アルコール依存症日記 2009久里浜の夏から

久里浜アルコール症センター 東6病棟492期 Shall we 断酒

2011年04月

 陽が沈み徐々に暗さが増す時間。トワイライトゾーン。古今東西、悪霊やお化けのバッコするのはこの時間帯といわれている。

hanami 事故や災難が多発する時間ということで、調べてみると「大(おお)禍(まが)時(どき)」が語源らしい。ふむ、ソノマンマだわな。東京でも夜の11時過ぎに余震というか、揺れが多いようなきがする。でも僕は「逢魔が時」って言葉の響きに、春の花が満開の夕闇のイメージが湧く。

 心地よい疲労感を感じながら、暗くなりかけた桜並木を歩いて自宅に戻る。その仄かな薄紅色の桜を下から眺めると、濃紺の青空が広がっている。その時がまさに、逢魔が時。桜の美しさは一番映えるのがこの時間なんじゃないかな、来週から5月だ、近所のお庭でハナミズキが綺麗に咲いてる、ハナミズキは北米原産で、アメリカの捕鯨船に助けられて東海岸の学校に通ったという、ジョン万次郎の小説を思いうかべた。
 『椿と花水木―万次郎の生涯』


kokusimoku

 小沢一郎のお金の元締めやってる「陸山会」の土地購入を巡り中堅ゼネコン「水谷建設」社長が小沢事務所に裏金を提供したと証言した。

kan やっとと言うか、とうとう証言が出ましたってか。これで小沢も終わりだな。民主党の分裂も避けられそうにないね。今、一番多いのは無党派層という事を忘れないでいただきたい。 どこかに誰かリーダーはいないかねえ。

2011y04m27d_160706981


特別展「写楽」  観に行いきたいな~、連休は混んでるんだろうな~、うちの奥さん付き合ってくれるのかな~、上野の精養軒でランチっていえば行ってくれるかもね、グラスワイン付、僕は水です(笑)

 江戸時代の浮世絵師である、本当の正体が不明っていうのが、いいね!




 う~ん筋肉痛だ~、土曜日のゴルフが原因、なさけなや3日たってやっと筋肉痛がでてきた、これって加齢による鈍感さが増強されてきたってことだね、腰もひどくなってきた、、、、背筋のばしてまっすぐ歩こうってか、昔から猫背で姿勢が悪い。自分でも十分わかっているんだけれど、ちょっと気を抜くと猫背でとぼとぼ歩いている。
 リラックスするときには、椅子に浅く腰掛けて足を投げ出したり足を組んだりする最悪のパターン(笑) でも最近はできるだけ意識してる。上を向いて歩こう。

 空の方向を見上げたら、黄色や桃色と新緑やサクラも葉桜だ。僕らの生活とは関係なく、時は流れ続け、いつの間にか春色から初夏になっていくんだろうね。

 災害は忘れた頃にやってくる。当たり前だけれど、ぼくらの日本にやってきた、東京に住む僕らにも深刻な事態だってことがいまさらながらわかってきた。 どうやら人の世はそんな具合にできているらしい。そしてこの災害をとおして人のこころ、智恵はどうのようにはたらくのか。

 ぼくはささやかな日々のなかにこそ幸福があるのだと思って生きてきた。生きるということは、生かされているのだということでもあると感じてきた。

 日常のなかにひそむさまざまな恐怖に、人々はどんなイメージを持っているのか、あるいは対処、対応しているのだろうか。
 いま、ぼくたちに問われているのは、いのちの充足とは何か、そして、幸福とはどんなものなのか。いやでも災害はそんな人間のありようの根元を考えろ、考えているか、とつきつけてくる。

