたまる。これが脂肪肝の状態で自覚症状はほぼない。処理しきれない脂肪が肝臓にたまるということです。
 残念ながら、脂肪肝の予防や改善にこれだけやればという方法は存在せず、脂肪肝対策に王道なしともいわれてます。毎日、コツコツと食事・運動・睡眠の改善に取り組むことが大事なんですね。
 なかなか出来ないんですけどねぇ(笑)、とりあえず運動の継続とダイエットの心がけ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

benz A

 口から入った食物はすべて、肝臓で代謝されます。代謝とは、おもに小腸から吸収された食物に含まれる糖質、脂質、蛋白質などの栄養素を僕らの体が利用できるような物質へと作り変えることで、その後全身に送り出されています。
 人体で最大の代謝工場であり、貯蔵庫でもある肝臓。そこに脂肪が貯め込まれるのは過食や大量飲酒によって中性脂肪が多く作られすぎて、運び出す能力が落ちてしまったからです。
 脂肪肝の人は、蛋白合成能力がやや低くなりがちで、糖と脂質をある程度制限する一方、良質な蛋白質を補ったほうが良いのですね。大豆製品は良質な蛋白の1つで、多価不飽和脂肪酸やリン脂質も豊富に含まれるし、食材に豆腐を加えれば、ボリューム感をアップさせることもできます。肉類や魚介類、卵、乳製品なども、カロリーが過剰にならなければいいそうですね。最近の食事療法では低カロリー、低炭水化物に加えて、大豆製品を含む食事を摂取することで、肝機能の改善に加え、NASHにつながる酸化ストレスを有意に減少させることが示されているそうです。
 そして、いつもの早食いを改め、しっかりかんで食べる習慣を身につけたい(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

gmax

 関心の無いことや情熱を捧げられないこと、あるいは意味を見出せないことばかりにエネルギーを費やし続けていると、やがて人の心は病んでいきます。それって、そんなに頑張りなさんなょ、無理しなさんなょというサインなんですかねぇ。
 ところが、自分に喜びをもたらすものや充足感をもたらすものに向かって頑張っているときには、疲れ知らずでは無いでしょうか。
 人生には努力を必要とするときも忍耐を必要とするときもありますよね。何か大切な目標に向かって頑張ること自体は健全なことであり、僕らの心にも躍動感をもたらしてくれそうなんだけれど。断酒の貫徹が目標の僕らには躍動感なんてあるわけないじゃんって感じです。
 まぁ、他に情熱を捧げられるモノゴトを見つけるしかありません。人それぞれだろうけれど、最近成績がパッとしないでチョイト落ち込んでるゴルフに再度捧げるしかないなぁ、あとダイエットも無理しちゃおうかしら(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

hukurou

 会社の健康診断のあとに多くの人が肝臓のデータの数値を気にかけ正常値内に入っているとホッと胸をなでおろすのではありませんか。
 アルコールはエンプティカロリーだから太らないという説が影響して大したことはないのではないかと思られがちですが多いに関係があります、つまりは脂肪肝の一因はアルコールそのものにあるということです。酒は命、今後の人生もお酒とともに歩んでいきたいと切に願っている方が多いんでしょうよねぇ。
 脂肪肝とは肝臓に中性脂肪が蓄積したフォアグラ状態の肝臓ですね。脂肝になるメカニズムは実にシンプルで、肝臓から出ていく使う脂肪よりも、肝臓が取りこむ作る脂肪が多いから。つまり、使われなかった脂肪が貯金として肝臓に蓄積することにより起こります。
 1日の純アルコール60g日本酒にして3合を越えている場合、アルコール性脂肪肝であることがほとんどです。アルコールの摂り過ぎが脂肪肝につながることは常識中の常識です、おつまみからの脂肪も加算されるとなれば脂肪のダブルパンチ、飲んだ後の〆のラーメンでトリプルパンチです、脂肪肝にならないためにも、アルコールが生み出す空腹感にだまされてはいけないとのこと。
 やはり僕らのように断酒しろとは言わないけれど、適度が一番で運動とバランスの良い食事こそが特効薬。断酒してる人は甘いものを控えて、やはり運動とバランスの良い食事ということになりますね、非アルコール性脂肪性肝炎NASHが怖いですから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

