haru
 
 アルコール依存症になるかならないかは、飲み始めてからの累積飲酒量と体質によって決まってるらしいのです。一升の日本酒を20年とか晩酌していても、何も問題がない単なる大酒飲みですんじゃう人もいれば、飲み始めてわずか半年でなってしまった若い女性もいたりと、かなり個人差はあるのですが、目安としては1日につき3合以上の日本酒を10~15年続けた場合の飲酒量と言われていますね。
 男性が圧倒的に多いように思われているけれど、実は女性の方がアルコールの影響を受けやすく、男性より短期間でアルコール依存症になります。
 いずれにせよ飲む人ならば、誰でもアルコール依存症の可能性はあるんです。 何で色々な問題が起こっているのに、たくさんのアルコールを飲んでしまうのか、飲む量を減らすことができないのでしょうかね
 それは長年の飲酒の累積効果で脳の神経細胞に変化が起こっていて、アルコールが身体に入ると脳の病的な飲酒欲求の回路が起動してしまうからなんですね、自分の意思を超えて脳が酒を要求するようになるのです。これがアルコール依存症の本質なんです。そこのあなたも要注意ですよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村