アルコール依存症日記 2009久里浜の夏から

久里浜アルコール症センター 東6病棟492期 Shall we 断酒

2017年02月

maru

 ア症ということになればカラダだけではなくココロも病んでくるんです、よく観察していれば、言葉や行動など健康なところと病気の部分とがみてとれます。
 酒をやめて立ち直り、人に迷惑をかけず自立した生活を送りたいというところは健康な心といってよいと思います。一方、絶望感からくるヤケ的な気持ち、他人に対する攻撃、劣等感の裏返しから誇大的な言動、飲酒の正当化、開き直り、飲酒問題の否認などは病気の心から出てくるものです。
 その辺を区別しないと病気が言わせている言葉に惑わされたりして、二重人格ではないかと思ったりすることもあります。
 健康な部分と、病的なところをはっきり区別して対処できるようになると今まで分けが分からない思っていたことが、はっきりしてくるのではないでしょうか。アル依の知識がなければ、飲むのは悪いこと、飲まないのがいいこと的な感覚で飲まないように、飲ませないようにと一生懸命になるのが普通です。
 ア症のことを何も知らないで飲んでいる人は実に多いと思います、まぁ普通はそうですけど。飲酒に関して問題が起きても、今度は気をつけようと思うのですが、たいていは同じことを繰り返してしまいます。病気のために飲酒をコントロールできなくなったことに気づかないわけですから、断酒しようとは思いません。飲み過ぎないようにしようとしても出来るわけがないんです、的な。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

neko

 嬉しい言葉を絶妙なタイミングでかけてくれる人っていますよね。どうして心の中わかるんだろうってとても不思議だけど、ひとつ言えることはそれだけ見守ってくれてるってことかな。
 辛いときや、悲しい気持ちのとき、そんな感じでそばにいてくれたら、そんな人がいたら幸せやね。肩に背負った人生の重たい塊、心の中に溜め込んだネガティブな荷物。誰だって降ろしたいですよね。
 基本的にはアルコール依存症の治療を専門で行っている医療機関でないと治療は困難であると思ってください。自分がアルコール依存症であることを当然のように認めません。
 ほどほどにたしなむで終わることができない状態がアルコール依存です、回復するには酒を断つしかありません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

wacho

 お酒を飲んでいた頃は、酔いを通して世間をみていたようで、性格はネジレテいて、視界はボヤケテかすんだりしていましたね、今にして思えば酒はその人の視覚や思考を歪ませるのだと改めて思います。断酒してから段々と視界が開けてきます、たとえば花や景色を見てきれいだと感じ、色々なことに気付きを感じてそんな自分に驚くことの積み重ねだったように思います。久里浜病院に入院した後に出会った仲間や助けてくれた方々との出会いが無ければ、今の自分はなかったのだと思います。
 病気と認めたあのときの自分自身にも感謝ですね。飲んでいたときも、やめてからも、病気に助けられてここまできた部分があったと改めて思い返しています。 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

od

 酒の虜になってしまいました。そこから脱却できなくて暗いトンネルの中で悩んでいる人はたくさんいるのでしょうね。
 苦しいのは、進んでいる道が本当にトンネルの出口に向かっているのかという不安感、もしかして入り口に逆戻りしているのではないかという恐怖感、ぐるぐると回っているだけなのかもしれません、最悪なのは歩みを止めること。
 進んでいる道の先にボンヤリと出口の薄明かりが見えてくれば、歩き続ける勇気がわいてくるのかも。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

haruki

 思考パターンや生き方のもとになる信条や思考というものはどんな人であっても環境とか人間関係の影響を受けていますね。
 ボクの生き方、行動のベースには不公平感とか劣等感がずっとあったように思います。自分の根底にある基本的な思考パターンに気づくことができるなら、もう少し健全で安心感のある思考に入れ替えることができるかも。
 そうしたら自分自身との向き合い方、周りの人との人間関係も変わるような、深い安心感が得られるのかもしれません。
 24(金)に発売する村上春樹の騎士団長殺し、盛り上がるのでしょうね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2002

