ford

 アルコール依存症ってのは、飲んだその日に病気が発症するわけじゃありませんよね。習慣的に飲酒しているうちに、いつしか進行していく病気です。
 お酒を多めに長期にわたって飲み続けることで、酒がないと生きられなくなる状態がアルコール依存症です。その影響が精神面にも、身体面にも表れ、仕事ができなくなるなど生活面にも支障が出てきます。またアルコールが抜けると、イライラや神経過敏、不眠、頭痛・吐き気、下痢、手の震え、発汗、頻脈・動悸などの離脱症状が出てくるので、それを抑えるために、また飲んでしまうといったことが起こります。
 アルコール依存症は否認の病といわれるように、本人は病気を認めたがらない傾向にあります。いったんお酒をやめても、その後に一度でも飲むと、また元の状態に戻ってしまうので、強い意志で断酒をする必要があります。ですから、本人が治療に対して積極的に取り組むこと、家族をはじめ周囲の人のサポートがとても大切です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村