gotanda

 このごろ本を読む量がめっきり減った。読書のスピードが落ちたのではない。読む時間が減ったから読む量が減ったということで。かつては通勤電車の中で読む時間を確保できていた、それも行き帰りの往復だから1時間以上かな。本に夢中になって降りそこなったりしてね。今は読める時間は1日約30分で、寝る前にベッドにはいってレンドルミン飲んでから。
 ならばもう少し読む時間を増やしてみようかなと思った。この辺の感覚が解ってもらえるかどうか分からないが、つまりは逆の発想である。本を読むことは良いことだ、という前提に立って、このまま読書量が減るのは良くないからなんとか読む時間を増やそうというのではなく、1回増やしてみたら何がどう変わるかな、という思いつきで。
 映画だってある程度の本数を見始めたらどんどん観たい映画が増えてくる。観る目もついてくるというか。いや、そんな直接的なところではなくて、なんか全然違うところで副産物があるかもしれないし。何かが変わるかもしれないし、変わらないかもしれないし。
 因みに、今は池波正太郎の真田十勇士を読んどります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村