大名行列

 身体の不調やイライラなど溜め込むのはとても苦しいことですよね。そんな事柄をアルコールを飲むことで長期間ごまかしてきて、それどころかアルコールのために故障が発生して痛みや不快感などのサインが出れば出るほど、アルコールの量はむしろ増加していったのですね。
 断酒した現在、今まで隠されていたあちらこちらの故障が出てくるのは当然のことなのでしょう、人間は暦の年齢通りに老化していくものではないみたいです、身体の手入れをおこたらなかった人と身体を傷めつけるようなことを続けた人とでは、どちらに故障が起こり易いかは言うまでもないことです。
 今後は一つしかない身体を気遣い、断酒を継続しながら根気よくダイエットも頑張って腰痛をなんとかし、メタボからの脱却を目指します。ほんとかな(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

at

 今年もあと10か月しかありません、いつも自分から変化していかなくてはと思いつつ、変わることを怖れるものですねぇ。ボクらは変化をしなくてはならないことを知っていても、ついつい蓋をしてし誤魔化してしまうもの。
 年齢の変化、体型の変化、気分の変化、そんな当たり前の小さな変化さえなかなか認めたがらない自分であるならば、これからの人生で遭遇するであろう色々な変化を受け止めるのは大変ですよねぇ。
 見て見ないふりをし続けている自分であるならば、自分の人生を誤魔化しつづけることになって例えばダイエットだって出来るわけないよね。
 生きていることで、必ず順番に訪れる変化を必要以上に怖れたら駄目、ケセラセラなるようになるさ。これでいくことにしますか?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

tanuki

 座右の銘というほどのものではないけれど、ケセラセラなるようになるさぁ~。今年もあと10か月ちょっと、なるようになっていくののでしょうね、きっとね。まぁそれが正直ないつもの思い。
 それでも昨年の暮れに戒めのように自分に言いきかせて、お正月からきちんと守って実行していることがあります。ああ、なぁ~んだそんなこと、とは思わないで下さいね。
 毎夜のアイスクリームを断つこと、もちろん断酒もつづいてますよ(笑)、へへへ2kg減

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ZOU

 断酒もダイエットも、語学の習得も地道な日々の繰り返しだよね。
 少しずつ前進する努力の積み重ねを愉しんでやれるものとしていくのか、耐えながらやらなくてはならないと思い込んでいるのか。先ずは、その視点が前者に変化する努力が大切なことなんでしょうね。それにしても、地道・継続・努力って言葉が実は王道なのであります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

DHC

 もうすぐ立春ですね、芽吹く春とか変化の春を前にして、寒いからじっとしてつまらないことを考えている場合ではありませんよねぇ。
 芽吹きの春を迎えるために、木々は枯れ葉を落とし、肌は再生するために垢を落とすんですってさ。でも僕らは当たり前の自然のメカニズムに逆らっているから余計な内臓脂肪がたまるばかりで落とせないんです。
 自然の中にある動植物は余計な溜め込みなどしないで生きているわけだけど、自然であるはずの人間の身体は余計な溜め込みで命を損なうわけだね。
 相方のお薦めで、今日から坂口憲二くんがCMやってるやつを始めました(笑)、どうなることやら、何か変化があるのか楽しみではあります、ふふふ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

gai

 うぅ~ん1月があっという間にすぎそうな雰囲気。いまだに今年の方針どおりの態勢が整わない、あるいは立てた目標はすでに反故。うぅ~ん壮大なダイエット計画だったのに(笑) 我ながら自分のお粗末に笑ってしまいす。
 けれど、時々、思うことがある、決断とは案外とカンタンでつまり決断そのものは気分を良くしてくれるものだし。だから今までどれだけの決断をしてきたことか、勉強しよう、今日こそ仕事をやっつけよう、断酒をしよう、ダイエットをしよう、英語を、けっこう思い当たるでしょ。決めることは愉しくて昂揚感に浸れるものですよね。なんだか、その決断で今後に期待が持てるような感じになれるからねぇ。
 明日は早起きしてジョギングしよう、明日は部屋の掃除をしよう、明日はあれをしようなんて、毎晩決断していますよね。
 その決断の結果がでないのは何故なのかしら。未来のことに対してとか、これからしようとすることに対しては、いっぱいの決断をするけれど。今、目の前ことを決断するのは、先延ばしに回避、保留してしまうんだよね。だから基本は今を決めるのは苦手。だから先送り、人任せ、そして誰かの言われるままに流されることが多いわけだね。
 まぁ1本すじを通していることは断酒継続なんだけどね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村




