アルコール依存症日記 2009久里浜の夏から

久里浜アルコール症センター 東6病棟492期 Shall we 断酒

久里浜アルコール症センター 東6病棟492期 Shall we 断酒

sora

 物事には、なんであれ前提があると思うのです。つまり何かそれをする前にやるべきことがあるのですね。その前提を踏まえないと、今から取り組んで行こうとすることが、とってもチグハグになってしまいます。もちろんチグハグな取り組みの結果は当然のことながらおかしなものになってしまいますね。
 アルコール依存症のボクらは目先のモノに心を奪われて全体を俯瞰するのがとても苦手なようです。手っ取り早く望む結果を手に入れたいと、思ってしたことは大抵失敗する。わかってるはずなのに、何度も同じことを繰り返すボクら。まぁいい加減、前提を無視した結果だと気づくべきなんだよねぇ~

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

IVY

 いつも心に留めておきたい言葉。2009年10月久里浜病院での東6退棟式、あの感動と達成感溢れた瞬間がボクの初心。
 ゴルフは中学1年のころに親父に連れられてコースに行ってから45年の時間が経ってしまったが、何がそんなにこの趣味を続けさせているんだろうか。スポーツは学生時代に広く浅くカジってそれなりにコナシていたけれど、競技が好きで一人で参加できることが、ゴルフに熱中する大きな要素となったのは間違いないかな。そしてどの年齢でもゴルフには可能性や伸びシロを感じることが出来るし。
 ゴルフの魅力は人それぞれ、だから深いと言えば深いのかも。腰の手術をして6か月、不安はありますが表題のようなことを頭に思いえがいて、ゴルフを始めた頃の一打を打つ喜びや楽しみを感じることが出来れば幸せだなぁ~(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

cycle

 依存症とはその問題となっている物質の摂取、何らかの行為、その物や人との関係などが止められないというようなコントロール障害のことです。アルコール依存症はお酒が止められない状態ですね。
 多くの場合に一度依存症になった人は、いったん止めても、ふたたびその物質の摂取や行為などを始めると、そのことをほどほどにコントロールすることが困難になっています。
 依存症においては、単にその物質の摂取を止めるだけ、その行為を止めるだけ、その為に由来する健康障害の治療をしても依存症の解決になるわけではありません。
 ですから、これからもそれらを止め続けていく為の行動が必要不可欠となります。ハイ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

neko

 世の中には、本人は単なる飲み過ぎと思っていても、診療ガイドラインに照らし合わせるとアルコール依存症に分類される人がたくさんいる。今は軽症で生活に支障が出るほどの問題を起こしていなくても、このままいけば将来的には重症のアルコール依存症患者になりかねないということです。
 どうやって家まで帰ったのか記憶がない。軽く飲むはずが翌日はひどい二日酔い。そんなお酒の失敗を繰り返してるわけですね。
 久里浜病院のような専門施設を受診するアルコール依存症患者は重症の人がほとんど。家族に無理やり連れてこられた人も少なくない。日本ではアルコール依存症の治療といえばアルコールを完全に断つ断酒一本。依存症治療で減酒・節酒は忌み嫌われてきました。患者が断酒はできない、減酒にしたいと口に出せば、それではダメです、治療になりませんと言われるのが常だったのです。
 日本でのアルコール依存症の患者は100万人以上。ところが実際に治療を受けている人はわずか4%ほどですから。断酒をさせられるといったイメージが受診率の低さにつながっていると。
 減酒外来は、お酒の習慣が気になっている。お酒をやめたくないが量を減らしたい。酒に関する健康チェックをしたいなど、飲み方が気になっているすべての人が対象となる。駅前で酔っぱらって大声を上げているサラリーマンの姿は決して珍しくない光景。しかし彼らの多くは、もしかしたら減酒外来の受診を検討した方がいい人たちかもしれない。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

colman

 アルコール依存症には心理的特徴がある。否認、依存症であるということを認めない、または過小評価しているといったケース。具体的には飲酒について嘘をつく、問題を小さくみせる、理屈をつける、ふてくされるなどね。そして自己中心性、自分のいいようにとらえて周囲に配慮しないような言動や行動をとる。
 これらの心理状況は、治療に大きな弊害をきたします。やはり自らがアルコール依存症であることを受け入れ、断酒する意思を持つことが必要です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

yurakutyo

 朝晩は確実に秋の気配。夕焼け空の下 多摩川の土手までウォーキング、河原のグランドでは秋の香りがふわふわとその辺に漂っていた。なんだか猛暑だった7月の記憶がすごく昔のことに感じる。
 もう少し寒くなった秋が一番好きなんだけど、夏も好きだし冬も好きかも、そんなわけで早いですなぁ~、今年もあと3か月とチョット。時の流れの加速度的な進み方を憂うのは歳のせいかもしれないけれど。腰の手術をしたのがついこの間のような気がする。
 今は少し痛みがあるていどで脊柱管狭窄症特有の痛みやシビレはほとんどない感じ、手術をしてよかったのだと実感してる。 
 秋分の日には仲間たちとゴルフの予定(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

lansam

 ヨコシマな考えを持たないこと。グチらないこと。物事を悪く解釈しないこと。悪口を言わないこと。人は人。他人と比べない。
 あきらめないで、なげださないで、自分らしく生きればイイ。人は変わることが出来るハズ。人間は変わる、考え方が大事。不思議なことが起こることがあるのだ。良く分からないけれどね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

