アルコール依存症日記 2009久里浜の夏から

久里浜アルコール症センター 東6病棟492期 Shall we 断酒

2013年02月

2013y02m28d_143911470

 冬の終わりと春の始まりのはざまにあり、2月という月は、なんとなく存在が希薄なような気がする、いままで僕の人生の基本は物を売ることだったから、2月と8月は二八(にっぱち)... 景気が悪くなるというコトワザというかヒマでこころも寒い時期という2月。いわゆる、アイドリング状態で過ごしているよう感覚かいしら。
 そういうわけで3月からは、いよいよ本格稼働開始かな。そして、口をついて出る言葉は、さあ~、よりもやはり僕の場合はドッコイショだな。
 軽やかな歩みのスタートなのか、重たい腰を上げるのか。そう、暮らしを溢れる笑顔でいっぱいにするために。仕事を勇気ある挑戦で満たすために。あたらしく人生をより果敢に生きていくために。ドッコイショで3月に入ります(笑)
 日々の言葉使いや自分のオコナイを見直して、春からの新しい階段を一歩ずつ上って行くわたくし。はい、これは現在進行形にて、断酒も日々精進でドッコイショ。
 3月から平日に休めなくなるので、3年通った、くりはまメンタルクリニック・宮川朋大先生から、蒲田にあるタカハシクリニックへ紹介状を書いてもらいました、新しいクリニックは有名どころだけど行ってみないとマダわからんし、誰か知ってるアルコール依存症患者が来てるかもね。
 当たり前すぎるかもしれないけど、人生は気の持ちようでいくらでも変わる。それを定期的に再確認しあうために家族や 友達がいる、こころの中を相談する相手、大丈夫。なんとかなる。もうすぐ春だ。Days diligence。
 タカハシクリニック誰がいる?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013y02m27d_134034844

 北京の大気汚染で、日本の空気清浄機が”すぐれもの”だと売れているとか。メーカーは増産してこの時とばかり売るようだけど、光化学スモッグの先輩、日本政府としては汚染浄化の方法を積極的に教えて大気汚染を根本から退治するよう申し入れるべきだと思う。
 日本にも飛んでくるようで、中でもPM2.5という超微粒子は殆どが硫酸塩で石炭やガソリンを燃やすと出るガスが空気中で酸化され硫酸塩になるそうだ。
 雪の結晶の核の中にこの悪玉が蔓延るらしいので、純白の雪も決してきれいではないと子供たちに教えなけばならなくなった。 これからは春の西風に乗っていつもなら黄砂が飛んでくる。今年はPM2.5も飛んでくるということになるのだ。
 日本人がはるか彼方から飛んでくる汚染物質を恐れているのに、当の中国では依然として粗悪なガソリンを売り続け、排気の改善も積極的には進んでいないというのが現実らしい。
 北京市民はよくあの汚い空気の中で我慢できる。 ”きれいな空気の缶詰”を1個85円で売る人がいたり、買う人がいたり、、、。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013y02m26d_085246619

 国境の長いトンネルを抜けると雪国だったというのは「雪国」の有名な冒頭だけど、「3・11の暗いトンネルを抜けるとどんな風景が現れるのか。
 質素だけど豊かな国の風景を期待しているのですが、どうもいままでとあまり変わらない光景になりそうな気がして。
 放射性物質に汚染された指定廃棄物をめぐって裏側では、税金の中抜きをしようと魑魅魍魎が啓蟄(けいちつ)で虫が這い出てくるように動き出してる。
 うん、ここは安倍晋三、自民党のふんばりどころですよ。既得権益の人達・訳のわからん金融ブローカー、平気でお国のお財布に手を突っ込んでくるやからは焼却処分だな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

kei 朝起きるときに、既に目が痒い。僕の場合は鼻水はすこし、とにかく目が痒い、風で涙汁がメガネに付着する、昨日のゴルフはアドレスで眼がぼやけてショートパットをなんかいも失敗。ついに花粉の季節の到来となったみたいだ。
 今年は、昨年の数倍の量の花粉に加えて、中国からの異常な量のPM2・5とやらが飛来していると言う。そのためか今年初めて花粉症になったという人の話をあちこちで聞く。