 精神が崩壊しそうなほど辛くて自分が折れてしまいそうな時。SOSを出すことは大切なことですよね。でも、それってタイミングとかの見極めって難しいです。
 ここは頑張るのか、無理なのか。休息なのか、甘えなのか。あるいはどちらもあるのか。他者に非があるのか、自分に非があるのか。まぁそういうことをニュートラルに把握できない自分がもどかしいこともあります。
 自分の生き方に正解はないし、どう生きるかは人それぞれだけど。まあ、逃げてみたところで、行った先々でもれなく試練が待っていて、どこまでいっても自分の道は自分で切り拓いていくしかないんだなぁ~ということを過去の記憶からヒシヒシと思い起こすこの頃であります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

miffy

 このところ明るくなる時間が早くなり、やはり朝の光は有難いものですね。アルコールは依存性のある薬物、アルコールが原因で起こる様々な症状を知っていてもなかなか脱却することはできません。お酒は本来は人との会話を弾ませたり、楽しい気分にさせてくれるものですが、飲み方を間違えてしまうと一転して人生を狂わせてしまう魔の飲み物なのです。初めはほろ酔い気分で気持ち良くても、習慣化してしまうと倍の量、また倍の量と欲する量が増えてしまうのです。
 お酒が好きな人がみんなアルコール依存症になるかわけではないけれど、お酒に強いからといって飲酒が習慣化しア予備軍となってはいませんか。
 その始まりは緩やかで気が付きにくいもので、飲酒から脱却できず、いつのまにか1日の生活の中心がアルコールの摂取となっています。今のところ断酒をすることしか治療法がありません、家族など周囲の協力を受けながらの治療が必要となります。自分の周りに誰も居なくなったらお終いですから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

db

 日本人の寿命は戦後だんだんと延び続けてきて、平均寿命は女性87歳、男性80歳位ですね。この先70歳まで動けて仕事が出来るとして、自分にはあと20年と少ししかないんだ思うとチョイト焦りますねぇ~。
 取りあえず断酒することが出来ていて、家族がいて、気の置けない友人がいて、ゴルフが出来ているから、今のところは悪くない人生だと神様に感謝。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

kuro

 些細なことに悩み心配してしまう人や、いろいろなことが気になってしまう人は注意したほうがいいかもしれません。もちろん心配したり気にしたりしているだけでアルコール依存にはなりません、でもそういった気の悩みを忘れるために酒に手を出すことが考えられます。
 そして、酒を飲んでもその心配事がなくなるわけではないので、繰り返し飲むようになってしまいます。いきづまった時に気分転換で飲むくらいならともかく、現実逃避や憂さ晴らしのために酒の力を借りるのは控えたようがよいようです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

pin

 禁酒や断酒、節酒を意識する理由は人それぞれでしょうが、お酒を飲むことをやめる状態が辛いという時点で、ある程度アルコールへの依存が形成されつつあると思います。
 例えば休肝日などの努力をしている時点で、自分はアルコールに依存しているのではないかという疑問を持つべきだったのです。
 ボクもふくめて普通はそこにきづけないのです、アルコール依存症に対する知識が無いですからね、自分が依存症になるなんて思いもよらないし。もう少し早く気づいていれば、違う人生が待っていたのかもしれません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

syouwa

 ガンなら病院で治療を受ければ緩解する時代ですが、アルコール依存症の場合には自らが回復する行動に向かうことが必要です、まだ本当の治療薬はありません。
 ガンは絶対に治すべき病気だと、ほとんどの人が考えていると思います。アルコール依存症は本人の病識が薄いことに加えて社会的にも知られていません。一度発症したら回復はないと言うことが、ほとんど知られていませんよね。
 まだ生きていたいのなら、断酒以外の方法がないということなんです。
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

