graman

 何かに夢中になって、それを中断すうると不安やイライラが募り、いてもたってもいられない状態になる。それがないと落ち着かなくなり、やめると苛立ちや不安、絶望感でいっぱいになる。対象に支配され、自分の意志で欲求をコントロールできなくなるのが依存症。
 アルコールが原因でこうした状態になった場合には一生その体質と付き合っていかなければなりません。近年では、認知症やパーキンソン病、リューマチ等の予防薬や改善する薬が開発されていますが、アルコール依存症になっても薬を飲んでいればお酒は飲んでもOKよってな医薬品はまだのようですね、製薬会社だって相当な利益があるはずですから本気で開発にとりくんでいるのしょうが、脳内や神経の病気の解明は難しいのでしょう。
 ですから現時点では、断酒から何年たった後でも、一滴酒を飲んでしまえば、また際限なく酒を求める日々の繰り返しになるようです。したがってやめると決めたら生涯断たつことのみ有効ということです。
 寿司屋のカウンター席でとなりのツレが熱燗で一杯やってるのを片目でみながら、そんな雑念が頭に浮かんだ年末の昼下がりで御座いました(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村