日本の政治に対するどんより感が広がっている昨日今日ですが、それでも日本は素晴らしい!というお話。2011年の「世界平和度指数」が発表され、2年連続で日本は3位に入ったのです。これは本当にすごいこと。

 1位、2位も素晴らしい国である。でも、日本に比べると先進度合いが違いすぎる。これだけ経済が発達していて、人口一億越えていて、しかも国際的にも一応重要な位置にいながらにして「世界で3番目に平和な国」って、実質的に「世界でもっとも進んでいて、かつ、もっとも平和で安全な国である」と言い切ってもいいのだと思う。

 日本は素晴らしいのだ!ということを再認識できるはず。世界中からうらやましがられている国なのだ。

 経済的にも世界トップクラスで、教育水準も高い、文盲率が圧倒的に低い。独自の文化を持ち、美しい自然に恵まれ、気候も温暖。水や農産物にも恵まれ、世界トップクラスに食事がおいしい。娯楽に溢れ、清潔で、公共交通機関は圧倒的に正確に走り、下水も上水も完備。公共心が高く、勤勉で忍耐強く、女性は美しい。ウォシュレットも普及していてトイレが快適(笑)

 GPI Map で順位 は見てもらうとして、その中で日本は堂々の3位キープ。すごいなぁ。東アジアにおいてはもうダントツのトップ。

 まぁこの指数には天災は加味されていない。また、原発問題がどう取り扱われるかが微妙なので、来年は順位を下げるかもしれない。でも、それにしても、本当にすばらしいことだ。

1. アイスランド
2. ニュージーランド
3. 日本
4. デンマーク
5. チェコ
6. オーストリア
7. フィンランド
8. カナダ
9. ノルウェー
10. スロヴェニア

15. ドイツ
16. スイス
18. オーストラリア
26. イギリス
27. 台湾
28. スペイン
36. フランス
45. イタリア

50. 韓国
73. エジプト
74. ブラジル
80. 中国
82. アメリカ

107. タイ
118. 南アフリカ
119. イラン
121. メキシコ
135. インド
145. イスラエル
147. ロシア
149. 北朝鮮
150. アフガニスタン
151. スーダン
152. イラク
153. ソマリア

7位のフィンランドは福祉とか保険とか素晴らしいと言われているけれど、日本より少し小さい面積の国土に520万人しかいないんだって。 日本は1億3千万人、東京都だけで1300万人、北海道550万人。