sm
 なんでこんなことになってしまったのか、アルコール依存症になった人の多くはそのように考えます。酒に強いから、ちょっと飲んだくらいじゃ酔わないし、仕事だってできていた。それが自慢でもあったのに、と。ところが、実はそうした人ほどアルコール依存症になりやすいのです。
 アルコール依存症は、日常的に飲酒することによって進行する病気です。つまり飲めば飲むほど、なりやすいのです。依存へのプロセスは耐性の形成から始まり、脳がアルコールに慣れていきます。すると、これまでの量では物足りなく感じて、酒量が増える。
 そして精神依存の段階ですね。酔いを求めて飲んだり、リラックスするため、生活の中で飲むことの優先順位があがっていきます。そうこうするうちに身体依存です。酒が体から抜けてくるとイライラ、発汗、不眠などの離脱症状が出てきます。こういうのって依存症の初期段階ですよ、そして酒を飲んだらピタリと止まります。そのため夕方になると早く飲みたくてそわそわと集中できなくなったり、やがては朝から迎え酒をするようになり、ますます進んでいきます。病気の進行につれ、離脱もひどくなり、手の震えから、全身の震え、さらに幻覚や、アルコールてんかんと呼ばれるけいれん発作を起こす場合もあります。
 依存症は飲み続ければ誰でもなり得る病気です、酒量が増える背景には、環境、ストレス、遺伝的な体質などさまざまな要素が絡みます。日本はもともと酒に寛容で、飲むことや酒に強いことをよしとする文化があり、ビジネスやつきあいに酒席が絡みがちです。また寝酒が習慣になる場合もあります、定年などストレスや生活変化がきっかけで深酒をするようになる人も少なくありません。アルコール依存症にならないためには、まず正しい知識を持つことが大切なのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

mini

 まだおじいちゃんとは呼ばれはしないけど、おじさん・中年という言葉の響きには情けないものを感じてしまいます、言葉の解釈としては中くらいの年齢ってこと、つまり人生の折り返し点ぐらいの感じで胸を張っていれば良いのかもしれないけれど。
 僕がこどもの頃の感覚では中年の上はもう老年というか年寄りでした。寿命も短かったしね。でも人間が長生きできるようになり、経験を積んだ人材がそれなりにその能力や役割を求められるようになると、もう少し体の良い表現が必要になって、それで出てきたのが熟年という言葉なのかも。
 語感からしてジュクジュクして腐りかけた果物みたいなイメージがしますよね、女性なら30過ぎで熟女なんて呼ばれるのに熟漢・男というのはありませんね。自然界で熟して実を結ぶのはメス、オスは実が熟することもなく、ただ静かに枯れていくんですね(笑)

20160704_130355

 暑い日曜日、久里浜まで相方とドライブ、年間3回くらいは行ってるかも。家から第三京浜・横浜横須賀道路で1時間、海も見られるし良い気分転換にもなる。今回は病院を眺めていて感慨深いものがありました、東6病棟に入院中に病室でコッソリ書き始めて9月12日でこのブログを始めて丸8年。まぁよく続けているなぁと思うよね。
 お酒を飲めない体質だと、飲めるようになりたいと思う人いますよね。ですがお酒の強さは遺伝的に決まっていて日本人はもともと半分近くがお酒に弱い体質な。そのため無理をして飲むのはよくないのだ。また、お酒に強い人でも飲み過ぎは様々な病気につながることがあります。お酒とのつきあい方には、くれぐれも注意してくださいね(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

ducati

 まぁ断る・捨てる・離れるというのは今の時代のキーワードではあると思う。生活をよりシンプルにしていき、本当に大切なものに絞っていくのは気持ちがイイだろうし。ふと見回すと人生がとても複雑になっていて、それが日々の生活にも反映されてしまっている。この複雑さから脱出できればいいけれど。
 本当に大切なもの。本当に気に入ったもの。そういうものをほんの少しだけ所有して極力それだけで生きていく。まぁ無理だよね(笑)少し頑張って片付けてみるけどね。
 別件ですが内臓脂肪系断捨離のため、このところ毎日一万歩を目標に歩いてます。近所の多摩川台公園とか川沿い辺りは秋の気配がして気持ちが良いし、河川敷から富士山方面に沈んでいく夕陽がすんばらしい。
 歩きの途中、丸子橋の下にコンクリート打設の大きな階段があり橋が屋根になって雨があたらない場所がある、段ボールやトランクが山のように置いてありホームレスの住処のようです。ここのホームレスさんも断捨離できずに思いっきり囲い込んでいるみたい。やっぱり生活をよりシンプルにというのは相当な努力がいるんでしょうね。
 一旦生活水準をあげちゃったものをダウンサイジングするのはもっと大変なこと。全体的に少しずつ下げればいいのではと簡単に考えるのですが、一旦楽を覚えたり、お金をかけた生活の快適さを味わうと、これがなかなか難しい。これは、お金がある人でもお金がない人でも同じだと思う。お金がない人が更にない生活に下げるのもなかなか辛いものがあるのでしょうね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

