「ハイボール」の語源には諸説ありますが、よく知られているのがゴルフの「ハイボール」説。ゴルフ場で英国紳士が当時はまだ珍しかったウイスキーのソーダ割りを試したときのこと。飲んでみるとそれは美味。そこへよほど高い球を打ったのかボールが飛び込んできたのをみて、感動した紳士は「これがハイボールだ!」と言ったとか。

 ここ数年、音楽の大賞とかで選考委員が頭を痛めているという。選考以前に、該当者を選ぶ段階で苦労しているのだとか。

 たしかに、最近でもいい曲はあるのだけれど、少ないというか、曲の寿命が短いような、短命な感じなんだな。僕が子供のころは、歌謡ベストテンとかポップスベストテンが毎週テレビやラジオでやっていて。その影響があってかよくいろいろな曲を耳にした。

2011y06m07d_121407855 そして、ここ数年で心に残った曲は?と聞かれても答えに苦労すんだな。これは洋楽でも邦楽でもだ。加齢のせいかな(笑)、テレビのCMでも流れている曲は気付くと20年も30年も前の名曲であることが多い。ビリージョエルとかオリビアニュートンジョンとか。なんでこうなってしまったのだろう。美空ひばりやシナトラだったりもする。

 回顧趣味、トリハイのCM、TVで流してる<弩、 ういすき~は禁止です。