tanuki

 やばい二重あごになってる、腹の肉たっぷりつまめます。ちょいと一個のつもりで食べて、いつの間にやら太鼓腹、気がつきゃ体重75キロに迫り、これじゃからだにいいわけないよ、わかっちゃいるけどやめられない。
 断酒をはじめてから、甘いものへの欲求がはじまりました。多分断酒を始めた方の多くが経験することのようです。人は空腹感をを強く感じ、甘いものが食べたくなるように出来ているのでしょうね。
 お酒を飲んでいた頃はほとんど甘いものを食べたいと思わなかったのにね、と言うか最後には何も食べなかったと言うほうが正しいかな。
 断酒をはじめたばかりの頃は、断酒を継続することが最優先だから、たとえ甘いものへの欲求に負けたとしても、そこで満足感が得られればばいいと自分に甘えていたわけです。ですが、6年以上そのままで、甘いものや食べることへの依存が出て10kg以上太ったわけです。
 年末から、甘いものへの欲求をコントロールすることを心がけはじめました。新年から真剣にダイエットとは言いませんが、メタボリックシンドロームの改善につとめます、糖尿病とか脂質異常症にならんように心に誓かいました(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

snoopy

 人は血管とともに老いるといわれるように、肝臓の機能を保つのに重要な役割を果たす毛細血管は、加齢とともに酸化が進みます。血管壁が酸化すれば余計な異物などが付着しやすくなり、血流が滞りやすくなります。
 そんな中で同じ50代、60代でも食生活やライフスタイルに気をつけている人とそうでない人の血管の状態は相当大きな開きがある、というのも事実なんだそうです。体内で酸化を加速させるのが糖質過多であるとわかっていますね。糖質のとりすぎは、肝臓の働きも妨げますね。
 まず、甘い飲み物や何気なく口にしている間食をセーブすることからはじめて、細胞やホルモンなど体に大切なものを作る材料となるタンパク質をとって食生活というベースを整えた上で、自分が理想とする体重を維持して若々しさの維持のためにダイエットしましょう。。。します。 
 現在では肥満とか糖尿病などが、狭心症や心筋梗塞の原因として注目されていますが、NASHから肝硬変、肝癌になり死亡する割合も近い将来心臓病と同じくらいになるだろうと予想されているんだそうです、日本人でも肥満は要注意人種に入っています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

snoopy

 この秋で56歳になりました、久里浜病院を退院したときは49歳60kgだったのに、もう四捨五入では還暦入り(笑)、だんだんと新しいものを受け付けなくなり、だんだんと時代にキャッチアップできなくなっていく年齢に、老いを感じるのはまだ早いけれど、身長168cm体重74kg、BMI26.2、10キロ多い、最近疲れるわけだよなぁ~、腰にも悪いしね本当に痛いんです。
 断酒してから食べるものにも興味が薄れて、甘ければいいやって感じでアイスクリーム、生どら焼き、大福、油断してると就寝前にガリガリくん2本食べてるし。
 などなど、会社の人間ドックで脂質異常系の要するにメタボって結果もでちゃいまして、お正月もダイエットに取り組もうと真剣に考えなければならなくなりました、急にカラダ壊して家族に迷惑かけられないし、とりあえずは5kgの原料を目標とします、きっぱりと。
 非アルコール性脂肪肝なんて、アルコール依存症としては恥だしねぇ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