kurokawa

 あれっ秋の訪れも何も、その前に夏の訪れがなかったようなと嘆いてみても仕方なく。これからの爽やかな秋を少しでも堪能できることを願うことにしましょうかねぇ。
 やりたいことだけやって生きていけるほど世の中甘くないね。でも、やりたくない苦手なことをやり続けていくのもツライ。そしてそこに落とし所はあるのかないのかないのか、あるとすれば何なのよ。まぁ答えはどこかにはあるんだろうけれど、なかなか発見できるものでございません。秋に向けてそんなことをゴチャゴチャ考えてしまう今日この頃。
 いろんな女優さんが演じてきた黒革の手帳、時が経っても面白いと思わせる悪女を描いた名作だと思います。今回はイメージが一番意外だった武井咲。 往年の山本陽子は別格として、米倉 涼子は良かったよね。武井咲は女優としてどうかなと思ってたけど、意外と頑張ってると思うし、脇を固める俳優さんたちに恵まれた感じかな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

mini

 何といってもガンは死因のNo.1、生涯でがんになる確率は男性63%、女性47%なんですと。そして飲酒はガンのリスクを上げる最大要因であることは、多くの方がご存じですね。
 喉頭がんや食道がんのリスクが飲酒によって上がることはよく知られている。久里浜に入院中当時、同室の人に食道がんが発見されて他の病院に転院してガン手術をしてから、また久里浜病院に戻ってきて断酒プログラムに復帰した強者がいました、肝臓ガンで戻ってきた人もいた。
 アルコール度数が高い酒を、長期間・水のごとく飲んでいたことが原因で食道がんにかかったと思われる。そういえば、久里浜病院の内視鏡健診センターはすごく優秀なんですね。ボクも麻酔なしで胃カメラと大腸検査をスムースにやっていただきました。診察券を持ってる人は何時でも電話予約して来てねと先生に言われたことを思い出した。そろそろ検査してもいいかなぁ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

jd

 依存症というのは、あることをやめられなくなってしまい、その結果人間関係や社会生活に支障を生じたり、体を壊すようになっていく病的状態のことですね。。 
 依存は主に精神的依存と身体的依存に分けられアルコールはそのどちらにも依存作用があることがわかっています。医学的な意味でのアルコール依存症を簡単に見極める方法としては連続飲酒・アルコール離脱症状のふたつがそろった状態と考えられています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

giulia

 お酒を飲んでいたころは常にブリブリ怒っていたと思うんです。この頃は怒りの沸点が低くて今までほどには怒っていないような。人間が成長したとかではなく、あきらめとか無感動に近い感じのような気もするけれど。まぁ普通のおじさんに変身できているということでしょうか。
 お酒を飲んでいないお陰です。怒りを周囲や家族に向けてはいけませんね、そしてその怒りは自分に向けてもだめだよね。怒らないのが一番ですが、無理に我慢してストレス貯め込むのもねぇ~。今の世の中ってココロの問題が諸説あってどれを信じてよいか、これまた悩みの種だよね(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

honda

 アルコール依存症、自分が依存症であることを否認し、すすんで治療を受けようとはしません。そして何もかもを失ってしまうような底つき体験をしてしまうまでは治療に対するモチベーションが起こらないと考えられています。
 底つき体験とは、生活が破たんし家族からも見放され、絶望の淵に沈みこんでうちひしがれる。落ちるところまで落ちているという状態です。実際、この底つき体験を経たことによって本気で依存症を克服することを決意し、普通の社会生活が営めるまでに回復している方も多いようです。
 いくら周りがこのままではダメだよ、治療しないといけないよと勧めても、結局は本人が本気で変わる決心を固めなければ依存症から抜け出すことはできないのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

 

mini

 自分としては色々とあがいてみたけれど、変化が実感できない。結果、疲れて止まりたくなる、でも止まったままだと何も変わらない。
 まぁ冷静に考えれば本当に疲れたときは休めばいいし、休んで元気が出てきたら、また少しずつ登り始めればいいわけだから。
 そんな感じで今日はちょいと一休み。たまにはそんな日があってもイイよね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

neko

 スマホの着信音が鳴ってる。余り鳴ることががないから忘れてしまいがちな着メロの音、あわててケータイを取り出して応答するために人差し指でスライドさせる。うぅ~ん反応しないで着メロが鳴り続ける。慌てて2度3度と人差し指を強く押し当てて左から右へスライドさせる。が、やはり反応せずに着メロが怒ったように鳴り続ける。人差し指を湿らせて、やっと反応したかと思った時には着メロは止まって不在着信の表示。
 こういうのたまにある、スマホのタッチパネルは静電容量方式と言って、静電気を帯びた指先とタッチパネルの通電によって反応するのだけど、指先の水分が足りないと静電気が発生せずに反応しなくなる。この場合は指先に湿り気を与えると反応しやすくなるらしい。つまり、原因は僕の指先が乾燥していて通電しなかったんですね。言い換えれば、僕は水気が足りないということなのだ。
 老いると言うのは水気が抜けて行くこと、よく聞く言葉ですね。美しかった女性が加齢とともに瑞々しさを失って、肌の張りがなくなりシワが増えて行くことはみんな寂しく理解している現象。しかし人は自分のこととなるとつい若い人々と同じ感覚で行けるように錯覚してしまうでしょ。スマホはそんな自分に、お前は年をとって乾燥しているから使えないと宣告しているみたいですね(笑)
 タッチパネルと言うヤツは、年寄りにとっては欠陥なのかもしれない。技術の進化と言うものの対象が若者向きならば、それが年寄りにとっては不便な製品で退化した製品となるからね、その辺を改善したタッチパネル搭載のスマホを作れば大ヒット間違いない、そんな予感がしている今日この頃です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

