neko

 江戸時代のご隠居の道楽は、1に園芸、2に魚釣り、3に研究とか創作だったそうな。 まぁっ、1と2は普通だけど究極の道楽は3の研究と創作だという。そんな究極の道楽を楽しんだ代表的な人の抜粋だけど、下記。
 歌川広重
火消屋敷の同心の長男。26歳で家督を養父の実子に譲って隠居。浮世絵の道に。
 平賀源内
高松藩士。26歳で家督を義弟に譲って隠居。江戸へ出て暴れる。
 井原西鶴
大阪町人の息子。33歳で剃髪、僧形で隠居。作家活動に。
 松尾芭蕉
町名主の秘書から36歳で隠居。芭蕉庵に入って五七五の世界へ。
 伊能忠敬
家督を長男に譲り、53歳で隠居。日本地図づくりの旅へ。
 みたいな感じで有名人がそろってるわけよ、で、こういうご隠居さんたちの道楽が、江戸時代の華麗な文化を生み出す一部になっているのだね。そう、てなわけでご隠居をナメちゃいけないのである。伊能忠敬なんて大好きだな、井上ひさしの小説「四千万歩の男」。
 団塊の世代が御隠居になった今こそ、経済大国日本なんて野暮なものには見切りをつけ、江戸時代の文化大国を復興しよう、そして芸術だけではなく、水戸黄門みたいに世直し日本、ご隠居力に期待されるところは大きいのだ。 
 まぁ僕はマダご隠居予備軍だと自分では思っているけれど、まだ何かわからない何かを創作して、夢の印税生活をすることが目標であり夢だな、直木賞かしら(笑) 5億円宝くじ当選ってのもあるしね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村