anne hathaway

 飲酒が習慣化するとアルコールに対する依存が生じます。依存には精神依存と身体依存の2つがあり、アルコールに対する強い欲求が生じるとともに、同じ効果を得るためには多くのアルコールが必要となります。
 うつ病はアルコール依存性のリスクを高めます。平常時に適量飲むのであれば、不安感を和らげ会話がはずみ、気持ちの良い時間を過ごさせてくれます。しかし気持ちが落ち込んでいたり、不安感が強い時にはアルコールの効果に過剰に頼りやすくなり、アルコールが治療薬のようになってしまうことがあります。そして同じアルコール効果を得るために、より多くのアルコールを飲む必要が生じ、依存症リスクも高まるのです。
 そしてアルコールの常用自体がうつ病のリスクを高めます。アルコールは百薬の長と言われたりしますが、心の病気に対しては決して薬にはなりませんのでご用心下さいませ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村