500

 医学的にアルコール依存症になりやすい性格はないそうだけど、アルコール依存症になりやすい体質はあるんですね。糖尿病になりやすい体質の人がいるのと同じような感じみたい。
 アルコール依存症になりやすいのは、飲んでも赤くならず二日酔いしにくいアセトアルデヒドの分解能力が高い人、気持ちよい酔いが味わえるアルコールへの感受性が高い人。
 これらの体質は遺伝するようなので、親戚や家族に大酒飲みと言われる人がいる場合は晩酌とか止めましょう、飲酒を習慣にしないことでアルコール依存症の予防になるからね。まぁ飲酒を減らすことは難しいですけどぉ~。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

PGA

 姉が還暦を迎える(笑)、笑いごとではないんですよ。60歳って80歳の人から見たら「今考えたら全然若かったなぁ~」という感じなんだろうけれど。80歳まで20年ちょいあるから、もう少し色々なことができるのだと思う。
 今までサボってきたなにかを始めるのに最適な年なのかもしれない。思ってもみなかったことを始めよう。前からやりたかったけど手を付けてなかったことを始めようってなことですよ。年齢的な規制を自分に加えるタイプではあまりないけれど、それでも最近、少し新しいことに臆病になっていたかも。
 サボってしまったダイエットは致命的、正直言ってカラダが重い、、、。4月に腰の手術してから6Kg増えた。ボチボチ腰の具合も落ち着いてきたので、相方にお願いして先週から夜ウォークに付き合ってもらっる。取りあえず1kg減ったから、この秋が楽しみではある。そして、もっと楽しみなことはゴルフに復帰すること。この秋はダイエットとゴルフだ~

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

 まぁ自分の思い通りにコトが運ばないってことは浮き世の常でよくあること、オトナになるとその処世術の一つとして、想定内のリスクの範囲であればまぁこんなもんでしょってことになるわけだよね。いわゆる落としどころってこと。
 人の心には表と裏があるものだけど、胸中自信がなくて潜在的に劣等感を持っている人が多いと思う。緊張した場面でその弱さが出ちゃうことがあり、ちょいとツマずいてしまうのだけれど、なれとか場数を踏むとかで乗り越えるしかない。こういうのって器量とも言うのかな。
 思い通りにならなかった結果に対して、どう対処できるかがその人の器量なんだと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

mini

 吸い始めたのは16歳位、お酒も同じくらいから。面白半分から常用するまでには時間はかからなかった。ヘビースモーカーだった父親の影響もあってオトナになればたばこを吸うもんだと信じてたよね。
 喫煙が自分や家族の健康にいいはずがないのは自明だし、その後も止める理由はいくらでもあったけれど、その後50歳までチェーンスモーカーで何よりタバコの煙を燻らす時間を愛していたし、あの一服のあとの区切り感が快感だった。当時はウィスキー水割りとタバコのコンビネーションってのは最高だったよね。
 アルコール依存症で完全なニコチン依存症である。どうして止めることにしたかといえば、断酒するのにセットで止めようと思ったから、ちょうど都内ではタバコを吸う場所がなくなって、歩きタバコは罰金が課せられるようになたしね。タバコ吸ってるとカッコ悪い感じにもなってきた。
 タバコは止めるほうがいいに決まってる。タバコからの呪縛から逃れたら、臭くないし、歯が白くなり、痰が出ないしいいことばかり。
 健康に生活するためにはたばこは吸わない方がいいけれど。健康的ではあるけれど不幸せに生きているのと、不健康ではあるけれど幸せに生きていることの差はどこあるんだろうと最近考察する。あっ吸ってれば肺がんで死ぬかもね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

mini

 語源は酒の精・spirit、国際的にはすべての蒸留酒を意味するね、液体の色によってダーカー・スピリッツとホワイト・スピリッツに大別される。日本の酒税法では徴税の関係から、焼酎・ウイスキー・ブランデーを除くエキス分2%未満の蒸留酒、すなわちジン・ラム・ウォッカ・テキーラなどを指す。
 日本酒は醸造酒、焼酎は蒸留酒ですね。醸造酒とは原料をそのままか糖化させたものを発酵させたお酒です。蒸留酒は醸造酒を蒸留しアルコール分を高めたお酒のことです。なので日本酒を蒸留したら焼酎になるわけ。日本酒の原料は米、焼酎の原料は雑穀とか色々です。
 言葉的には、精神とか魂のことですね。そして断酒の継続には自分なりのスピリッツが必須になります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

Sm

 なんだか日々の生活の中で、ああ、あれはそういうことだったんだって突然気付くことがあるんだ。大人になって無感覚になったというだけでなく、自分が未熟だったときには見えなかったことが自然に見えてくる感じ。
 若い頃には理解できなかった、理解しようともしなかったことの意味が突然わかったりさ、全然間違った認識で自分勝手に誤解していたことで悩んでいた事実に気がついたりね。
 なんだか加齢が進んでいくことで、色々な事象を解決する道理というものに思い当たるような気がしてる今日この頃であります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

sl

 毎日曇り空だと、鬱々とした気分がどんどん内側に溜まっていくような感覚でしょ、カーっと晴れたら、否応なく解放的な気持ちにもなれるのにね。8月最後の週くらい、夏らしくカーっと晴れる日がありますように。
 アルコールは、タバコのニコチン、コーヒーなどに含まれるカフェインと同じように依存性のある薬物です。そしてアヘンやモルヒネ、幻覚作用の強いマリファナやLSDと同じように、その薬理作用による心地よさをまた味わいたいという欲求から、繰り返し使ってしまうという、いわゆる精神依存が形成される強い部類に入るものです。
 飲酒は未成年を除いて法律で禁じられてはいませんが、社会的にも医学的にも許される限度というものがあります。
 永年の飲酒、或いは大量飲酒の結果、アルコールへの強い精神依存の状態になっている人は、麻薬の虜になった人と同じように、アルコールをどうして手に入れるか、また実際に飲んで酔う以外に頭になく、1日の生活がアルコールを中心として回転するようになり、アルコールに溺れる結果になります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