 考えるきっかけには、あまりにも大きな出来事だったけれど。 「災い転じて福となす」 凡庸にみえる言葉の深い意味をあらためて考えてみたい。

 ちいさ~い声で言うけど、風評として、1ケ月以内に関東地方に大地震が来るってはなしがあるんだってね。 震災直後は食糧とかミネラルウォーター、卓上ガスボンベ、電池とかみんなが買い漁っていたけれど、いまは全然そんな雰囲気はないもんね、来週末はこっそり家だけ準備、確認しておこうかな(笑)、いやマジで。

to


 東京タワーが本当に曲がってた。



 大沢たかお演じる医師・南方仁が、悩みながらも史実と対峙していく大ヒットドラマの完結編!TBS開局60周年記念ということでかなり大々的に宣伝されている。現代から幕末の江戸にタイムスリップしてきた脳外科医。困難な状況にも負けず、人々を病気やケガから救う。

 「仁術」を辞書で調べると情けある行い、「仁」とは思いやり、いつくしみ、情けと出ている。医者だけでなく全ての職種で他人に対する思いやりの心は職を全うするには必要だし大切なことだと思う。

 「医は仁術でもあり、技術でもあり、算術でもある」と言った方が現実的で現代的だろう。もちろんそんな野暮ったい言い方は流行らないだろうが、「医は仁術」と単品で胸を張るよりは、「医は仁術も算術も技術も必要」と考える方が、人間臭くて好きだな。

坂本龍馬(内野聖陽)、勝海舟(小日向文世)

 震災の影響でが古いものが見直されてきているという。 春のこの時期から扇風機がすごい勢いで売れているとか。それまではエアコン一辺倒で忘れられていた扇風機がね~去年の猛暑はもう忘れ去られたのだろうか?
 テレビよりも非常時にはラジオなんだとかでラジオも飛ぶように売れているらしい。radiko.jp  もう忘れられたのか?世界中どこでも聞ける。

 JRの駅が暗~い、コンビニを始め、スーパーやデパートでも照明を落としている。慣れてしまえば、そもそもそんなに明るくする必要があったのか?とかいつ頃からこんなに明るくする風習になったのか? という話題が多くみられる、でも加齢による老眼・かすみ眼でこの暗さは正直ボクにはつらくなってきた(笑) 電車の車内もくらくしてるのだ、文庫よんでるのによー。

 

 キャンディーズのスーちゃん・女優の田中好子さん(55歳)が、乳がんのため死去した。「普通の女の子に戻りたい」という名ゼリフを残して引退したのだね。 
 当時高校生だった僕はとうぜん大ファンだったし、1978年4月4日火曜日いまはなき後楽園球場での解散コンサート、割れるような歓声が場外まで鳴り響いた、青春していたのだ(笑)うん。

 つい10日ほど前、季節柄からか急に 「春一番が掃除したてのサッシの窓にほこりの渦を躍らせてます」 のフレーズを思い出し、YOU TUBEで「微笑がえし」を探した。お気に入りに入れたくらいで、これはホントの話だ。虫が知らせたのだろうか。

 絶頂期でやめて、再結成はついに一度もしなかった。これが後光を強烈にしているのかもしれない。ビートルズもそうだった。そしてメンバーの誰か一人が他界したとき、その瞬間に再結成は無くなる。その瞬間にひとつの夢も終わるし、僕の『青が散る』。

 今時の高校には 情報A とかいう科目があるらしい。 本屋で教科書をぱらぱらめくって驚いた。いやぁ、なるほど。いまどきの高校生ってこういうの体系的に教えてもらっているわけだね。

 メディアの基本や変遷から入り、ディスクロージャーとか、フィッシングとかクッキーとかアクセスログとかがいきなり冒頭で出てくる。この時点でついていけない大人とか普通にいそうだし。
 ネットの仕組み、検索条件の工夫(AND OR NOT)、メールのCCやBCC、パワーポイントのスライドの作り方まで習うみたいだ、ネットワークの仕組みのところでは「パケット、プロトコル、TCP/IP、FTP」とかの言葉が並ぶ。うちの会社の人たちにも読ませろってか、同じ事毎回聞かれるからね、僕が積み重ねてきたことを無料だと思ってる、まぁ半端な知識だけどね(笑)

