erika

 アルコールを飲むと気持ちが高揚してハイになり、妙にフレンドリーになって人との距離感が縮んだりするもの、その一方で絶望感とか孤独感を強めるものでもあります。落ち込んだ時、一人で飲んでいたらどんどん気持ちが沈んでいって、もうなにもかもどうなってもいいやと思ってしまったりすることも。
 飲めば飲むほど自分なんて死んでしまえば良いんだという思いが強くなり、もう自殺以外に解決手段はないんじゃないだろうかと、考え方の視野が非常に狭くなっていくんです。その結果、衝動的に自分を傷つける行動に出てしまう、怖い話になってしまうんですね。
 アルコール依存症、そうでない人に比べて自殺の危険性が約6倍高いと言われています。やはり断酒するしかない、そういうことです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村