 怪我に泣かされず、途中棄権の不安もなく強い錦織圭が久々に帰って来た感じ。錦織圭が圧倒的な強さで3度目の優勝!というニュースはとっても嬉しい。メンフィスで行われていたアメリカ国際インドアテニス選手権で、1セットも落とさず優勝した。
 やはり、どんな大会でも世界で優賞するという経験はすばらしいものだと思う、今後のグランドスラムでの活躍を期待しながら、優勝おめでとうといいたい。怪我をしないのも実力の内、弱い部分を労りながらも強く鍛えて、ますます活躍して欲しいと応援します。
 ゴルフの石川 遼くんも去年2位にはいったプエルトリコオープンで、米ツアー初制覇なんてなったら、いいね!、そして堂々とマスターズで活躍してもらいたい。
 錦織圭、契約のユニクロはなんだか気に食わないな、ヨネックッスあたりでどうよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ma アルコール依存症、何年断酒を継続していても一度飲酒をしたとたんにいきなり慢性症状が出現するということ、よく大学新入生が一気飲みでなる急性アルコール中毒とはぜんぜん違う。
 これを履歴現象というらしいけれど、この現象こそがアルコール身体依存の特殊性を物語るもので、実験的には30年は消えないといわれているそうな、残念ながら。
 実はアルコール依存症の発症は50歳がピークとされていて、仮に50歳でアルコール身体依存が形成されて依存症を発症したとすれば、この履歴現象のために、80歳までの間はいつ再飲酒してもすぐに飲みっぱなしになってしまうということなんだな。「アルコール依存症は治癒しない」といわれる所以はそこにある。残念ながら、いったんアルコール依存症に陥ると、もう普通の酒飲みには戻れないのである。
 アルコール依存症の人なら、大なり小なり誰もがこの履歴現象を経験していると思うわけ。一杯飲んでしまえばまた同じつらさが待っていることは体で理解しているのである。世界中どこの国にも「断酒の誓い」というものがあるけれど、必ず、われわれは酒の魔力にとらわれ、というフレーズが入っている。ことほどさように断酒は困難で、その難しさや辛さは、飲酒しない人や正常飲酒者には到底理解できないのである。
 だれにどう思われようが、僕らは飲まない1日を30年積み重ねていくしかない、そしてその頃にはアルコール依存症も完治する医療がなにか開発されているハズ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013y02m23d_191409998 アメリカ南部とかの田舎っぺの外人はSONYが日本の会社だってことを知らない人達がたくさんいるらしい。30年以上まえの昔はラジカセからカセットウォークマンとかカッコ良くてお世話になったのだけれど。そしてwin95時代のノートPCだってカッコよかった。
 ソニーってデザインが古くなっているのを気付いてないところがあるように思える。ソニーのブランド力もデザインの格好良さから来ていた。もちろんソニーらしい進取の製品力も必要なんどろうけど、もう一度消費者が憧れの目で見るような真新しいソニーデザインが復活できたらわりと業績も戻るのではないかしら、いまのデザイン、ホントどれも古臭くて格好悪いもん。
 アップルや日産やサムソンやLGが伸びているのもデザインが格好良いからだったりするんだよね。若者が飛びつく最大の動機はデザイン性なのだ。デザイナーに高い報酬払って優遇していちから見直すべきなのだ。デザインが何かを変える時代なんだよ、機能はあとからついてくるという感じかしら。カリスマが亡くなってアップルはどうなるか興味しんしんだな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013y02m22d_134338557

 鉄腕アトム、ASTRO BOY、昭和38年~フジテレビ系で日本で初めての国産テレビアニメとして放送された、昭和34年生まれの僕はジャストミート。鉄腕アトム、エイトマン、巨人の星で育ったのだ。

 日本原電が再稼働の見通しがたたなくて資金ねん出、借入金返済のためにウランを売却した。このニュースでは、どこへどれだけ売ったかは明らかにされてない。
 「日本原電は敦賀原発1、2号機(福井県敦賀市)、東海第2原発(茨城県東海村)の計3基の原発を保有するが、いずれも再稼働の見通しが立っていない。経営の不透明さが増す中、売却で得た資金は4月に支払期限を迎える銀行からの借金の返済資金を確保するため、当面使う予定がないウランの一部を手放す方向となったとみられる」 J-CASTニュース2013/2/21 13:13
 なんの知識のないシロウトは日本電原がウランをどこから買っていたのかも知らず、価格も知らず、どこへ売却したのかも見当さえつかない。
 電気料金や国からの資金も受けて購入した「危険物」を、「売りました」だけでは済まないのではないだろうか。 東電も考慮中ということだから、企業としての透明性が望まれる問題だと思う。
 やはり国の財政、会社、企業は透明性が大事、最終的にはズルは破滅、公明正大、こっそりズルして(笑)、払うものは払う、正直じゃないと生き残れないのでは。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013y02m21d_180314609

