lllll

 飲酒のコントロール障害は、さいしょは、飲む量のコントロールができない、飲む時間のコントロールができないな等々、様々な形で現れてきて、だんだんとぉでも確実に連続飲酒という形に変化していきます。連続飲酒とは、常に一定濃度のアルコールを体の中に維持しておくために、数時間おきに一定量以上のアルコールを飲み続ける状態です。ほぼすべてのアルコール依存症の患者がこの症状を示し、日本ではアルコール依存症の重要な診断根拠とされています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック