tiyo
 今年もあと一週間でしめ。三年目の最終回NHK 「坂の上の雲」 のナレーション風に言えば、僕らは昭和から平成の同時代人として日本の方向性に違和感・不安感をいだいていたと思う、だけどシラケて傍観してる、何も叫ばない僕らが大多数だったのだろう。
 そこに大震災と原発事故が起こった。そして復興までには長い道のりが待っている。 311からの恐怖心と虚無感を皆で共有して、日本社会は確実に変わったと思う。それが日本人の「絆」という人もいるだろうし、「新しいシステム」という人もいるだろう。内側に向かうナショナリズムもあるかもしれないし、個人的な宗教的体験として自らの人生を考えた人も居るだろう。

 僕がどのように変わるのかまだまだ模索・考察のとちゅうだけれど、自分自身はいかに小さな存在なのかも感じた年だった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村このランキング登録したので必ずクリックしてね。右の外側にもボタンあるからね。