usi

 アルコール専門の治療を受けても、喉元を過ぎると熱さを忘れて1杯くらいなら大丈夫だろうとか、たまには大丈夫だろうという誘惑、悪魔のささやきに負けて飲み始めてしまう例が多いのです。
 僕らの病気は残念なことに8割の人が再飲酒してしまい、10年後には4割の方がお亡くなります。ガンよりも死ぬ病気と言ってもいいらしい。
 そして死因でもっとも多いのは肝硬変から肝臓ガン、咽喉や食道ガンのなど毎日直接アルコールが触れていく箇所の病気、酔って起こした転落事故とか、吐血や悲観しての自殺などで急に命を落としてしまうことも多いのです。このようにガンに匹敵する致命的な病気なんですが、癌と決定的に異なる点としては、断酒をすれば病気はもう進行しないということなのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村