line

 人の内面から行動に駆り立てる力が欲求ですね、あれをしたい、これが欲しいという気持ちであります。同時に湧いてくるいくつかの欲求を整理して、その場にふさわしいものだけを行動に移す働きが意志。危険な欲求は我慢し、実現した方がよいと思われる欲求を行動に移すのが普通のひと、心が健康ということですね。
 アルコール依存症は飲酒欲求が極端に強くなります。それは病的飲酒欲求とか渇望とかいわれ、正常の意志の力では飲まないでいることはできません。意志薄弱というわけではありません。アルコール依存症者の飲酒欲求は病的なものであり、正しい治療を受けないかぎり、自分一人の力でコントロールすることは出来ません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

oh

 たまに過去を振り返ってみると、随分と無駄な人生を過ごしてきたなぁと思うとこがある。起きている間は酒を飲むことが大前提でした。酒に囚われてしまうと、酩酊した自分自身から外に出ることができませんでした、その狭くて酒以外に何もない世界の中だけが自分の生活になっていました。どこへも行かずに、ひたすら自分のテリトリーの中で飲んだくれているだけでしたから。
 さすがにもう、そこには戻りたくはありません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

M

 こうでなければならないとか、100点をとらねばならないみたいな思いが強すぎると、たとえ70点でも不満が残ってしまったり、自分を追い込む原因になってしまいうようです。70点でもとりあえずはOKよ、まずはよかったねぇ、みたいに思えるような思考に切り替えましょう、できれば。アルコール依存症の克服には、完全主義を捨て去りましょう。
 敵か味方かと問うても、実際には敵でも味方でもなく、答えに窮してしまうし、そんなことに白黒つけようとしても、しんどくなるだけとのことです。世の中にはグレーゾーンがたくさんあるし、価値観の分だけ正解がありますからね。
 世の中そんなにうまくいくとは限らない、安易なストーリーを自分にイメージしていてつまずいてしまうと、スリップしやすいそうです。うまくいかないかもしれないけれど、まずはやってみて、何かあったらまた考えて、修正しようというくらいの気分がちょうどいいのかも。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

keigo

 酒のない人生なんて何の楽しみもない、発症当時はそう思っていました。断酒を始めた初期から数年は頭の片隅にそんな思考があるように感じていましたね。
 でも最近では、断酒していることを忘れてしまって、気がついたら飲んでいないと言うか、酒のない生活が当たり前のことになっている。でもTVドラマの中で感じよく酒を飲んでいるシーンの時、ちょいと頭の中でチーンと小さな音がして、酒の香りや気配を連想することが時々あるんですよねぇ。まぁ気のせいなのか、心の迷いなのかわかりませんが。
 アルコール依存症は寛解すれど完治せず、不治の病です。生きている限り治療は続きます。治療とはすなわち断酒ですよ。死ぬまで治らないのだから、死ぬまでにはお酒を飲んでみたいと思うのは、ごくごく自然なことだとおもいます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

toy

 お酒、アルコールという物質は、たばこのニコチンと同じように依存性があり、毒性もあります。カラダが求めるままに飲んでいると、量がだんだんと増えていき、やがていつも手の届くところにお酒がないと落ち着かなくなります。また、飲むために理由や言い訳を考えるようになります。
 お酒がきれると、いらいらしたり手足や全身がふるえたりという症状も出ますが、飲めば抑えられるので、さらに飲むようになります。最後には一日中飲みつづけずにはいられなくなり、そのまま復活出来ずに死んでしまうことだってあるんです。
 治癒したかったら断酒しかありません、それも一生続ける必要があります。症状がおさまったとしても、再び口にすると、またやめられなくなってしまうからですね、これがアルコール依存症の怖いところです。
 どこからがアルコール依存症という線引きは難しいですが、お酒が強くなったと感じたときは要注意です。晩酌や寝酒の習慣がある人は、以前と比べて飲酒量が増えていないか、ときどきふりかえってみるといいですよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

