書き出しは、日本の近代警察をつくった川路利良がマルセイユからパリへ向かう列車で、トイレをがまん出来なくなってやむを得ず座席で日本の新聞紙の上に排便、それを包んで走行中の列車の窓から投げ捨てたところからはじまっている。

 維新後の岩倉使節団、川路利良のフランス体験から始まる。川路利良は初代の警視総監、外遊の体験から大久保の洋化政策に沿って近代警察の創設へ、相方が西郷の側近の桐野利秋。幕末は人斬り半次郎で知られて、士族・薩摩の同郷を中心に征韓論をもりあげる。

 NHK大河では幕末時代から始まって、大久保が鹿賀丈史、西郷が西田敏行、島津斉彬が加山雄三、桐野利秋が杉本哲太、川路利良が塩野谷正幸。

saigo 明治6年の征韓論から明治10年の西南戦争にいたる5年間を舞台とし、多数の人物のエピソードと緻密な考証で、明治維新直後の不安定な時代を描いてある。「坂の上の雲」に続き新聞に連載された作品で、司馬48歳から53歳まで4年9ヶ月に渡って書かれた最長編小説全10冊。西郷さんの事は詳しく考察してみたい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村 このランキング登録したので必ずクリックしてね。右の外側にもボタンあるからね。