GT

 酒に強いと言われる人は、アセトアルデヒドを分解する酵素の働きが正常で、分解がスムーズなので、飲んでも顔に出ないのです。
 反対に弱いと言われる人は、酵素の働きが弱い、もしくは全く働かない人。アセトアルデヒドが長時間体内に留まり、顔が赤くなるのです。つまり、顔色が変わらない人は、たくさん飲んでも体調に異変がないため、気づかないうちに大量のアルコールを摂取してしまうことになり、かえって依存症になる危険性大なのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村