majo

 飲酒の量は肥満やメタボと密接な関係にあるといわれます、酒の量がある一定量に達するまでは、ほぼ比例して体重は増加し、ウエストも増えていきます。しかし、酒量があるレベルを超えて依存症の域に達してしまえば食事も十分取らずに飲み続けるので、むしろ痩せてきます、ボクもそうでしたから。
 飲酒の習慣は、つい食べ過ぎてしまう。酒のつまみには、脂肪分が多く高カロリーで、しかも味付けが濃い物が合う。酒も食も進んで総カロリーが増えたところに、締めのラーメンが追い討ちをかけるわけですね(笑)
 痛風、高血圧、糖尿病…飲み過ぎれば、すべてのリスクが上がります、アルコールによる健康障害と言うと、まず依存症が出てきますが、その手前で健康を害している人が相当数いるのです。減酒をすると一時的に食欲が増すこともあるが、多量飲酒による健康障害よりは、ずっとマシです。
 ボクの場合は断酒が6年続いている状態で、食欲が上がりっぱなしで甘いものが堪えきれずに食べてしまうんです。検診で脂質異常症を指摘され、非アルコール性脂肪性肝炎・NASHの可能性が考えられます。先ずは痩せることが最重要課題となります、、、。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

亥

 ダイエットのことが気になる今日この頃、楽々とか、かんたん、お手軽にとマスコミは持ち上げますが、実際は生活習慣の改善が必要であり、言うほど簡単ではありませんよねぇ。
 ある意味、断酒と似ています。アルコール依存症になってお酒を止めているんだから、大福とかアイスクリームは我慢しなくても良いと断酒初心のころは思っていましたが、そろそろ甘いものを断つ決断をしなくてイケナイ時期になったようであります(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

tibikurosambo

 生活習慣病は食事や飲酒、喫煙、生活環境、運動量など日常生活の積み重ねが原因で発症する疾患の総称です。日本人の三分の二の死因が生活習慣病であるといわれています。がん、心臓病、脳卒中をはじめ、糖尿病、高血圧、脂質異常症、メタボリックシンドロームなども含まれます。
 特にメタボに関連する高血圧、脂質異常症、高血糖には過度の飲酒が関連していることが多いといわれています。メタボは肥満による内臓脂肪の蓄積でおこりますが、肥満には酒自体のカロリーだけでなく、脂っこいおつまみの食べ過ぎやアルコールによる食欲増進も関係あるそうです。
 飲酒と糖尿病はアルコール自体の作用やアルコールの体内での処理が血糖値に影響を与えることのほか、アルコールによる慢性すい炎によりインスリンの分泌が低下することも重大。
 飲酒と脂質異常症は飲酒時のカロリーの摂り過ぎが主な原因だけどアルコールの代謝といっしょに血液中の脂質が高くなることもあります。高尿酸血症で痛風となります。
 本格的なアルコール依存症になれば、お酒だけ飲んで何も食べなくなるから、僕は栄養失調で飢餓状態になって痩せる方向になったけれど、入院中には骸骨のように痩せた人と、思いっきりデブの人もいたから個人差とか色々な症状があるにでしょうね、僕は断酒して6年で10kg肥って考察するに飲酒欲求には勝てたけど、食欲に負けたというところでしょうかねぇ(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

tanuki

 人間って、やるべきだ、やろうと自ら鼓舞しようとしても、なかなか心が動きにくいものですね。僕ら中年は運動も時間をたくさんとって、激しくやらないと意味がないというか、頑張っちゃうところがあります。やりすぎて、3日後に筋肉痛が出たりして反応もおそくなってる。
 痩せたいのに痩せられないと言いつつ、手軽なダイエット法に繰り返し手を染めるのも同じこと、いっそ、痩せたいと思わずにいたならば、食べるたびに、ああ、また食べちゃったと後悔や罪悪感を持たずに済むことができるはずなんだよねぇ。だけど、内臓脂肪はなんとかしないとマズイ状態。
 必然的にお腹回りについたタプタプした脂肪を見つめながらツマミながらこう思うものです。カロリーの高いアイスクリームは厳禁、まずは甘いものは控えるように。シャーベットなら、まぁいいかと。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

nezumi

 自分の体型というのは今までの生活の表れだということですね。太っている人は太るような生活をしてきた、痩せている人は痩せるような生活をしてきたから今の体型があるのです。
 だから生活習慣を変えない限り、体型は変わりませんってことですね。すごく我慢して一時的に何かを変えたとしても、元の生活に戻せば体型も元に戻ります、リバウンドです。
 生活習慣を今までと変えれば、体型も自然と変わるのでしょう、ですから一時的でなく長く続けられる習慣である必要があります。その習慣に違和感がなくなってくるとダイエットというチャレンジではなく、単なる日常生活の維持になるのですね。
 お酒を飲まない生活は習慣になっていると思うのですが、暑くてアイスクリームやシャーベット等を食べる習慣が出来てしましました、これを炭酸水を飲むことに変更するのが今の目標です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