 練習問題とか、たとえば「次の32ビットのデータを8ビットずつに区切って10進法に直し、IPアドレスを導き出せ」みたいな感じ。すげえ。htmlも当然ある 「以下のhtmlのタグの穴埋めをしなさい」 みたいな練習問題まである。必修科目なのにタグまで! おじさんは苦労してるのだ、はい。

 こういうのって独学でやっていくものだと普通に考えていたけれど、もう教科書で教えてもらえる時代なんだなぁ。こういうのを高校で習った知識として社会に出てくる若者がいることを、いまの40代50代60代はちゃんと知らないとね。もう「何か特殊なこと」ではない。「誰か得意な人がやること」でもない。教科書に載ってるんだもんね。

 わいふのPCが壊れたすこし怒ってる、僕のお古で2004年ビックカメラアウトレット館で展示新古品でも12万円した当時は東芝ノート最新機種だったけれどハードディスクが逝ってしまった、おたく的には治せるけれど、もぅ寿命だな。Win7でもいいけれど、ひさしぶりでMacが1台あってもいいかもね、おマキントッシュはん繋がりで、ん?

 杏さんが出てるお受験のドラマ観ていて、友人の子育ての話など思ったのだけれど、大学受験~就活、という道を進むとすると、いまの学生生活というのは余裕がないな。遅くとも高2の夏には受験勉強を始めないといけないし、大学に入ったら入ったで、大学3年になったらもう就活でとりあえず人生の方向を大きくは決めないといけない。受験が終わってホッとしていたらすぐ就活。落ち着かないな。かわいそうだな。慌ただしいな。

 そして若いときに自分の幅を広げるような無駄なことに時間をつぎ込めなかったりする。この一見無駄に思えることが実は大切で、後々の財産になるのだが、あたふたしているとあっと言う間に学生時代が終わってしまう。

 ということで、人間いくつになっても無駄と回り道を是非オススメしたい。 てーちゃんによると、杏さんは渡辺謙の娘だったのね、渡辺謙のCMと言えばdocomoのスマートフォンが気になってるらしい、電車にのってると座席一列全員が電話を指でなぞってるからね(笑)

 24日、こんどは区議と区長の選挙だそうな。きのうの夜散歩でみたのだけれど選挙公報の常として、立候補者の「写真」「経歴」などのコンテンツが街の掲示板に掲載される、これが笑える。

 僕はこの10年大田区民なのだけど、今朝通勤電車でネット新聞を見ていたらまたも、吹き出してしまった。これは実に笑える。まあ、選挙活動なのだから候補者たちは自分の「一番いい顔」を選んでいるハズなんだけれど、しげしげ見ているとこれがきも~い。引きつり笑いの媚びた態度のジジイ、これが自分の最高よ!という態度がミエミエの厚ヌリおばさん、腹黒さを醸し出しているオッサン、こいつちょっと精神を病んでいるだろ?というにーちゃん。はっきり言ってマトモな奴はいなさそう(笑)。少なくとも大田区の区長選挙に出ている候補者では、検討に値する候補者が一人も居ない(爆)。経歴や、今までの仕事で誇れる実績のある人がいないってどーよ。そのくらい区がナメラレているってことなんだけれど。これでいいんですかって?

 ds2気持ちのいい春の一日、日曜午後から、多摩川台公園を歩いてきた。

 もう葉桜になってる。

2011y04m18d_135144838 田園調布の石原都知事の自宅や久が原の渡哲也とか有名人の家が散歩コースにはけっこうあるんだ、こんどは長嶋さんの家をセコムされないように紹介したい(笑)

 月曜あさ、はっと気がついたら7時ちょっと前。朝っぱらからそんな調子だったせいで、何故か一日中眠かった。体調がとくに悪いという事もなく、まあ敢えて言えば腰痛的ストレスがなくはないけれど、まあそれはいつもの事なわけで・・・春眠暁を覚えずってことなのか。身体のバイオリズムは季節に敏感に反応するみたいだ。


 

 いまひとつわからないのがアメーバピグ。「お部屋に行く」とか「今日きたよ」なんて言うのがあって勝手に人の部屋にあがりこむことができるのだが、そこで何をするのかが分からない。頭の上のオレンジ三角を押して数回ジャンプや回転をさせ、帰っていく?

