乳児にペットボトルの水を与えたとしても、親がその脇でタバコをふかし受動喫煙の状態にあるならどっちが危険かということなんだろうな。

 まぁ、いろいろな説、ご意見があるんだろうけどね~、そんでこのYouTube、JR東海のCMはいいね、ユーミンだし。京都に修行にいっていた時期があって、遠距離恋愛らしき経験があるのだけれど、日曜日の新大阪行き最終列車の光がまぶしくって泣けたんだな。

 1993年当時、携帯を持っていたのは社長かヤクザくらいのもので、携帯メールなどもなかった時代だ。最後の挨拶を交わすと後は電車の扉に遮られ、窓から顔は見えるけれど、もう声は聞こえない。次回までさようならだ。

 そういう不便さが、実はよかったのかもしれない。いつでも電話できる、メールできるという便利さの裏で忘れ去られてしまったものは、がまん、憧れ、みんな自分の未来の光をまぶしく夢みたものだ。いまは恵まれ過ぎたことから生じる空虚感があるのではないだろうか。

 この震災で、そんなこんなを考えてもいいのかも。