risu

 夏本番まで待ったなし。いつの間にかセリ出てきたお腹を気にしつつ、明日から頑張ろう。週末にまとめてやろうなどと悠長なことを言っていると、すぐに梅雨が明けて夏も終わって体形はなにも変わっていないのは毎年同じ。今年こそぉ~
 食事でダイエットをするといえば、真っ先に量を減らすと考える人は多いですよね。単純に摂取カロリーを減らせば痩せられるとの考え方は、一面では正しいみたい、だけど日中は働くふつうのおじさんにとって、ストイックな食事制限は現実的ではないし、むしろ向かないでしょ。
 肥満気味の40~50代男性に共通しているのが、夕食のドカ食いなんです。食事の時間が空きすぎるために、空腹が強まり、やっと食べられると思ってお腹いっぱいにしてしまう。また、そうした状況になるほど、早食いになる。これらの要因が食べ過ぎを習慣化してしまうらしいのです。
 お酒と煙草、断酒と禁煙が出来ているのだから、食事の量をガマンすることは簡単だと思っていたけれど、甘くはありませんでした、はい。
 そこで間食を少しとるのが良いとのことです。おやつ等、空腹時の間食に素焼きした無塩ナッツがお薦めらしいのです、アーモンドやクルミには不足しがちなビタミンやミネラルが豊富なうえに、体にいい良質な脂質がとれるし、よく噛んで食べるし食物繊維もあるからね。
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

kame

 各地で梅雨入り。この頃は天気予報も婉曲で、梅雨入りしたと思われますよっと言う感じで、梅雨入り宣言といった断定表現は避けていますねぇ。そうだよね、相手はお天道様だから、人間の方が勝手に天候を決める訳にはいかないからね。
 まぁ実のところ、僕らだって自分のことを自分で決めるのは難しい判断ですから。痩せたいのに痩せられないと言いつつ、手軽なダイエット法に繰り返し手を染めるのも同じことかな(笑)
 いっそ、痩せたいと思わずにいたならば、食べるたびに、ああ、また食べちゃったと後悔や罪悪感を持たずに済むことができるはずなんだよねぇ。だけど、内臓脂肪を貯め込むことは慎むとドクターと約束しちゃったから、なんとかしないと。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

MM

 できない自分を認めてこそ、受け入れる事からこそ、何ごとも始めることが出来るのです。たとえばいきなり100キロのバーベルを持ち上げられないのは当然ですよね。少しずつ筋力トレーニングをして重いバーベルを持ちあげられるようになるのです。
 相応のトレーニングなしで、何千メートル級の山々に、単独で登頂するのが無謀であるのは明らかなこと。100キロバーベルを持ち上げられなくて、またエベレストに単独無酸素登頂ができなくて、自分を責めますか、誰かから責められますか、そんなの誰一人としていないと思います。
 言いかえれば、脳の中や内臓の中には、精神的な重圧と内臓脂肪たちが堆積していることを認識することです、それを居直りと言いかえてみる。つまり居直りは視点の変化をすることに結びつきます、無理やりですが(笑)
 ですから、ダイエットだって、断酒だって最初はうまく行かなくても自分を決して責めません。できないことを責めるなんて、それはとっても馬鹿げたことですから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

tanuki

 スグに片づける習慣がだいじ、続けることがだいじ、継続はチカラなり。誰もがそんなことはわかっているし、大切なことはご存知のとおりです。
 だから人間は新たな習慣をつくるために、悪い習慣を断ち切ろうとします。いつの間にかお腹回りについたタプタプした脂肪を見つめながらツマミながらこう思うものです。カロリーの高いものは控えないとねぇ、アイスクリームは厳禁、まずは、甘いものは控えるように。
 つい誘惑に負けて、おせんべいに手が伸びる習慣を改めようとするのはいいことですが、これがどうやら簡単ではありません。やめられない、とまらないでカッパえびせん状態といいうことで(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