 いいね! じゃなくて きたよ!  会員は600万人以上らしい、年齢制限があるのかも(笑)

産業革命以後の文明は、それまでの人間の世界をとんでもなく変えていったわけだけれど、いまの若い人たちは何が発明され、発見されても、たぶん驚かない。今度はこうなったのかという程度なのだろう。でも、ぼくはすこし昔に生まれたので、いつも「えっ」と驚いてしまうんだ。



 飛行機は墜落する危険があるから乗らないって言う人がいるけれど、まぁ普通は安全だと思っているよね。
 アメリカではバスに乗るような感覚で飛行機が運行されているみたいだけれど、そうでもしないと移動手段がないからだ。1年に1回くらいかな?世界のどこかで飛行機が墜落したりする。しかしその確率はすごくすごく低い。それでも危ないから飛行機を廃止しようという議論にはならない。

 原子力発電はどうだろうか、今回みたいに事故が起きないと危険さがわからない。火力発電で何とかならないか?そうなると今度は原油が入って来なくなると火力発電はできない。もしくは将来、原油が枯渇するとどうなるのか。ならば原子力発電を完全になくすのは難しいのではないか。感情論にならずに冷静に考えなければいけないのだろう。もちろん東京湾に原子力発電所を作ることも視野に入れて。都道府県単位で自分たちの電気は自分たちのところで作るといった感覚の方がいいのかもしれない。どんないざこざも感情が先走ると、ろくなことがない。



 

 きのう行ったら、久里浜は春だった(笑)  アルコール依存症とは、飲酒により心身の健康を害し、円滑な社会生活が著しく困難な状態に陥ること、断酒しかないんだな。
 
 毎月1回のペースで精神科 Dr.宮川 の外来診療へ、お酒を止めることは出来てていて身体は健康なんだけれど、『心』や頭のケアに通っている、地震の影響で3月はさぼったのだけれど、計画停電でもクリニックは診療していたそうで先生も苦労したらしい。

 今回は、ペインクリニックや整形の先生からも聞いていた精神薬系統の抗うつ剤が痛みにも処方されるという事で、脊柱管狭窄症の痛みの相談をして抗ふあん薬 メイラックスを処方したいただいた、なぜか薬局でかってに変更したのかメデタックスと言うジェネリックに代わってた、痛みが緩和されればおめでたいのだけどね、はい。

 八百長というのは明治時代の八百屋の店主、長兵衛 に由来するらしい。 長兵衛は通称 八百長 といい、相撲の年寄、伊勢海 の碁仲間であった。 碁の実力は長兵衛が勝っていたけれど、商売上の打算から、わざと負けたりして勝敗をうまく調整し、伊勢海のごきげんをとっていた。そこからわざと負けることを「八百長」と言うようになった。 そこから事前に示し合わせて勝負する意味も含まれるようになり、相撲以外でも「八百長」という言葉が使われるようになったとか。

 江戸時代の小説を読んでいて出てきたような気がしてたけど、明治からだったのだ。

 ぽかぽか春の陽気 暖かい、なのに東京でもビリビリとすごい余震が続いてる。揺れるのになれてきても怖いね~、冷静をよそおっているけれど(笑)

 ニュース観てると、風評被害で茨城や千葉の魚が売れないなんて嘆いてる、今年の鰹や秋刀魚はどうなるのだろう? 東北や福島の沖合を北上してたっぷり脂肪をのせて戻ってくるわけだから、土佐の戻り鰹だって放射能の海を泳いでくるわけだしね。
 たとえば中立な立場でものを考えたとして、名古屋のすし屋に入って九州産のタイと千葉産のタイがあったらどちらを選ぶだろうか?カッパ巻きは福島産のきゅうりと宮崎産のきゅうりではどうだろう? どちらも安全だから全く同じと言って注文できるだろうか?  ぼくは気にしないけれど、産地は聞かないで知らないほうがベターです。
   