 久里浜病院の東6病棟、外泊訓練ってのがあって、病院へ戻って来ると全員が受ける荷物検査。そして、時間に遅れたり様子がおかしい者が受けることになるアルコール呼気検査。ベテランの看護師さんのきびしい眼はごまかせないのに、ジタバタする奴が多かったし、鍵のかかる独房、通称ガッチャン部屋に48時間拘束されるお約束、2回目も飲んでくると強制退院させられる、生活保護で入院している人なんか行くとこなくて路頭に迷うのが本当にいたし、バカでこりない面々なのだ(笑)

 南アフリカの義足選手のピストリウスさん、名前のようにピストル使ってしまったようだけど、殺人か否かでもめている。美人の恋人と同じ部屋で寝ていて強盗と間違えた?かなり苦しい弁明だと思うけどね、それよりも部屋からは筋肉増強剤のステロイドが見つかったとか。こっちもヤバいドーピング違反でしょ。何れにしても選手生命が絶たれたように思う。終わりだよね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013y02m20d_151902719

 神田の藪蕎麦が炎上。人生もネンスウを積み重ねてくると、自分が正しいと思うことに(妙)な自信を持ち始めるんだな、そして妥協せず頑固にそこに固執しだすからね、その(妙)な自信や(妙)な頑固。うん、その(妙)を常に疑う気持ちをキープしないとないけないな、とか行きすぎた(日本的生真面目)は(妙)なことかもしれないのだ、とか、いろいろ思ったりしてる。うんっ、頑固な蕎麦やと言いたいのか(笑)
 「かんだやぶそば」「並木藪蕎麦」「池之端藪蕎麦」が藪蕎麦御三家とされてる。死ぬ前に一度、つゆをたっぷりつけて蕎麦を食べたかったって小話や落語で江戸っ子のやせ我慢、辛めのつゆをちょっとだけ浸けてすするのが伝統なんだ。
 ここんところ自分と合わない意見、考え方、生き方、宗教とかに過敏に反応する人達、自分が正しいと信じることを過激に、もしくは遠まわしに主張する人が一般に増えた気がしてる。
 この許容量の狭さ、そして相手をやりこめてやろうとする情熱みたいなものがあまりにいきすぎている場合は感心すらするんだけれど、政治とか経済、復興、原発、宗教なんかの事で炎上してたりするんだよね。
 僕自身の蕎麦は、永坂更科と赤坂砂場が食べなれていて気楽に入れるな、もりがバーコードでお値段も高いけど。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

2013y02m19d_125318263

 小学生の頃、春休みは年度かわりで宿題がなくて嬉しかったな、こども達は受験もおわってもうすぐ春休み。幼なじみの進ちゃんと蔵王とか八方とかにスキー教室の合宿に行くのが楽しみだった、今思えば、家の商売が超いそがしくて子供がうろちょろしてると邪魔なので厄介払いされていたんだな。
 ボクが通ったのは自民党本部のまえの永田町小学校。いまでいえば超セレブの子弟が越境で通ってきていて、今の外務大臣とかもいた、親が国会議員とか医者、一流会社の創業者一族とか財閥系、あと金貸しとか(笑) 超お金持ち~中の上クラスの子供が多かった。当時は日比谷高校から東大に進学するコースなんだけれど、僕は落ちこぼれたのだ、、、。
 それでも子供は親の職業なんか関係なく、夏休みは勉強どころではなくつるんで遊びまくって宿題なんかやってこないわけだし、やっつけ仕事で適当だったりしてよく怒られて、体罰とかも愛のムチもあったな。
 宿題やってこなかった恥ずかしいもの同士がなんとなく教室の後ろの方に集まってふざけあっていた。まぁ、それぞれ自分が一番ダメなのをわかりつつ、ああやってつるむとなんか安心する感じだったんだな~。
 早く大人になりたいと思っていたあの頃。大人になりさえすればだらしない自分とかずるい自分とかと自然におさらば出来て、いつの間にかキチンと成長してリッパな大人になると思っていた。
 そして、自然と成長するなんてことはないのだ、ってわかるまでそれから30年近くかかるのだけど。途中でアルコールに逃げてた期間もあるしね、はい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013y02m18d_165123165