chiba

 僕たちの心は何か満たされないことがあると、他の欲求でこれらを満たそうとする働きがあります。不満足な状態が続けば続くほど、簡単に手に入る、お酒や食事、甘いものに走りがちです。
 やはりストレスが溜まったときは、大食いしたり、飲みに行ったりしてしまいませんか。これではいくら運動して代謝をあげてもキリがありません。
 僕は断酒中なので、とうぜん甘いものに走っています。お酒を我慢しているのだからスィーツ位はいいじゃないの、みたいなね。
 断酒初心者の頃はそれも許されていましたよドクターにね、甘味よりアルコールを止めることが優先だったのですから。
 でも断酒開始から5年経過して、やはりダメだよね甘いものは。会社の人間ドックで脂質異常とかの数字で出ちゃっているし、近所の内科ホームドクターとも約束してる、かたい男の約束をね(笑)
 おへそ廻り90cm、73kg、ビーエムアイ26、、、。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

hituji

 ダイエット、メタボ、小太り、、、、(笑 )僕らは簡単で効果の高い方法を追い求め、いろいろなものに手を出してみては、本気で実践しないまま本だけよんでやったつもりになって、効果は当然でないんだけど、違う方法にまた手をだしてしまいます。
 知識のタメコミアンになるのではなくて、きちんと実践していかなければいけませんね。断酒とダイエットの両立は厳しいものがあります。ハイ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

poco

 内臓脂肪症候群の皆さん明けましておめでとう御座んす。はい、ネットの調査によると、お正月太りの平均増加体重は約2.2kgで、増えたままやせられない人が2割近くもいることがわかりました。僕もある部分この2割のうちの一人です。
 また、年々、正月太りしやすくなってきた、正月太りが解消できず体重増となっているという声もあがっており、年齢とともに一時的な体重増では片づけられないということがわかりました。
 加齢にともないお腹や背中に贅肉はつきやすくなるもの。そして贅肉や体重が落ちにくくなるもの。これは、永遠の悩みですよね。
 無駄のないスッキリとした体はそれだけで若々しく、美しく見え、カッチョ良い服も着こなせて誰もが憧れるものですよね。
 2015年こそは無駄な贅肉とおサラバし、股上が浅メのパンツを穿いてもゆるされる範囲内のスタイルを目指します、言うのは簡単ですがねぇ(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

himan

 何だかんだいっても、続けることというのはもの凄く大事なことだと思います。少しずつでもいいし、自分なりの基準、優先順位を決めて行動あるのみです。
 そこのアナタ、きっとやれますよ、その1歩が大切なんです。まぁ、ダイエットのその1歩が出ないんだけどね(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

カローラ

 アルコールには発癌性があって、飲酒が少量でもで顔が赤くなるような人ALDH2(2型アルデヒド脱水素酵素)の働きが弱い体質の人達は、アルコール代謝産物のアセトアルデヒドが食道癌の原因になり、癌リスクが増えますよと結論づけられている。
 ALDH2の働きが弱い人は日本人の約半数ちかくと言われてて、アセトアルデヒドの分解が遅く飲酒で顔面が酷く赤くなったり、二日酔いを起こしやすい体質の方達ですね。
 アセトアルデヒドやアルコールには発ガン性があり、口腔・咽頭・食道の発癌リスクが特に高くなる。口腔ガン、咽頭ガン、食道ガンは一人に複数発生する傾向があり、ALDH2の働きが弱い人に多発癌が多くみられるとのことです。
 少量の飲酒で顔が赤くなる体質の人の中で飲酒を始めて2年以内に発癌があった人では約9割の確率でALDH2の働きが弱いタイプと判定されています。
 逆にALDH2の活性が高い人達、いわゆっる僕のことだけど。大量のアルコールを飲める反面、同時に肝臓ではアルコールの分解と共に中性脂肪の合成が進むことで、肝臓は脂肪まみれになり、いわゆるアルコール性脂肪肝から肝臓癌へのコースを進む人達です。
 断酒して5年、甘いもの過剰摂取や運動不足でナッシュなのかもしない(笑)
 ウィルスにかかっておらず、お酒を飲まない人の肝臓病も、実は重要な病気であることがわかってきたらしいのです。それが「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH=ナッシュ)」なのです。
 今まで、ホンマは隠れてお酒飲んでるせいとちゃうねんぅ、とあまり重視されていませんでした。で、酒を飲む人はお酒を、飲まないで太っている方は体重のコントロールを心がけてくださいということが僕らメタボ系の重要課題になっています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