mini

 依存症というのは、あることをやめられなくなってしまい人間関係や社会生活に支障を生じたり、体を壊すようになっていく病的状態のことなのだけれど。
 ココロが依存してしまう精神的依存と身体的依存に分けられ、医学的な意味でのアルコール依存症というのは、簡単に見極める方法としては連続飲酒・アルコール離脱症状のふたつがそろった状態と考えられています。
 晩酌でビール1本を飲まないといられない程度の人は、依存症とまでは呼ばないわけですが、そこまで行かなくても、酒で人に迷惑をかけだしたり、仕事に支障が出たり、体を壊しているのにそれでもお酒を減らせないという問題が出現する状態であれば、それはアルコール乱用ということになります。
 毎晩飲んで、いつも泥酔して帰宅するなどの感じは、依存症ではないのですが、これはアルコール乱用からプレアルコール依存症とも呼ばれ、そこからアルコール依存症に進んでいく可能性は非常に高いです、まぁこれも人により個人差もあるのだろうし、本当にアルコール依存症になってしまうのかは、その人の運かもしれませんね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

mg

 アルコール依存症が進行すると最悪です、身体依存になるとまったくやっかいです。心のもちかたや生活習慣を変えるだけでは克服することはできません。
 二日酔いでたまに朝寝坊してしまうことがある程度ならまだ引き返せます。しかし身体依存の段階まで進んだら、この体質は一生続きます。
 一度やめたとしても何かの拍子に再開してしまえば、またお酒がないといられない生活が始まってしまうのです。したがって、身体依存ができた人がアルコール依存症を克服する場合には、何があっても飲まないということを心に誓い、酒のない生活に取り組むまなくてはなりません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ

af

 この時期は暑くて食欲もなく、たくさん汗をかくのでやせると思いがちだけど、実はそれは昔の話。猛暑でも屋内で快適に過ごせる現代、活動量が減るのに食べる量は減らないから、むしろ夏に太ってしまう人も珍しくないのだそうです。あんたもボクもその一人(笑)
 20歳過ぎから運動の習慣がない人はほぼ年1%ずつ筋肉が落ちていくそうです。そして夏は外に出るのがおっくうだから涼しい室内にこもる結果、筋肉の減り方が大きくなる。これを夏ごもり老化と呼ばれています。
 なんとかして、何とかしないと内臓脂肪がヤバい状態。夜にウォーキングが理想だけど腰も痛いし、取りあえず出来そうなことから。久里浜入院中にやってたラジオ体操第1・第2の連続を復活しよう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

tsc

 人生はなかなか思い描いた通りにはいきませんね。一瞬思い通りにいったと思っても、それもつかの間、その先に試練が待っていることはよくあります。逆に特に望んでいたわけではないけど、ご縁あってそのようにしてみたら、その後、思ってもいなかった素敵な展開が待っていることもあります。
 人生は様々な失敗を積み重ねながら切り開いていくものであって、その度に智慧を身につけることができますからね。
 まぁ今までにいっぱい失敗をしたから、そろそろいいこと起きないかな~サマージャンボ宝くじかもしれないよね(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

cac

 心配性で、いろいろなことが気になってしまう人は注意したほうがいいね。もちろん心配したり、気にしたりしているだけでアルコール依存症にはならないですが、それらを忘れるためにお酒を手を出すことが考えられますからね。
 ふつうに飲むだけならよいのですが、お酒を飲んでもその心配事がなくなるわけではないので、繰り返し飲んでしまう可能性があるんです。物事が行き詰った時に気分転換で少し飲むくらいならともかく、現実逃避や憂さ晴らしのためにお酒の力を借りているうちに深みにハマってしまい、気が付いたらアルコール依存症の世界に入っていた。ありがちですねぇ、こういうパターンは注意してとか、防止策が無いから困るんです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

p

 まぁ今までは自分の内面を探れば本当の自分が見えてくるものと考察していましたよね、でも自分とは何かという答えは容易には出ないため、誤解や誤認されるのを恐れ自分を語らず隠すことで、自分の弱さを支えてきたかんじかしら。
 一方、今時の人はいくら内面を探っても本当の自分などわからない、あるいはないのではないかと疑い始めて自分など所詮、広大なシステムの中の小さな存在に過ぎないと思って、自分を隠すのではなく呟くようになってきたでしょぅ。
 フェイスブックやツイッター、人は自分の活動の宣伝からうんちく、時事論評、衣食住、趣味や行動、そして友人関係など、誰に頼まれたわけでもないのに公表してる。でも、フェイスブックでバリバリ全公開してたのが、公開を限定したりインスタに匿名で流れたりしている雰囲気。この変化が何でだか良く分からないな。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

erika

 アルコールを飲むと気持ちが高揚してハイになり、妙にフレンドリーになって人との距離感が縮んだりするもの、その一方で絶望感とか孤独感を強めるものでもあります。落ち込んだ時、一人で飲んでいたらどんどん気持ちが沈んでいって、もうなにもかもどうなってもいいやと思ってしまったりすることも。
 飲めば飲むほど自分なんて死んでしまえば良いんだという思いが強くなり、もう自殺以外に解決手段はないんじゃないだろうかと、考え方の視野が非常に狭くなっていくんです。その結果、衝動的に自分を傷つける行動に出てしまう、怖い話になってしまうんですね。
 アルコール依存症、そうでない人に比べて自殺の危険性が約6倍高いと言われています。やはり断酒するしかない、そういうことです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