 依存症を自分で自覚し、本格的に治療していく過程のなかで「底つき」というのを体験するらしい。つまり全てを失い、これ以上失うものがないどん底の状態。
 最低、最悪の状態にまで到達して、はじめて、ん?。こりゃ、まずいと気付く。病気であるという自覚が生まれて何とかしないと、治療意欲が出て来る。これを、「底つき」と言うのだ。
 アルコール、薬物、パチンコとかギャンブル、買い物など依存症ってのはたくさんあるもの。
 例えば、アルコール依存症患者の場合、むりやり家族に病院に連れてこられても、「別に、病気じゃない」「別に、困っていない」「別に、そんなにお酒は飲んでいない」「別に、治療する必要もない」、別に~攻撃現状で治療を拒否し、徹底的に先送りしようとする場合が多い。
 もっと早く気づいて治療すれば、どん底状態にまで落ちなくてもいのに、、、、とあとで思うわけなんだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

pan

 今朝は日射しが眩しい。 大気は冷たいけれど、なんとなく浮き浮きして春が近いことを感じる。
 富士山の噴火とか地震に繋がる報道はかなり以前からあったけれど、まさか、箱根山である。1月15日からひと月に1300回の地震が観測されたというニュースには少しおどろいた。 
 箱根が最後に噴火したのは、約3,000年前で、大涌谷や芦ノ湖ができたのがこの時だといわれてる。山あり、谷あり、湖あり、温泉もふんだんにあるし、四季折々いつ訪れても素晴らしい箱根。この大好きな箱根に異変が起きているろしいのだ。箱根から見る素晴らしい富士山もこうなると連動しているのだろうか。
 景気の良い20年くらい前まで、宮城野に鉄筋で建てた4~5人で温泉に入れるお風呂もある別荘を実家でもってて、子供のころから毎年いってて箱根にはなじみがある、プールやテニスコート、芦ノ湖カントリーのメンバーでゴルフもよく行ったし。良き時代もあった、、、しみじみ。

 宇宙からは隕石の落下、地球上では各地の地震や洪水、異常気象などなんかいやな雰囲気で心配だけれど、僕らがジタバタしてもしょうがないので、地球が良い方向に浄化されていくのだと思うことにしよっと。

 飲酒欲求も噴火の兆候はありません(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

karasu

 オリンピックの競技からレスリングが外されたという話。まさかレスリングがあのテコンドーとか近代5種の代わりに外されるとは思っていなかっただろうけれど、オリンピックを取り仕切っているIOCという団体のうさんくささから関係者はそういう事も予想していたらしい。そして、「ロビー活動」という名の「贈収賄活動」の実態も。
 日本人はどうしても正しいものが勝つとか、人に後ろ指さされるような事をしていなければ、真実はやがて明らかになるという考えになりがちだけど、世界の常識はとてもそんなものではないということ。残念ながら良識や理念.理想などというものは、普遍の真理に基づいた世界共通の認識ではない、というのが現実なんだと。
 そんな流れが、このレシリングのさわぎで明らかになっちゃった。IOCの委員の一人が言っていた、「もっと我々に活動しなくては、難しい」なんて言葉は、つまり「票が欲しければもっと金を出せ」と言う意味だろうね。
 今の世界は、「声のでかいものが勝つ」「裏金をより多く出すものが勝つ」という世界なのかしら。どこかの国のように嘘も百回言えば本当になるなんて考えの方が世界に認められてしまうのだ。
 僕のかよっていた永田町小学校、二つ上の姉の同級生がアベ内閣で外務大臣になってるキシダ君、中国、韓国、北朝鮮。外交ベタといわれるNIPPON、やられないようにガンバッテ~。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

sirokuma

 ロシアに落ちた隕石はすごかった、やはりスマホが普及していて動画を撮影した人が多かったのが印象的かな。それから、グアムとかサイパンというのは、日本んから近くてのんびりした田舎だから人気なのでしょうね。そんな田舎でも今回のように狂った人がいてテロのようなことをされたらひとたまりも無い。残念ながら有効な再発防止策はないようだし。
 結局は事件が起こったら一刻も早く犯人を捕まえるか、殺すしかないんだね、残念ながら。説得なんてまず無理だし。
 そこで思い出すのがアルジェリアの人質事件。アルジェリア政府の素早い対応に「遺憾だ」と言った日本政府は未だにそれを撤回してないし。残念なことです。 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ryum55

 七十に もどりたいな という九十、、、ほかのブログで見つけた川柳、新聞の投稿欄にでてたらしい。
 人生っちゅうのは、いまこの瞬間が最高齢ではあるけれど、実は最若年でもあるわけですね、忘れがち。
 残りの人生で一番若いいまこの時、これからの人生で一番若々しく元気な僕なんですね。
 これからの人生で一番お肌つるつるなわたくし(笑) これからの人生で一番髪の毛がおおくて、濃いグレーで留まっている私。うれしいね~。

