マルチーズ

 人間は家族・仲間、とくに夫婦間で楽しいことや嬉しいことが共有できないことよりも、辛いことが共有できないことにより苦しみを覚えるんだと思います。とくに健康や命に関わる人生でもとりわけ重要な課題において、そのことが共有できないというのは辛いことだと思います。
 アルコール依存症の本人と家族は、そのことで問題や課題がたくさんあって大変な悩みや精神的な落ち込み、最悪に状況になっている例などもあるそうです。幸いうちの相方は家では絶対にアルコールを飲まないし、飲んで帰ってきてもスゥ~っと静かに消えてくれる気遣いをしてくれて幸せです(笑)
 悩みありの家庭だって、少し一呼吸おいて見廻してみれば、もしかしたらそれぞれ家族が本人の望む形ではないかもしれないけれど、個々に心配していたり、見えないサポートしてくれているかもしれないということです。
 気が付かないだけなのかも?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村