TS

 アルコール依存症は、飲酒コントロールの喪失という特徴を持つ精神疾患であると同時に、長年の大量飲酒によって引き起こされる生活習慣病でもあります。依存症になると、家族や仕事など、これまで大切にしていたものより、飲酒が優先されるようになります。
 依存症が進行してくると、手の震えなどの離脱症状(禁断症状)や、一日中アルコールが抜けない状態が何日間も続く連続飲酒といった症状が出現してきます。アルコール依存症の患者数は2003年の調査では約80万人と推計されていますが治療を受けているのは年間5万人に過ぎません。中年男性に多い病気ですが、近年は高齢者や女性の依存症も増えてきています。
 一旦依存症になると、程よく飲んでいたころの体質に戻ることありません。その結果、たとえ長期間断酒が出来たとしても、再度飲酒してしまうと、元の飲酒パターンに戻るという特徴を持っています。一方で断酒によって健康と健全な生活を取り戻すことのできる治療可能な病気でもあります。回復を目指して、まずは受診する勇気を持ちましょう。誰にでも回復のチャンスは必ずありますから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

anne hathaway

 飲酒が習慣化するとアルコールに対する依存が生じます。依存には精神依存と身体依存の2つがあり、アルコールに対する強い欲求が生じるとともに、同じ効果を得るためには多くのアルコールが必要となります。
 うつ病はアルコール依存性のリスクを高めます。平常時に適量飲むのであれば、不安感を和らげ会話がはずみ、気持ちの良い時間を過ごさせてくれます。しかし気持ちが落ち込んでいたり、不安感が強い時にはアルコールの効果に過剰に頼りやすくなり、アルコールが治療薬のようになってしまうことがあります。そして同じアルコール効果を得るために、より多くのアルコールを飲む必要が生じ、依存症リスクも高まるのです。
 そしてアルコールの常用自体がうつ病のリスクを高めます。アルコールは百薬の長と言われたりしますが、心の病気に対しては決して薬にはなりませんのでご用心下さいませ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

od

 なんとく大人げないなと思いつつ、大人であり続ける必要もないかと思いなおしつつ、ぼ~っと考察してる、だらだらとした時間。こういうのけっこう好きかも。
 もっと大人になりたいと思うときと、どうしても自分を出してしまう感覚。なんだかんだで、またまた惑いスパイラルに落ち込んでいくワタクシ。
 わけが分からないことに、まぁまぁ根本的なことに惑うこと多し。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

fiat500

 1日に何度くらいイラっとするかしら。通勤電車では狭いスペースなのにズイッっとお尻を押し込んで座る奴、傘がこちらの服を濡らしてるのにお構いなしの人、目の前に立って新聞を広げて読む人など、飲食店で大声で騒ぐガキども、イライラの原因で溢れているよね。時にはコノヤローと言いたくなることもあるかもしれない。他方でボクらがイライラする出来事にまったくストレスを受けない人種もいる。いったい何が違うのかしら。
 穏やかという言葉を心がけていても、ちょっとした行き違いで怒りがあふれ出てしままう。そして言い過ぎてしまったと後悔したり、なんでもっとやさしくできなかったのだろうと反省したり、自己嫌悪だよねぇ~。
 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

golf

 どうすれば、自分の気持ちを素直に伝えられることができるのかしら。家族など本当にわかってほしい人に自分を理解されない苛立ち。職場の人や友に嫌われたり、対立しないようにと抑え込んだ不満や要求、本当の気持ち。それらがヘドロのように自分のカラダに溜まっていき、弱っている部分に症状となって現れる。
 言葉にしない本当の気持ちや欲求に気づき、何も言わなくても理解してくれる。そんな信頼されるような人間関係を作るにはどうしたらいいのかしら。わがままや自分勝手と言われずに我慢しないコミュニケーションをつくるには。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村
 

s600

1 依存症の自己診断(依存症について理解しましょう)
2 飲酒問題の整理(自分の問題を整理して考えましょう)
3 一日の生活を振り返る(飲酒中心の生活ではなかったですか?)
4 飲酒と断酒の良い点・悪い点(それぞれメリット・デメリットがあります)
5 将来を考える(何のために断酒しますか?)
6 飲酒の引き金(再飲酒防止のために考えておきましょう)
7 社会的圧力(酒に誘われた時どうしますか?)
8 再飲酒の予測と防止(あらかじめ考えておきましょう)
9 思考ストップ法(飲みたくなった時の対処法です)
10 再飲酒時の対処法(万が一飲んでしまった後、病気を再発させないために)
11 ストレスに対処する(ストレスに強くなるには)
12 怒りのコントロール(怒りは飲酒につながります)
13 楽しい活動を増やす(断酒によって増えた時間を有効に使いましょう)
14 退院後の生活設計(断酒だけでは回復しません)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