 巣鴨の老人ホームに入居してる、マイダディーは僕とそっくりさん、まっ白だけどフサフサの髪の毛、そして今はかなり細身の体型、だから僕は人生で一番太ってる時期でもあるんです、はい。
 69.95kg

 『55歳からのハローライフ』 村上龍
 5つの中篇小説では、そうした50代の心情がつぶさに描かれる。「結婚相談所」では、58歳で離婚した女性が結婚相談所を訪れ、様々な男性との出会いと失望を経験する。「空を飛ぶ夢をもう一度」では、リストラされて経済的に困窮する54歳の男性が、交通誘導員のバイト先でうらぶれてしまった中学生の頃の友人に再会する。「キャンピングカー」では、早期退職をして妻と2人で日本全国を旅して暮らそうと考えていた58歳の男性が、妻がそれを望んでいないことを知り、第二の人生として再就職を考えはじめる。そのほか愛犬との別れを描いた「ペットロス」や、トラックドライバーだった62歳男性の老いらくの恋を描いた「トラベルヘルパー」など、いずれも切実な状況と不安的な心の有り様が描かれ、50代でなくても身につまされる思い。
 あとがきで村上龍は短編の5つの物語の主人公に対して「これまでにないシンパシーを覚えた」と記している。50代というと、そろそろ仕事の引退も見えはじめ、老後をいかに過ごすかを考えはじめる頃。若くはないが、隠居生活をするほど枯れているわけでもない。寿命が長くなったこともあり、まだまだ生活は続いてゆくわけだから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013y02m13d_155147284

 あちこちから心の歪みや窪みをさがしては、袋にまとめて詰め込む作業、そんな夢をみた。片づけているというよりは、片づいている(風)を取り繕う僕、実際は、胸の内も心の余裕もいっぱいいっぱいなんだけど。そうだ水曜日は普通ゴミをだす当番なんだ、ゴミ出し当番は僕ひとりなんだけどね。
 アルコールを飲んでいたときの自分の感覚、心の中の歪みをなんとなく思い出してはゴミに出していく作業、『うそつきな自分』や『見られちゃ困る自分』を心の中で整理しながら、やはり自分を責めている、っていうか過去を後悔して奈落の底にひきずりこまれて行く恐ろしく恐い夢だった、夜中に覚醒したらいやな汗。
 やっかいなのは、他人をひどく傷つけるような大きな嘘や人生に大きなインパクトをもたらす困難という認識もなく、へべれけになて倒れるまでアルコールに浸かっていた感覚、大量にエネルギーが漏れていて自分の魂が宇宙空間を永遠に流れていって宇宙の塵になったようなイメージ。
 久里浜病院に入院するまでは、それらを自覚していても改善する気にもならず、その状態を繰り返していたということ。そんな状態が人生のつまり=障害となっていたことを知るに至ったのは、実際にはアルコールを絶って、断酒して心の平安が訪れて、半年、1年とか過ぎてからかもしれない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

mao あまり占いとか信じる方ではないのだけれど、なんとなく信用している占い師のブログがある。なんだかよく当てるのである、その人が2013年2月中旬からボクの運気が大きく変わると言い切りで書いているのである。だから年末ジャンボもまだ封印して見てないのだ~(笑)
 そんでどう変わるのかは、くわしく書くと有り難みが薄れるから書かないけど、まぁワクワク待っているということでわかっていただけると思う。
 こんどの金曜日あたりで、朝起きたら世界が一変して運気が変わった実感がするのだろうか、占いを信じない人から見たら何をたわけたこと言ってんのと思うでしょうね。ボクも占いだからなぁ~と心の隅では思っている。
 でも、まぁなんつうか、ちょっとした背中押しにはなるんではないかと思うわけ。運気がいいから転職してみようとか、運気を信じて実行してみようとかね。 一歩踏み出す勇気のための心の後押しかしら。
 まぁどんな運気であれ、それを活かすも殺すも自分次第だから。昨日までとなんら変わらない。ただ、しばらくはちょっと新鮮な感じで生きられる。それが意外とうれしかったりする。
 断酒のことだって自分次第なわけよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村


tis

 緊張せず100%を発揮するためにはまず自分の100%を知ることが重要なんだろうね。どんな分野でも達人といわれる人など普段の何気ない行動やしぐさを見てるとなるほどな~って感心することしきり。
 自分の生き方の基本みたいなものを確立できればいいんだろな。仕事や遊び、ゴルフ、ふだんの営み、いまの自分の100%をださなくても、肩の力を抜いて洒脱に生きていきたいな。そのためには冷静に自分の今の100%を知ることだと思う。
 そして断酒ってのは一生を捧げるライフワーク、肩の力を抜いて姿勢よく続けていきたい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013y02m10d_204807725