 あまりしろ~とが御上を批判するのはいやだけれど、情報を流すからには責任が生じる。その責任はやっぱり政府にあるのだと思うのですが。 そして『福島レベル7』 なんでこの中途半端なタイミングなんだだろう?この人たちは自分たちの発信がどれだけの意味と影響力があるのか、十分検討した上で動いているんだろうか? 戦略的思考をしているとは思えない、世界中に日本はもう終わりだって言ってる。

osa
 日産かと思いきやおっさん自動車?、、。 

 まぁおっさんとしては、1980年代後半のCompuserveやニフティーのパソコン通信、Win95からネットでメール、ミクシー、最近のTwitterやFacebookなどまで、25年ぐらいこの世界を体験してきた訳だけれど、まあどの時代も変なやつがいておなじようなことが問題になって、同じようなソリューションが解決策になっている。速度感が昔とはずいぶん変化したけれど、一言で言えば基本は一緒だと思う。

 ネット上のつながりは本人の属性を正直に公開してれば安心か、どこまでそれを公開するか?については、見ている人の姿が見えない分、できるだけ神経質になったほうがいいということだ。どのように自分が人に見えているのかを意識する方向が良いような、上手く言えないけれど。

 反面、最近のTwitterや2チャンに代表されるような匿名性のある情報のやり取りは、トイレの落書きみたいなもので、風評被害やうわさの垂れ流しで、、、、でも国民性もあるのだろうけれどエジプトの事もある訳だし、日本では地震でニュースにはならないけれどリビアのガタフィ大佐はどうなっているのだろうか(笑)、そして中国の大衆もネット規制の栓が外れたらどうなるのか、などなど楽しみではある。

 都民は石原慎太郎を「首都の顔」に選んだ、天皇陛下より1歳上だよ。

 こんかい立候補した反石原の誰をとってもカリスマ性には乏しかった、そのあたりが敗因なのだろうけれど、「東京から日本を変えたい」と思うなら東かワタミが副知事を志願して、次の都知事にでたら良いのではないかと思う、石原慎太郎もウェルカムだろうけど、たぶんそうもならないんだろうね。

 この時期はカリスマが必要? そういった意味では「東京から日本を変えたい」という思いが一番強いのは高齢であってもやっぱり石原慎太郎なのかもしれない。

 満開というピークに向かう花々のベクトル。日本のこの時期特有の気が充満している感じがする。庭の野草たちのつぼみもぐっと膨らんだり開花直前、その時を待っている。うううむ、今年も春本番してる~。
 その充満している春の中に何かを感じたら、他と比較して記憶するために、どう美しかったのか、どう可愛いかったのかを脳の中から言葉にしておかないといけない、なかなかそこに乗る言葉を見つけられないのだけど。

 

 災害から逃れて安全な場所にいる幸運に感謝しつつ、なんかジャパンでもニッポンでもなく「ニホン」って言われると、妙に感じるものがあるね…。

 ロビン・ウィリアムズとか ice-T とか出てきて驚くが、作った人によると「2週間前に完成はしていたのですが、ロビンの肖像権をクリアーにするのに時間がかかってしまいました」とのこと。

renho 菅さんも頑張っているのだw、そして総理や枝野官房長官など大臣が着ていた水色のうわっぱり風作業着(笑)、海外からみたら東京も被災しているように見えるからやめなさいって河野太郎に注意されたらしい、ほんとかなぁ? 

 アメリカの場合オバマは200人のコミュニケーションチームを持っているらしい、ある内容をオバマがスピーチするために、スピーチライターから、ソーシャルメディアのプロ、背広やネクタイの色を決めるプロ、国務大臣との連携などを考えるプロ、全体設計をするPRのプロなどが集まり、寄ってたかって知恵を出し合い、世の中に発信していくそうだ。
 それに比べて日本の総理大臣には、実質数人がついているだけらしいし、総理大臣のその場しのぎのア~ウ~の受け答えに頼っている。
 そりゃ~無理だわ、スーパーマンじゃないし、この情報があふれる時代にひとりですべてを一貫性を持って発信できるはずがない。
 