fer

 ちょっとしたことでついイラッとして、相手を責めてしまい、後で後悔するという経験は誰しもあると思います。僕もささいなことに腹を立てたり、一喜一憂したりしないようになりたいと思ってはいるものの、まったく実現できてないんだよなぁ~。
 そして日替わりのように政治家や芸能人をバッシングする報道を目にします。いわゆる著名人だけでなく、社会全体に何か問題が起こったらその当事者をとことん追及するのが是だという空気感がありますよね。
 誰か一人をたたくことで自分は浮き上がる。たたいた当人は次第に、次は自分がそうなるかもしれないと思い警戒する。誰もが誰をも警戒する社会ってね、それってみんなの損失だと思う。
 寛容さ、寛容力、寛容な心、許すこと、思いとどまる、そういうの必要だよね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

shirokuma

 日本人はアルコールに寛容だとよく言われる。確かに飲酒運転以外のアルコールによる失敗はある程度許される傾向にあるとは思う。
 なぜそんなに飲むのだ、忘れるためさ、なにを忘れたいのだ・・・忘れたよそんなことは。粋な言葉で始まるこの物語はほとんど実話のアル依小説だ。中島らも自身がアルコール依存症で、入院した経緯から退院するまでのすべてと心の葛藤が描かれてる。今読むと時代背景はちょいとふるいけど、自分が久里浜病院に入院するにあたりどんだけ役立ったか(笑)
 これを読めば、アルコール依存度の中でどのくらいの重症度になるかだいたい見極められる。なので、もしかして自分はアルコール依存症なのではないかと疑っている人はぜひ読んでみればと思う。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

neko

 知ってると思うけど、酒をやめるだけで身体症状が目に見えて改善し、しらふの期間が続くにつれて判断力が戻ってきて、生き生きとした感情、飲まない生活への自信、回復が進むと自分が生きる上でかけがえのないものは何かを考えたり、人生の意味について洞察を深めたりします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

honda

 段々と、しかし確実にお酒を飲むこと以外のことは何もできなくなるんです。何をやっても飲酒のためにうまくいかなくなります。
 飲み過ぎさえしなければ、もっといい人生を送れたはずだと思う反面、このなんとも情けない気持ちが快感になったりすることもある。解決してくれるのは酒だけであり、人生から酒をとったら何が残るのかしらと考えてしまう。
 やめなければと思う反面、アルコールを手放すことにひどく恐怖を感じるのである。大酒によって一時の解決を図っても、切れてくるとまた同じ状態になるという悪循環。
 この悪循環を断ち切らなければ、アルコール依存症を治すことはできません。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

neko

 アルコール依存症と診断された人は、自動車の運転免許の取得や更新ができない場合があります。運転免許の取得や更新の際には、一定の病気等の症状に関する質問制度というものがあり、質問票の提出が義務付けられています。
 過去1年以内において、次のいずれかに該当したことがある。
・飲酒を繰り返し絶えず体にアルコールが入っている状態を3日以上続けたことが3回以上ある。
・病気の治療のため、医師から飲酒をやめるよう助言を受けているにもかかわらず、飲酒したことが3回以上ある。
 この質問に該当する人は職員からアルコール依存症の症状について質問を受けることになります。そしてアルコール依存症の疑いのあると判断された場合、後日、診断書を提出することになります。
 その後、診断書に書かれている内容(断酒の継続状態・体や心の状態・再飲酒の可能性)を参考に個別に判断されます。尚、運転免許証の取得や更新には、最低でも治療施設退院後6ヶ月以上、断酒を継続していることが必要です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

cand

 こう熱いと冷房の効いた静かな喫茶店で、旨味の香るブルーマウンテンをブラックで飲みたいなぁ~なんて思う。喫茶店で珈琲を飲むことがなくなった、いや喫茶店じたいがなくなったからね、純喫茶なんて言葉が死語だし、外で飲む珈琲はドトールとかセブンイレブンのの200円の珈琲。
 僕は名曲喫茶やジャズ喫茶があった時代に辛うじて引っかかってる世代なんだ、その静かに流れる音楽と香り高い珈琲が心を鎮めるいい効果になったし、古い歴史を感じる喫茶店で来るはずの人を待つ珈琲は、そのほろ苦さが自分の運命を表す味のような気がして心がざわついたな。
 ガロの学生街の喫茶店の時代にワープしたいって感じ、ドアを開け君が来る気がするよなんていう思いが、今はもうずっと遠い遥かな昔の話。髪の長いミニスカートのよく笑う少女は、今はもう孫の居るおばあさんかもしれないし、キッと唇を噛んで顔を上げていた愛しい人は、どこかで落ち着いた暮らしをしているんだろうし。
 強烈な夏の陽射しが溢れているこの季節、むかしは僕たちの季節だったこともあったのに、今はボぉ~っとしたひたすら厳しい季節としか感じられず、昔はあまり飲まなかった炭酸水が定番になってる、そんな時代がつい昨日のことのように感じられる今日この頃。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

volvo

 とうぜん入院中はアルコールが飲めません。アルコールがなくても1日1日過ごすことができることを経験していきます。そしてアルコール依存症の治療で一番の肝は自分が病気である自覚を持つことです。
 認知行動療法、ミーティング、酒害の知識、AAや断酒会につながる、家族会等々、意識改革に関するプログラムを修了した段階で退院となります。断酒するという明確な目標を持って自宅に帰ることになります。まるっきり自覚が持てない場合でも退院になります、その場合は病院を出た瞬間に飲むことになりますが、根気よく外来通院することが大切。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

vw

 暑さも一気に本格化。夏の陽射しは強烈だから日焼けにご用心ですね。大人になってみれば、みっともないと抑制が働きますが、怒りを露わにすればひんしゅくを買い、涙を落とせば慌ててぬぐい隠す。感情をむき出しにする機会は随分と減りました。というより、ほとんどありませんね。
 でもさ、思いっきり怒りをぶつけることができれば、こころゆくまで泣くことができればさ。解放され、そして、癒されるのでしょうね。なんであれ溜め込んでいることはよろしくない。
 怒っても仕方のないことだし泣く自分のほうがおかしい、だからあきらめよう。あきらめると決心してスパッと気持ちを切り替えられればいいけど、そうじゃないから悩むわけで。あきらめるってことも立派な溜め込みなんですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