 ショートプログラムをベートーベンの月光に変えてきた、ヨーロッパをのぞいて四大陸選手権という不思議なくくりで開かれるフィギュアスケートの大会でNIPPON高橋大輔がまさかの7位に終った。
 常勝ニッポンとばかりに常に勝てると思い込むのも選手には気の毒だ。まさかの、という枕詞が不自然に聞えない実力があり、今年は特に表彰台に近い選手として期待はされていたけれど、考えてみれば常勝ということはかなり無理を強いてる感じ。
 若い選手が台頭してきている現実もそろそろ退き時かと囁かれる現実も承知の上で頑張っていると思う。焦らず、くさらず又素晴らしい滑りを見せてくれることを期待しながら、お疲れ様と申し上げたい。このごろの高橋大輔、いい顔になって来たと思うよね。サワ蟹みたいに見慣れただけかな(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ookami

 天気予報のはなし、先週の首都圏が大雪になるとした気象庁の予報は、都心部では積雪が記録されないなど肩すかしに終わった。成人の日が大雪になったからなんだろうけど、、。
 雪の予報に万全を期すのは良いが信じる余り、電車まで降らない前から間引き運転されては利用者はたまったものではない、どこかがおかしいのだ。この節は気象予報士なる方々があちこちでいかにもなことを言っているけれど、基本は気象庁のデータだと思うので、聞く方はそのつもりで聞いたほうがいいよね、僕はTBSの森田さんが好きです、その理由はずいぶん昔から予報がはずれた時は、翌日の放送でごめんなさいと謝っているから。
 地震、津波、雪の予報は丹念に丁寧に出していただきたいものですが、事故を恐れるあまりに大袈裟な予報を出し、外せばオオカミ少年と言われることになるのもなんだし。
 テレビ局なども大騒ぎをして、雪情報に右往左往しないで欲しいと思う。それよりも雪に混じった放射性物質の事の方が心配なこの頃ではあるし。決して取り上げられそうにない隠された事実を知らせて欲しいと願います。
 中国の大気汚染が黄砂にまじって飛んで来るとかね、狼が来た、これまたオオカミ少年だったりして(笑)

 こんどの水曜日にまた雪マークの予報です、アルコール依存症の僕らには満月の夜に狼男に変身する事のほうが危険なんです、はい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村


 

2013y02m08d_175606437

 ニッポンでは企業と政治、お金と人事が密に、秘密にくっついてからまりあっている、既得権益も絡まりあってる。 ついこのあいだまで政権交代すれば日本経済は回復するかもしれないというオプションが、色々な問題の先送り主義の言い訳だったのだけど、今度は日銀が輪転機をぐるぐる回せば回復するかもしれないという幻想に惑わされたりして。
 そして、どこの業界でも一発逆転に賭けて先送りする傾向が強まっているような臭いがしています、負けが込むほど賭け金が大きくなっている。会社も政治もそうだけど借金がちゃらになるわけがないし。うちの会社も一発逆転、先送り主義ですが(笑)
 なかなか思いどおりにいかない事ばかりあるのが人生なんだけれど、ポジティブと楽観主義はちがうわけだし、すぐくじけてしまう人もいるし、粘り強い人もいる、人生色々。七転び八起きの精神もあるにはあるけれど、どうなることやら。
 個人のことでは、何かあった時に本音で相談できる人がいるか、相談する人がいるのかどうか、本人の心のネットワークをいかに豊かにしていくかということが誰にとっても、これからの人生で大事な問題なんだろうな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

