cat

 アルコール依存症で症状が進んでくると、お酒を飲むことが中心になり、ほかのことは何もできなくなる。何をやっても飲酒のためにうまくいかなくなり、自分だけが、廻りやほかの人と違ってみじめな生活をしているように感じる。 特にアルコールが切れてきたときには、何とも言えない情けない気分になりやすい。お酒を飲めば一時的ではあるけれど、そうした気持ちから解放されるんです。
 飲み過ぎさえしなければ、もっといい人生を送れたはずだと思う反面、このなんとも情けない気持ちを、解決してくれるのは酒だけであり、自分から酒をとったら何が残るのかしらと考えてしまう。
 そして酒を手放すことがひどく恐ろしいことのように感じるのであります。だけどお酒を飲むことによって一時の解決を図っても、そのアルコールが切れてくると、また同じ状態になるという悪循環を繰り返すことになるんです。
 この悪循環を断ち切らなければ、アルコール依存症からも抜けられないし、さらに酷い方向へ奈落の底に落ちていくわけです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村