 だから場当たり的に見えるし、1本すじが通ってない、伝えたいことも伝わってこないね。総理の資質以前の問題だと思う。国内に対してですらそうだから、海外なんか意識する余裕もない。震災にしても原発にしても、きちんと情報が発信できていない。こりゃ根本的に変えないと無理であるなぁ、明治維新からやり直せればおもしろいね。

 

 そろそろ余震も終わるのかと思っていたら、昨日いきなりの揺れビックリしたぁ~、夜の11時半というのも嫌だね、睡眠導入剤マイスリー10mgを飲んで5分後だし(笑)

 そして震災に関する災害情報をよそおった日本語ウイルスメールが飛んでいるみたい、以下に表題と添付。

「被災者の皆様、とくにお子さんをお持ちの被災者の皆様へ」
「被ばくに対する防護対策について」
「全国へ計画停電のお知らせについて」など。

「放射線被ばくに関する基礎知識 第 1 報.doc」
「安定ヨウ素剤の服用量及び服用方法.xls」添付ファイルなど。

なんでこんな事するのか、日本人として残念だよね。ヒマな奴<弩

 そりゃ原発なしで電気が賄えるならその方がいいけど、どう考えても今すぐには無理。そうなると夏に向けて計画停電が多くなるよりは例えば、期間を限ってでも福島第2とかも動かした方がいいんじゃないの?なんて考えも出てくるのかも。計画送電はもっと悲惨らしいし。

 そうなりゃ当然、地元の人たちの住民税と電気代はただにしなければきゃかわいそうとかゴチャゴチャもめるだろうし。都知事選でも原発の廃止を訴えている候補者がいるけれど、それならすぐできる現実的な代案を出さなきゃだめでしょ。 民主党の子ども手当じゃないけれど、都合のいいことを言ってあとで行き詰まるなら最初から言わないほうがいいのにね、かえって混乱しちゃうし。

yy 昭和5年ローマでの日本美術展に展示するために描かれたものらしいけれど実物はまだ観ていない。昨日のBSぶらぶら美術館で放送、赤坂溜池のホテルオークラ、大倉集古館に収蔵されているとのこと、すばらしい。

 そしてどうなんだろう、今たくさん来られても困るとか、ボランティアに行くと迷惑をかけるという世論が出来上がってしまったらしいけれど、実際のところ今ボランティアが押し寄せたら、被災者にとって本当に迷惑なのかという疑問。そんなにたくさんボランティアに行く人がいるのかという疑問。自問自答すると僕は行けないな(笑)

 いまの日本社会は何をするにおいても、お伺いをたててから行動する風潮があるようで、何にビビッテるのかワカラナイけれど、世間の話題にならなくなってからのボランティアなどなど、いろいろと考察してみたい。

 余震も減って、報道も減ってほんの少しずつではあるが地震の影響が薄れつつある。被災された方々も避難所で炊き出しを待って一日を過ごすという生活から復興に向けて動き出さなければいけない時期に移ってきたようだ。しかしお金も生活の場もなく、ほんとうはこれからがとっても大変なのだろう。そう考えると震災直後よりもこれからの方がボランティアの果たす役割は大きいのかもしれない、本当に本物のボランティアには活躍してもらいたいし感謝したい。

2011y04m05d_125347427 ニューヨークでは被災地応援のため、エンパイアステートビル上部に日の丸のイメージがライトアップされた。


 でも東京都民としては知事選挙が気になるところ。
 そのまんま東は、宮崎の実績があるけれど、地鶏のイメージしか残らないし口蹄疫も過去のことになりつつある。 
 渡辺美樹は慎太郎とくらべて若い、ぼくと同い年だけど(笑) でも政治は素人、商売はうまいのかもしれないけれど、同じように都政が回るとは思えない。介護事業で税金食ってるような感じをうけるし、本業のワタミなど外食産業などのイメージで、むしろ副知事がむいてると思うけど。

