tuki

 アルコール依存症なんだなぁ~って、ミサの帰りに夜空を見上げたら、いつもの東京の夜空より星がたくさん輝いているように感じた、そして月が2個みえてる。
 晩ご飯に青豆の煮びたし食べたから1Q84の世界に迷い込んだのかしら(笑)

 アルコール依存症患者が長期間にわたって断酒に成功しているのは、アルコール外来に通院している人の半分以下で再びお酒を飲んでしまう人の方が多いのが現状だそうな。
 再飲酒の予防には、治療後の注意深いアフターケアが必要といわれているけれど、多くの人が十分なケアをしているような、していないような、久里浜のような専門病院などでの入院治療により依存症が一段落したとはいえ、アルコール依存症の人はもともと飲みたいという欲求が異常に強かったわけだから、1滴でも飲むとまた元に戻ってしまうケースが多くて、僕が久里浜に入院してた時も、2回目3回目など出戻り入院の人も何人かいたんだ、仲良しの誰かさんも2度目だったかな(笑)
 僕は外来通院でくりはまメンタルクリニックで宮川先生に毎月1回事情聴取を受けてますよ、これは業界用語で1本柱ということだよね。

 アメリカの調査結果によると、長期に断酒が成功した人は一般の人と死亡率は変わらないようだけれど、治療後再発してお酒を飲み続けると、死亡率は一般の人の約10倍高くなる。

 僕は早死にしたくないから、断酒は1日でも永くつずけたいと思ってる。たぶん僕は断酒をきっかけに1Q84年の世界で生活をしているみたいな気がしてる。

 だから首都高速3号線の三軒茶屋から池尻あたりにある非常用の鉄階段はまだ登らないことにしますね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村