takashi ohta

 rakutenから無料で楽天koboが送られてきて、富士通docomoの純和風タブレットも買った。koboなんて手に取った瞬間に思ったけどタッチパネルの感度はあまり良ろしくない、時々タップやスワイプに反応しないのである。で、感触はiPad とは比べ物にならない感じ。ああ、やっぱりジョブスが世界最高なんだと逆に実感した。喩えは悪いかもしれないけれど、若い女性と中年のおっさんほどに肌触りが違うなぁ~(笑) まあ仕方がないか、タダでもらったからね。ジョブスのいないmacはどこに進むのかな。
 電子bookを読もうと思って考察、そのうちどんどん増えてくるだろうって思うけれど、やっぱり本を買おうとするたびに規格の乱立を実感する。
 kobo、Kindle 、Android、sonyなどなど、読めるバージョンが多いか少ないかといった小さな問題ではなく、あれなら読めるけど、これなら読めないという例が多すぎる。つまり、まだこの電子bookの世界はハードの時代なんだな、ビデオにしても DVD にしても、規格争いに決着がつかないとソフトの時代は来なかったのだから。
 ソフトの時代ってのは、つまり自動車がどういう仕組なのか全く分からなくても平気で運転する人が出てくるような時代だよね。
 運転はできるけれどボンネットは開けたことがないみたいな、そういう人が増えた時に初めてコンテンツや利便性は飛躍するのだろうな、そうこうしてるうちにハードもより洗練されてくるだろうしね。パソコンも一般家電製品というにはまだ無理があるし。

 でも電子bookは老眼の味方ではあるな/

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

watase

 アルコ-ル依存症に至るまでには長い時間がかかって飲み続けてきたわけ、だから心にも体にも日常の生活の中でたくさんの癖や習慣が身についてる、煙草の依存もにているけれど。
 例えば、嫌なことがあれば一杯そして一服、疲れたら一杯、お風呂上がりの一杯、お付き合いの一杯、朝起きたら一杯、出勤前にもう一杯、オフィスの引き出しからコッソリグビリなど多くの一杯やグビリや一服が常習犯になってくる、そして、ず~っと飲み続けるようになる、それから倒れるまで飲む連続飲酒になって、そして眼が覚めたらまた鯨飲。
 そんなかんだで、アルコ-ル依存症だとは思ってないから、ふつうの内科総合病院に入院して毒抜きして退院して、また連続飲酒、また入院。そんな繰り返し。
 断酒・禁煙して、その流れを変えなければアルコ-ルをやめ続けることにはできません。つまり、久里浜病院で自分はアルコール依存症なんだって納得して帰ってきたわけで、やっと3年半の断酒生活が経過した。

 断酒を続けるには具体的にどんなことから始めたらよいのかはその人の性格とか環境によってさまざまなんだと思う。よく断酒の3本柱といわれる基本、アルコール精神科に通院、自助グループへの参加、抗酒剤の服用と言われるけれど、僕はほとんど久里浜病院の外来へ通院だけでなんとか、信頼してる先生が独立開業してからはそっちのくりはまメンタルクリニックに月1で通ってる、Dr.宮川は話をよく聞いてくれる。
 飲んでいたときには考えられない、時の流れとともに新しい日常性ができあがってきているように感じてきてる今日このごろなのだ~。
 日曜日に久里浜同期が長野から出てきてちょっと会った、お互い元気、そして断酒に慣れてくると慢心してしまいがちだけど、はじめたときの新鮮で謙虚な気持ちと志を忘れてはいけないのだ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013y02m05d_132725749 スポーツ、武道の指導に暴力は要らないというのは共通の認識。
 でも気合いを入れたり、喝を入れてたるみを正したりすることは時に必要だと思う。それを暴力と間違って表現していないかが気になる。体罰・パワハラ・暴言・ワンっ とかね。
 オリンピックの代表になれる人などは別にしても、結局つらいのが嫌だということなのだね。今の若い世代は、つらいことを悪とか最悪と表現している危惧がある。
 僕らの年代の世代でも30年くらい前は新人類と言われた時期があった、誰の世代でも若者はみんな新人類なんだよね世襲制みたいなものだね。
 今までと何か違う不思議なことをする、新しい価値観を持つ世代という意味で使われていた。今でこそ死語だけど、最近の若者にはそれを超えるような現象が起こっているような気がする。つらいのは嫌だと逃げたり、仮面ウツ病だったり、それをたしなめられると言葉の暴力などと怒ったり指導した方が悪者にされてしまう。
 教師が学校で生徒を叱れなくなったら教育はおしまいだと思いますよ、隠ぺい体質は教育的指導だけど。今では旧人類の僕だって、色々なことで辛いけれど精進してるわけ、あっ、でもやはり辛いのはイヤかしら(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村


