fffff

 アルコール依存症になってしまう年齢とか、そこまでにいたる経過は人それぞれですね。でも、治療しないでほおっておくと、アルコールが原因の体の病気や、一般生活の中で社会的な問題を併発しながら長い時間をかけてゆっくりと進行していき死に至ることが多いわけですね。
 30歳ぐらいから予兆とか発症していて本人は自覚がない、30~40代はアルコールが原因の内臓疾患などで内科をよく訪れ、40歳半ばになって精神科に入院するようになる人が最も多いようである。僕は49歳の夏に久里浜病院に入院しました(笑)
 長期にわたる問題飲酒で、健康をそこない家庭を壊し、仕事をなくし金もない。持っていたものはすべてなくして死んでいく。怖いよね。
 でも断酒を続けることによって、健康で楽しい生活を送ることは可能です。ぼくの場合、入院時の血液検査でγGTP2,000から今は25とかに下がってる、飲まなければ当然なんだけど逆に脂質系の数値が上がっていて、そっちを注意するように指導されてるんだ。
 身長168cmで体重70kgは少し切ってるのだけれど(BMI24.8)、それは酷暑のため体重減だろうな~。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村