2cv

 酒で死ねたら本望だ。こういう人って、今の気分として何が何でも酒が飲みたいだけなんでしょうね。まぁアルコール依存症で死ぬのかといえば微妙ですよねぇ~、アルコール依存症で死ぬというよりアルコール依存症になったから体を壊す、そして死に至るというところでしょうか。
 長期にわたる大量飲酒で、肝障害~肝臓がん、ノドのがんも意外と多いと聞くし、膵炎、胃腸障害、糖尿病、脳萎縮~記憶や言動、視力にも害を及ぼします。ここまで身体に無理をさせてまで飲酒をするのですね。精神的な症状では不安感、焦燥感、落ち込みが特徴です、怖いのが幻覚や興奮での事故、自殺。
 断酒できない人の多くは、あなたのすぐ横には死がまっているとの認識が薄いように感じています。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

sl

 趣味はないよりあったほうがいいと思います。人間は仕事だけで生きているわけじゃぁないし、ごく近い将来には仕事から解放されて老後生活を送るようになりますからね。
 日本では老後の平均的な期間は20年以上あります、24時間365日が日曜日で無趣味な人の人生は退屈きわまりないことになります。
 現役の人だって趣味は働きがいを生み出します。生活のメリハリにもなるしね。うちは居ないけど、子育てを生きがいにしている人は、いつかは子離れによるロスに襲われます。孤独が招く精神的ストレスの問題もあるのでしょう、友人などとの接点や余暇活動が乏しい人は死亡率が高くなるといいます。老後にアルコール依存症なんて話も耳にはいりますし、シャレにならないし(笑)
 やっぱり趣味を見つけたほうが良い、長生きするためにもまずは楽しいことはたくさんあったほうがいいですね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

s600

 夏が来ますね(笑) 2009年以来、ボクにとって夏といえば久里浜病院という方程式が出来上がっている。
 夏のイメージ、昔は小学生の頃の夏休みだったなぁ~。8月終盤になると反射的にせわしく、そしてせつなく思う感じがあったでしょ。31日だと本当に辛いでしょ、宿題がまだ終わっていないという焦りと、それを責める母親との修羅場の思い出しかない。8月29日はちょっと余裕があるし。まだ数日あるじゃんとか思うわけ。本当はあと3日しかないのだけど、まだ20日台であるという事実がまだまだ夏休みという錯覚を呼び起こしていたんだよね。
 でも30日は違います。かなり切羽詰まってくる。ボクの夏が本当に終わる。休みが本当に終わる。宿題が本当に終わってない。すべてがリアリティを持って自分に攻めてくる。
 夏休みの初めには7月一杯で宿題やっちゃってぇ~とか皮算用してたのになぁ、なんでちゃんとやらなかったんだろう、みたいな淡い後悔に苛まれる。甘美な自己憐憫すらある。このままやらないで学校に行ったらどうなるんだろうという破滅願望すらむくりと起き上がってくる。実はまだ1日あるじゃんと心の隅っこで悪魔がささやいたりもする。ひひひ。
 そんな気分を50年近く経つのに、まざまざと昨日のことのように思い出せる。久里浜に入院していたなんて、ほんの昨日のことのように蘇ってくるんだよね。
 歳を重ねてさっ、楽しいなぁ~と思うのは、こうして心の中に豊かな感情をたくさん持てることかな。過去の人生に紐づいた、自分だけの感覚に浸れること。そしてその感情の中に上手に入って行くと、実に豊穣な時間が待っている。楽しい。時を忘れる。
 妙に心が豊かで、その感情に身を委ねているのが楽しいんだよね。あるでしょ(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

覆面4

 飲酒で心配なことといえば、飲み過ぎによる肝機能の悪化、肥満、痛風、記憶をなくす、忘れ物をするということまで枚挙にいとまがないですね。
 でもあなたのような酒豪がひそかに心配しているのはアルコール依存症ですよね。
 そして相当お酒を飲んでいる人でないと本物にはならないのではないかと感じている場合がほとんど。でも実は意外に身近でコワい精神病なのです。もしかしたらそこの君だって自分はアルコール依存症なのかもって思うことがありますよね(笑)
 ちょいと古い数字だけど、依存症が109万人いてリスクの高い多量飲酒者が1000万人近くいる。何もしないでいると、行き着くところは離婚して一家離散となっても飲酒を続け、会社もクビとなり、収入がなくなって生活保護を受けるようになっても飲み続け、孤独死する人も実際にいますから。
 リスクの高い多量飲酒者が1000万人、この人たちは普通にそこら辺で飲んでるわけだけど、1日3合ですね、純アルコールに換算して60gは日本酒でいえば3合。専門家の間でも60gの壁と呼ばれていますから。
 そんなぁ~、3合なんかじゃ足りるわけがない。本当ですよねぇ~(笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