2013y02m04d_161455649

 日本ではお金を借りて新しい仕事をする人が増えないので、デフレが10年以上つづいてる。安倍首相は日銀に輪転機をぐるぐる回してもっとお金を刷れといってるんだけど、日銀がお金を印刷したらデフレは止まるのかしら、日銀は僕らに直接お金を貸してくれるわけじゃなくて、お金を貸してほしいと思ったら銀行に行き、銀行はお金を日銀から借りるわけだから。このとき、日銀から借りたお金に何%か金利を乗せて返すことになっています。これが政策金利、今はほとんどゼロ。これをゼロ金利というわけね。
 お金を増やしたらインフレになるの/、これが一番よくある疑問だけど、そんな簡単な問題だったらとっくにデフレは終わってるでしょっていうことだよね。
 商売をやった人ならわかると思うけど、問題は一般人、僕ら平民がもうかる仕事がないことなので、これ以上お金を増やしてもデフレは止まる雰囲気ではない。。
 安倍さんはお金を貸す側から見てるんだろうけど、借りる立場から見ると日銀と銀行の間でお金がどう動いたって関係ないし。いくらお金があっても、借りる人がいないとお金は動かないわけ。お坊ちゃまの安倍さんも自分でお金を借りたことがないのだと思いますよ。既得権利益を享受してる人達もなんとかしないと、、、。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

touden
 
 アルコール依存症の僕らは、「決意も新たに」というということは一生に一度で済めば、最高の幸せなんだろうと思うのだ。もちろん断酒をするという決意ね。
 上のポスターは、1987年5月の新聞に出た東京電力の広告らしい。ひとりひとりの決意も新たにというキャッチフレーズを見て、ひぇー!いよいよ原発再稼働かなんてあわてちゃいけない。
 さいきんのテレビや新聞を見ていると、またぞろこんな広告が出てくるんじゃないか、それもずっと先の話じゃない近いうちに出てきそうな感じですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

2013y02m02d_202830639

 このところ日本柔道の暗雲はおさまらない。セクハラ、暴行問題は後味の悪さで柔道界に陰をさす。柔道の父、嘉納治五郎が戦前オリンピック招致に命をかけたといわれる。彼の尽力で決まった1940年の東京オリンピックは戦争激化のために実現できなかった。
 その時すでに柔道をスポーツとして世界に広めたいと考えていたことを思うと今の柔道界は柔道の精神もスポーツマンシップも生半可のように思える。
 己に勝て、、という金言をしみじみと思い出した。
 昭和11年、1936年のドイツ・ベルリンオリンピックを母方の祖父がシベリア鉄道に乗って観に行ったと聞いている、戦前は築地で長崎料理の料亭をやっていて、料亭は祖母まかせで好き勝手に色々やっていたハイカラな爺さんだった、小金井CCの創設メンバーでニッカーポッカーでゲートル巻いてホールインワンもしたらしい。孫のわたくしも1977年17歳、1986年26歳の時にホールインワンを2回やっている/次は55歳かしら。
 きょうの関東地方は20度を超えた、2月のこの時期42年ぶりらしい。栃木で高校同級ゴルフ会は午後から暑いくらいで43・47で惜しくも90切れず、トチオトメをお土産に。
 人に勝つ前に己に勝て、断酒もゴルフも己に勝てと言うことで。
 71.3kgやばし

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2013y02m01d_170335738

 恋に落ちる夢をみた、高名な心理学の先生による分析でそんな恋愛系パターンの夢をみた場合、それは自分の性格の重要なぶぶんに気づきはじめて、新しいレベルの気づきを得たことを暗示しているそうな。そして、この夢を見た人へのアドバイスによると「自分の目的や可能性を信じるべきとき」だそうなのだ、春になって人生のパターンを変えようと悩んでいたのだけれど、どっしり構えていてもよさそうだということかしら。
 よく見る夢の第1位はなにかに追いかけられる夢。典型的な悪夢とも言えるこの夢、見た覚えあるよね。こういう夢の中ではどうしてもうまく走れないで、逃げ切れないもの。最後に崖に落ちたり、奈落の底に飛降りていくパターンもあるしね。
 たとえば追いかけてくるのが動物だった場合は抑えられない本能的衝動が潜在意識にあるらしい、妖怪や怪物なら、まだ自分では気づいていない強力な才能が自分に存在するのだそうな。でも、多くの場合追いかけてくるのは、じつは自分自身なんだそうな。う~ん、夢って奥が深いな。
 抑えられない本能的衝動が潜在意識にあるというのは飲酒欲求だったりしてね、でも動物に追っかけられる夢をみた記憶は無いな/恋の相手は相方だしね、セーフ(笑)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