karasu

 一杯飲んだら必ず待っている大きな後悔、大変な苦しさと恥ずかしさとに苦しむことを本人は百も承知のはずなのに、なんでその一杯に手を出してしまうのか、そしてなぜ飲まずにはいられないのでしょうか。酒以外のことでは正常なのに、常識と意思の力は、一体どうなってしまったのかしら。
 僕らアルコール依存症の殆どの人達は自分の飲酒を何とかしたいと思っているはずです。自分の中に健康な生活をしたいという思いがあり、それこそが本心なのに、自分ではどうにも出来ない部分は精神病なのでしょうか、このあたりが一般人に理解できないところでしょうね。
 飲酒をコントロールできなくなっているのに、それを認めようとしない。飲み過ぎないようにすればよいという節酒論が抜けないのですね。なんとか普通に飲める方法を試してみるけれど、最終的には飲み過ぎてしまう。
 酒が教えてくれると言いますね、飲んでどうにもならなくなるという経験を通してしか、この考えは変わりませんね。節酒なんてできない事実を認めて、完全に断酒することを目指さない限り、アルコール依存症はどんどん進行して最後には死んでしまうのが落ちです。
 自分の本当の想いが実現できるように、直ちに行動すべきなんです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村