だいぶ前にも書いたけど、宴会や飲み会には誘われて時々参加するのだ、宴会で酒抜きってのは、最初のころは慣れなかった、当然だよね、でも拷問って感じではなかったな、僕がアルコール依存症だって知ってる人は気遣ってくれたりして。

 知らない人からは「この人、下戸なんだ」という印象なんだろうなぁ。もしくは「肝臓痛めてるのかな」って。 そういう立ち位置、自分的には新鮮ではあるけど、ちょっと複雑。そして「飲めない」ことをどこかで恥ずかしく思ってしまう。本当は大酒飲みなんです、とか言い訳したくなってしまう自分がいたりして。でも、みんなが飲んでるハイボールとかワインとか全然うらやましくない。カラダが拒否してるとは言わないけれど(笑) やせがまんかい。

 そんな中での新しい発見は「飲まなくても酔える」という下戸の人の感覚を体感できたこと。下戸の人で、「宴席で飲まないけど、酔った感じになる」って聞いたことがあるけれど、それについては懐疑的だったんだよね。でもホントーに酔えるだね(笑) なんか雰囲気に引きずられて、ちょっと酔った気分になる。ふわーっとした気分になる。それがおもろかった。なんとなく滑舌まで悪くなるんだよ。ろれつが怪しくなる、んなわけないか。
 
 もしかして、下戸と違ってもともとは大酒飲みな僕は、酒を飲んできた長~い経験から、脳味噌に「酒を飲む席での自分の反応がすりこまれていて」を勝手に反応して、こういう席ではこうなるもの、とアルコールなしでも勝手に命令を出すのではないかな。動きが緩慢になり、足元もちょっとだけフラフラしてた、かも。

 ということで、炭酸水だけで飲み会をこなし、車を運転して帰れるし、夜帰ってからも書き物や読書もできるし、翌朝も二日酔いには絶対にならないし。意外といいかもね。いいんです<ゼッタイに。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 今月から、このランキング登録したのだ、必ずクリックしてね。右の外側にもボタンあるからね。