zero

 飲むと顔が赤くなるのはカラダに入ったアルコールが分解される過程でできる有害物質、アセトアルデヒドの作用なんですよね。
 一般に酒が強いと言われる人は、このアセトアルデヒドを分解する酵素の働きが正常かつ分解がスムーズなので、飲んでも顔に出ないのです、僕らはたいていこのグループです。反対に酒が弱いと言われる人は、酵素の働きが弱い、もしくは全く働かない人で、アセトアルデヒドが長時間体内に留まり、顔が赤くなるのです。
 つまり、顔色が変わらない人は、たくさん飲んでも体調に異変がないため、気づかないうちに大量のアルコールを摂取してしまうことになり、かえって依存症になる危険性は大きいのです。だから、酒に弱いチームに生まれていたら、まったく違う人生だったのだろうなぁ~って考えることもあるけれど、なってしまったことはしょうがありません。
 以降の人生では、一滴もアルコールをカラダに入れない覚悟で生きていくしかないのですから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村