 後はどうひいき目でみてもドクターは無理だろうし、小池氏も共産党。 やっぱり現職が有力なのか、でも東にやらせてみたい気がするけれど。

 あと、ワタミのポスターって何でじゃ~? 大仏か。
watami

 昨夜のUstreamで孫さんと原発設計者をまねいての対談、田原総一郎が素人なのに知ったかぶって話しの腰を折るのが不快だったけれど、孫さんとみなさんのお話は考えさせられるものだった。それにしても孫さん個人で100億円震災義援金を寄付するとのこと。

wh たぶん視線とか視野とかのスケールが全然ちがうんだろうな。 素晴らしい、ソフトバンクCMのホワイト犬がいちばん親近感を感じるのだけど、今回の話を聴いていて感じ入るものがあった。

 うちは母上がユニセフに5万円、う~ワン、気持ちですから。

 2011年の3月はあっという間に吹っ飛んだ感じで、悪夢の中の出来事のような曖昧な記憶しかない。そう、そのなんというか「後ろめたい」気持ちを、日々を共有した多くの日本人が感じているのかもしれない。だから、社会が鬱々して元気になりきれないのかな。

 ご夫婦で避難している方のニュース映像をみてて感じたのだけど、通勤の電車できょろきょろしてる時とか、まわりを見廻してみると高齢の夫婦で顔が似ていると思うことが間々ある。

 もちろん本来の遺伝子は全く異なり、赤の他人だったはずなのだけれど、これは長いあいだ同じ食事をすることが多かったからとか、同じ空間にいることが多いので、住んでいる地域の気温や音などの体外環境とか、考え方、思想など体内環境を共有、共感していることから来るものなのかも、そんなこともちょっぴり考えつつ、顔をながめていたら、うちも同じような顔立ちになってくるのだろうか、まぁふっくらして来てるのは確かかな<はい

 4月>桜>ぴかぴかの一年生>入学式>入社式>心機一転>新生活>わくわく それらが日本のリセット環境を作っているわけだ。日本に生まれ育ち、この未曾有の大震災を体験し共有した僕らは、決して2011年の春を忘れないだろう。

 最近では余震も少し減ってきたようだけど、油断してるとグらっとくるのでまだ安心はできませんね。東京のサクラは来週末が満開のようです、ア症としてはお花見のドンチャン騒ぎが出来なくてザマ見ろって感じ(苦笑)だけど、いつまでもすべて自粛自粛というのも如何なものかという風潮も出てきました。そんなこともあって上野動物園のパンダも昨日公開されましたが、ディズニーランドは電気をたくさん使うという事もあっていまだに閉園のままでかわいそうだし、そろそろ景気がわるくてヤバイなぁって弱小企業も出てきてるし、、、。

 きょうから新年度、初心にかえって考察したい、震災による死亡者と行方不明者を足すとほぼ3万人になる、この3万人という数字がどれほど多いのか。
 2年前の夏、久里浜病院のアルコール科に入院中に勉強したことをおさらいすると、年間の自殺者数も約3万人いるそうで、ほぼ同じ。天災で命を落とすことは悲しいことだけど、それと同数の自殺者がいるという事にも気づかなければいけない、命の重みは同じだから。
 アルコール依存症のひとは自殺がやく6倍高いとされている。特にうつ病の合併、離婚や別離といった対人関係のストレス、社会的サポートの欠如、非雇用、身体疾患など、そして自分の将来に悲観して自殺の危険性を高めるとされている。 また、アルコールの乱用そのものも自殺の危険性を高める、そして自殺者全体の15-56%にアルコール乱用または依存がみられたと報告されている。

 うぅ~ん、別件ですが太ったは(笑)はい、 お酒と煙草やめてから健康なんだけど食欲の嵐なんだな、昨晩もデザートにおテルが買ってきたイチゴ大福をたべてしまった。
 夏までに『3Kg』は絞りたいのだけれど、やっぱりジムに通おうかな、そうだ、その日のためにおっさんは身体を鍛えておかねばならないのだ。

 その日って? 何の日なのかは、秘密だな(笑)



↑このページのトップヘ