a

 9月の中旬ともなると、朝夕めっきり涼しくなり、庭のほうから虫の音が聞くともなく聞こえてくるころ、紅葉はこれからですが秋はみじかく、あっという間に冬の足音が近づいてくるはず。 お酒をのめる人にとっては人肌に温めた燗酒が恋しい季節です、酒は適量、少量であれば百薬の長といわれ、飲み過ぎればきちがい水ともいわれます。
 少量の飲酒には心理的緊張をゆるめ、食欲を増し、血圧を下げ、動脈硬化を予防するなど人生の潤滑油になります。
 一方で、アルコールの多飲により身体、精神、家庭生活、職場、社会生活のあらゆる面に問題が起こります。肝硬変や糖尿病、胃潰瘍、高血圧、などのあらゆる病気や不眠症やうつ病、記銘力障害、幻覚妄想、認知症などの心の病気が起こってきます。もちろんアルコール依存症になり、生涯断酒の人生が待っています。
 まぁ、なんにしても食欲の秋ということは、体重管理の秋ともいえますよねぇ(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ハート

 アルコールは体内に入るとアセトアルデヒドという有害な物質に変化します、からだの化学工場である肝臓でこの有害なアセトアルデヒドを無害な酢酸に変化させなければなりません。アルコールの量が多いほど、工場である肝臓はフル稼働で働いています。
 アセトアルデヒドの処理が不十分であると、蛋白質や脂質を変化させ肝臓に悪さします。さらにアルコールは有害な活性酸素の生成を促し、細胞を傷つけます。
 肝臓自体は再生能力の高い臓器です。たとえば、手術で3/4切除しても、元の大きさまで再生する能力があります。しかし、アルコールによる障害が長く続くと、ボディーブローのようにジワジワと効いてきます。脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変と不幸の階段を降りていきます。肝硬変まで行き着くと、さすがの肝臓も再生能力はなくなり元に戻ることはできません。黄疸や腹水、脳症などの症状が出現し、肝不全や肝臓がんで死にいたります。
 アルコールを処理することばかり、強調されているけれど、糖・蛋白質・脂肪を体内で使える形にして貯蔵し、必要な時にエネルギーのもととして供給しています。ですから甘いもの・脂っこいものの摂生にも注意が必要ということなんです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ペンギン

  8月も下旬です。夏が終われば食欲の秋ですからね、そんな秋に備えて腹八分目ってのはどのへんなのかを考察してみます。
 今までは自動的におなかがいっぱいに満たされるまで食べていますよねぇ。もったいないからと、皿にのっている料理を全部たいらげていますよねぇ。
 しかし食事の最後のほうで、そのひと口を口に運ぶときに、じっと考察してみましょう。このひと口は僕のカラダに本当に必要なのかいらないのか(笑)
 つまり無自覚に箸を運ばないで最後の一口をどうするか考察すること。これを少しずつ積み重ねることで腹八分目というものは自覚できるのかもしれませんねぇ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

aki

 処暑を過ぎて、暑さが和らぐ頃なんでしょうね。けれどニュースは大雨と土砂災害の報が続く。たしかに大雨で暑さは飛んでいってしまうけれど激しく降りすぎて大変なことに。
 つくづくと思うことは。自然に丁度いい加減というものを期待するのは無理なのかしら。
 街を歩けば、たくさんのコンビニ、カフェやファーストフード店、この夏は暑くて何時の間にかアイスを買って何気なく口に運んでいた自分がたくさんいました(笑)
 肥満というのはふつう、からだが太っているという意味だけど、医学的に「肥満」という言葉を使うときには、脂肪が一定以上に多くなった状態のことをいうんです。
 人のからだはさまざまな物質でできているんだけど、おおまかには、水分と、筋肉に多い糖質とたんぱく質、骨に多いミネラル、脂肪でできているといえるんですね。肥満というのは、このなかの脂肪の割合が多すぎることなんです。だから、体重が重くても、プロレスラーやアスリートなど筋肉や骨の割合が多い人は脂肪は少ないから、肥満ではないんですね。
 BMI25以上は肥満と判定されるけど、肥満に伴いやすい病気である、高血圧や脂質異常症、糖尿病などがなければ、病気とはいえないんですね。日本肥満学会がBMI22が標準と決めたのは、その数値なら肥満に強く関連する病気、たとえば高血圧、脂質異常症、糖尿病などにかかりにくいからなんです。そうして、25以上になると、そうした病気にたいへんかかりやすくなるんです。だから、もしBMI25以上なら、まだ血圧や血中コレステロール、血糖値などに異常値がなくても、十分に注意しなければならないっていうことですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