meg

 WOWOWを録画しておいた、メグライアン主演の男が女を愛する時、やっと観ました。終わった後には感動的な後味が残りました、。アルコール依存症によって崩壊寸前まで追い込まれた夫婦がぶつかり合いながらもお互いの存在を再確認していくラブストーリーであり、アルコール依存症の進行、家族の葛藤が描かれています。
 アメリカの自助グループや更生施設がでてきます、ちょっと古い年代だけど。そして強烈な飲酒欲求や自分もかつては酒瓶を色々なところに隠しておいた事実を思いだしました。アルコール依存の苦しみと再生のお話ですね。まぁ、メグライアンのファンとしても見ておきたいラブストーリーでもあります、数々のラブロマンス映画でヒロインを務めた彼女、この頃は輝いていましたね、うちの相方と同年代ですからね(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

kurihama

 久里浜のようなアルコール科がある精神病院に約3ヶ月の入院をすると、カリキュラムで酒害についての勉強プログラムがあります。そのカリキュラムの中身、酒害の判例や画像にあるものは紛れもない入院中ボクらと等身大なんです。
 このまま飲み続ければ、こうなりますよ的な気持ちで捉えないと取返しがつかなくなる。飲み続ければ死んでしまいますよ、でもその前にもっと悲惨な状態を経験することになりますよ。まぁ脅されているわけでもないでしょうが、本当に不安になります。
 入院中は他にも、色々なカリキュラムというか治療とも言える行動が日課としてあるのだけれど、ひとりで考える時間が一番多いのです。自分に断酒は出来るのか自問自答するのですね、自分の行動が変わるまで何度でも。そして断酒に対しての決意を表明して退院するのが良いのでしょうが、気持ちが定まらないままに外に出てしまう場合が多いのでしょう、退院した足で駅のコンビニで飲んでしまう方々がいるようにねぇ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

leman

 断酒して以来、だいたい自分自身でコントロールできていると思っています。健康とか精神は自分の努力で何とかなっているようですし、家族に愛され、サポートしてくれる友人もいます。まぁ普通に生きているその辺の中年という感じですかねぇ。
 淡々と1週間が過ぎ、1ヵ月が過ぎ、ふと気がつけば1年が過ぎというところです。加齢に比例して、時間の流れは早くなっているように感じます。
 時間感覚は一定ではなく、脳が処理する情報量によるようです。情報が多ければ多いほど、それを理解するのにより多くの時間が必要です。そのため、新しい発見にたくさん出合う若い時代は、時間の経過が遅く感じられたようですね。
 つまり、大人になり世界が見慣れたものになることで、脳が取り込む情報量も少なくなり、時間の経過が早く感じられるのだということです。思い返してみれば、子どもの頃にみていた世界には、今以上に驚きと発見があふれていたような気がします。たとえば散歩したとして、道端に咲く草花から新しい季節の訪れを感じたり、空を見上げ雲の流れを観察してみたり色々なものが新鮮にみえたものですよね。今では当たり前だと思い、気にも留めないようなことにワクワクしたでしょ。
 今の自分と比べると悲しくなってきますが、じつは自力で時の流れを遅くするため方法はあるんです。新しい知識をつけたり、新しい興味を発見する、新たな刺激を受けるということが、鍵となっているようです。最近やけに時間が経つのが早いと思っていたボクも、振り返ってみると、新しい刺激を受ける機会が少なかったのかもしれませんね。
 いろいろなことをやった時間は「長かった」ように感じられるし、たいしたことをしなかった時間は「短かった」と感じられる。歳を重ねるごとに時間は加速していくのだから、時を無駄にしてはいけない。充実した1日1日を生きなければ後悔する。こんな感じですかね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

GT

 酒に強いと言われる人は、アセトアルデヒドを分解する酵素の働きが正常で、分解がスムーズなので、飲んでも顔に出ないのです。
 反対に弱いと言われる人は、酵素の働きが弱い、もしくは全く働かない人。アセトアルデヒドが長時間体内に留まり、顔が赤くなるのです。つまり、顔色が変わらない人は、たくさん飲んでも体調に異変がないため、気づかないうちに大量のアルコールを摂取してしまうことになり、かえって依存症になる危険性大なのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