The_Beatles_and_Lill-Babs_1963

 ボクはビートルズが解散してから後追いでビートルズを聴き始めた世代である。もちろんビートルズの存在は知っていた。マッシュルームカットだとかエリザベス女王から勲章をもらったとか、幼稚園児の頃に羽田空港で大騒ぎになったり、ヒルトンホテルに泊まったとか、社会現象として知ってはいた、でも彼らの音楽を理解するにはまだ成長が足りなかった世代なんだ。
 そのおかげでボクらの世代は、親やその頃の大人の人たちによって変な先入観を植え付けられてしまったと今になって思う。特に祖母はビートルズを下手だと言った。それは例えば美空ひばりよりジョンやポールが下手だという意味だ。そう言われると悲しいことにそんな気がしないでもないのだが、でも、美空ひばりとビートルズを比較することのほうがおかしい。そして英国のビートルズも日本のグループ・サウンズも十把一絡げにして下手と言うことだった。
 その後の J-POP を支えた作曲家やミュージシャンも輩出しているので、巧いか下手かはともかくとして、才能のあるメンバーがたくさんいたのは事実ですね。ただ、あんまり巧くない GS も確かにいた。そして、小学生の僕らにとってはビートルズより GS のほうが親しい存在だったこともあり、「GS は下手」=「ビートルズも下手」という変な連想が働いてしまって、ボクはずっとビートルズが下手だと信じていたのかも。具体的にはどこが下手だということは全くないくせに、彼らは下手だという漠然としたイメージがずっと消えなかった、思い込んでいた。
 もちろん1970年にビートルズが解散して、小学校高学年になった頃から、もう少し聴き込んで行くうちに、ビートルズの音楽的才能に少しずつ気づき始め、コード進行やコーラスワークに魅入られたように聴くようになるのだが、なのに心のどこかに「ビートルズは下手だ」という刷り込みがしっかりできてしまっていたように思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村