c220d

 アルコールを飲んで楽しい気分になるのは、脳内で快楽を生み出すドーパミンという物質が分泌されるため。毎日飲み続けていると、効きめが落ちてきて少しのアルコール量では分泌されなくなり、徐々に量の増加を必要とするようになる。だから、酒に依存してしまうんですね。
 目が覚めアルコールが切れると手足が震え出し、大量の汗をかく。これが離脱症状。この状態から逃れる為に朝酒を飲む。まさに悪循環。そして離脱症状は飲むことによってピタリと止まる、本当に怖いですよ。飲んでピタリと止まらなくなったらお終いです。
 最近の夢、多く見るのは延々とつづく螺旋階段を登って行く自分の姿、雲に乗って上空から自分の姿を見おろす感じ。ハーハー言いながら昇っていくのが苦行ではなくて、楽しいようにも見えている。自分を俯瞰することができるようになり、これから先の人生うまくいきそうな、楽しくて明るいイメージでドンドン上空に上がっていく。
 自分は大丈夫みたいに感じてるのよ。なんの根拠もないんだけれどね、そう言えば、アルコール依存症患者が診察室で言う最初の言葉が、自分は大丈夫・違います(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村