カキ氷

 肥満、脂質異常とか非アルコール脂肪肝は本来、食事が過食や偏食になっているために起きる病気であり、過食や偏食を正すことが最も重要になります。最近の日本では、食事自体の摂取カロリーが高すぎる傾向だから、バランスのよい食事を心がけていても、ついカロリーオーバーしてしまうわけですね。自分感覚でもそう思います。
 摂取カロリーの目安としては、1日に標準体重当たり25~35kcal/kg/日と言われています。これはどれくらいかというと身長170cmで1600~2200kcal/日くらいです。急激な体重減少は反動も起きるため、まずは5%の体重減を目標として、月に1kgくらいの減量にとどめるほうがいいらしい。
 食事で意識するとすれば、炭水化物として甘い菓子・アイスクリームなどはダメ。食物繊維は不足がちだから、ビタミンCやEを補給する意味でも、野菜、海藻類、きのこ類を増やす方がバター。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

UMI

 自分より重症の人と比較して、あそこまで行っていないからまだ大丈夫などと安心しやすい傾向があります、アルコールの問題はもちろんだけど、今の僕はメタボリックな中年小太り体形が最大の懸案事項かな(笑)
 太鼓腹に三段腹、ビール腹は関係ないけれど、太ると持病の腰も辛いしみっともないし、会社の人間ドックにも行かにゃならんし、やはり秋にはスッキリ体形になりた~い計画。
 腹囲の基準、男性85センチを超えたら生活習慣の改善を目指す必要がある、でおへその上で計ったら98cm。身長168cm、体重71.5kg、BMI25、肥満体形。
 運動によるエネルギー消費は裏切らないとのこと、70kgの人なら1時間のウオーキングで150Kcal消費し、1年365日続ければきちんと3.6kg減る。もちろん、この間にエネルギー消費より多く食べすぎればまた別の話で、そこは秋になって涼しくなればアイスクリームやシャーベットも食べなくて済むし。我慢できなくなったら甘いものは和菓子系にする。
 基礎代謝量、体温保持や呼吸などで消費される生きている上で最低限の消費エネルギーのことで、1日のエネルギー消費量の約7割はこの基礎代謝が占めるのだ。最もエネルギーを消費するのが筋肉なので、筋肉を増やせば自ずと基礎代謝量は増え消費エネルギーも増える。太りにくい体になれるということだ。
 やはり、基本は動くこと。ウォーキングとラジオ体操、ストレッチ、この3つならなんとかできそうです。プラスなるべく毎週ゴルフに行くこと。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

花火

 多量の飲酒を続ける生活は、さまざまな生活習慣病を引き起こします。脂肪肝、肝炎、肝硬変といった肝機能障害はもちろんのこと、すい臓炎、糖尿病、高血圧、動脈硬化症、心臓疾患、脳血管障害など、全身のあらゆる病気の原因になるといっても過言ではありません。がんについては、特に咽頭がん、口腔がん、食道がん、大腸がん、乳がんなどと大量飲酒との強い因果関係が指摘されています。
 断酒してから5年、煙草も一緒にやめたけれど体重は10kg増えた。これからは単なるデブとして病気にならないように色々なことを改善していかなければなりません。肥満・脂質異常症・糖尿病・脳卒中・心臓病・高血圧などですね(笑)
 今BMI25-26だから、まずは痩せること。5kg減を目標にどうすればよいのかを考察して、9月から実行に移していくことにします。先送り体質(笑)
 1日1万歩とラジオ体操第1-2は出来ているんで、甘いもの方面注意報かな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