僕ら凡人ってのは、かなり限られた「心のキャパ」しかないんじゃないかってことなんだけれど。 ちょっと忙しかったり、日々のいろんな雑事のカオスのなかでいろいろとあると、次から次へと起こることに対応するために、悩み事や考え事ができない状態になる。つまり、人の心のキャパっていうのは、人それぞれで、溢れ出ない範囲で限られているんだろうな、って今日ふと思った。

 生きるって云う事は、楽しいことと同じくらい、ツライ事もあるし、日々の生活の中で何を感じて、何を想いながら生きるのかって考察する事が、なんだか好きなんだな。

 時の流れのなかで、感激したり、感心したり、怒ったり、笑ったり、でも休日の朝にふとんの中で何も考えずに、ぼ~っとまったりしているのが、幸せだったりしてね、自分のキャパを超えて頑張っても、このまま突っ走ったら危ないな、消耗しちゃいそうだな、壊れちゃうなって感じながら、ふとんの中で自分の脳の空洞の感触を探ったり、感じたりして(笑)、カフカ。

tumblr